【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年10月27日

「日本人労働者のメンタルヘルスの問題に対する態度」調査

「日本人労働者のメンタルヘルスの問題に対する態度」調査

調査者

ダービー大学 小寺康博、ポール・ギルバート
千葉大学 浅野憲一
東京成徳大学 石村郁夫
ダービー大学 デーヴィッド・シェフィールド

「日本人労働者のメンタルヘルスの問題に対する態度」調査へのご協力、誠にありがとうございます。この調査では、日本の労働者が、メンタルヘルスの問題に対して、どのようなことを思っているのかを調べようと思っています。そのために、「メンタルヘルスの問題に対する態度尺度(全35問)」「うつ、不安、ストレス尺度(全21問)」「自己批判/攻撃と自己安心の形に関する尺度(全22問)」、3つのアンケートに答えていただきたいと思っております(所要時間10分)。

日本の総人口は近年、横ばいであるにも関わらず、うつ病患者数は毎年増えています。

1999年 約44万人
2002年 約71万人
2005年 約92万人
2008年 約104万人



また、自殺者数も先進国の中では最も多い国の一つで、1998年から2011年にかけて自殺者の数は3万人を超えていました。そしてこの中の3〜4割は労働者だと報告されています。仕事が原因で自殺をした人の9割はうつ病を患っているにも関わらず実際にメンタルヘルスのサポートを得ていたのはその内の2割だそうです。

肉体的な症状であればより多くの人が専門家のサポートを受けたでしょう。しかし、心の症状となれば、まだ日本では、多くの人が躊躇いを感じているようです。そういったメンタルヘルスの意識を調査しようというのが今回の研究です。

調査参加のための同意書、基本情報入力はこちら


参加条件

・18歳以上である
・雇用されている、または、自営業
・日本人であり、日本にずっと住んでいる(海外に1年間以上住んだ事がない)
・メンタルヘルスの問題を患っていない

もしメンタルヘルスの問題を患っていて、現在、専門家のサポートを受けていない人は、以下のようなサービスを利用してください。

心の耳(http://kokoro.mhlw.go.jp
全国保健所長会(http://www.phcd.jp
全国精神保健福祉センター(http://www.zmhwc.jp

もし、地域のメンタルヘルスのサポートを見つける手助けが必要な場合は、調査者にご連絡ください。


調査でしていただきたい事

この調査では「メンタルヘルスの問題に対する態度尺度」「うつ、不安、ストレス尺度」「自己批判/攻撃と自己安心の形に関する尺度」、3つのアンケートに答えていただきます。これら3つのアンケートを全て回答するのに、およそ10分かかります。


もし途中でやめたくなったら

この調査への参加は任意であり、参加しなければならないという義務はありません。また、アンケートの途中で、ブラウザを閉じて、参加を取りやめることもできます。また、調査者に連絡をして、参加を取りやめることも可能です。回答後にキャンセルとしたい場合は、回答後2週間の内に調査者にメールにてその旨をお伝えください。その際には、記入者名をメールに記載してください。


回答した情報はどう使われるか

この調査の間、いただいた回答は、安全なオンラインデータ管理サービス、Qualtricsに保存されます。全ての回答を収集したら、そのデータはQualtricsからダウンロードされ、Qualtricsから削除されます。この調査の結果は学会や学会誌で発表、出版されます。全ての情報は匿名化され、個人が特定されることはありません。

参加していただける方は、こちらから同意書と基本情報入力にお進みください

この調査に関して質問があれば、調査者(小寺)までご連絡ください。

小寺康博
電話:+44(0)1332 592670
Eメール:y.kotera@derby.ac.uk
University of Derby, Online Learning
Enterprise Centre, 37 Bridge St, Derby DE1 3LA, UK


メンタルヘルスのサポート情報
心の耳(http://kokoro.mhlw.go.jp
全国保健所長会(http://www.phcd.jp
全国精神保健福祉センター(http://www.zmhwc.jp
posted by ヤス at 16:48| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。