【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年11月13日

なぜ幸せになるのが難しいのか?ネガティブ感情の対処

ネガティブな感情は時に私たちの生活に大きな影響を与えますが、なぜネガティブな感情はあれほどにもパワーを持つのでしょうか?

発展的心理学

人類の発展を見ると、子孫を残すことを目的に、種は発展していきます。つまり、子供を産むことで、その人の特徴は受け継がれ、この世に存在し続けます。そして、それができないとその特徴はそこで途絶えてしまいます。

つまり、人類の歴史の中で、生殖できるかどうかが、発展の大きなテーマとなりました。これができなかったり、興味がない種は受け継がれず、そこで途絶えることとなります。

脳にとって私たちが幸せであるかどうかは、主眼ではないということです。種の保存が主眼であるので、常に危機を恐れたり、心配であろうとします。したがって、古代、恐怖を恐れずに未開の地に足を踏み入れる人と、自分の村にずっと止まる人がいたとして、どちらの人がより生殖できるでしょうか?前者はライオンに食べられるかもしれません。

私たちの脳は200万年前に作られたハードウェアだと言われています。したがって、当時はライオンやトラが近くにいて、食料もろくにないという環境でした。そうしたことを恐れるようにできています。しかし、現代生活ではそのような恐怖はありません。上司に怒られたり、ある人から嫌われたりすることかもしれませんが、それがライオンやトラと同じように恐れられています。

また、ネガティブな感情はダメだとは言い切れません。ネガティブな感情に関してはいくつか理解すべきことがあります。

1.ネガティブ感情は避けられない。人はネガティブ感情を押さえつけたり、無視したりして、避けようとしますが、それは時に逆効果となります。

タル・ベン・シャハーはハーバード大学で最も人気のあるクラスで幸せについて教えています。そこで、ネガティブ感情を味わわない人には二通りあるとして、一つがサイコパス、もう一つが死んだ人だと言っています。シャハーはネガティブ感情を受け入れることで、幸せを増加させるという一見、逆説的な手法を提案しています。


感情の完璧主義とは、いつもポジティブな感情を抱いていなければならないという観念です。これはネガティブ感情が現れた時に、深刻な結果を招きます。思いやりの気持ちを養い、ネガティブ感情は避けられないという現実的な理解をすることで、状況を改善することができます。

感情は何らかのメッセージを送っています。すぐに受け入れるほど、そのメッセージを理解でき、より良い自分になることができます。

2.ネガティブ感情はデータであり、行動指針ではない。ネガティブ感情は、人生で起きていることに対して、何を優先し、決定するかを教えてくれる情報です。そのメッセージを聴くと同時に、ネガティブ感情は常に正確ではないことも知っておきましょう。ネガティブ感情が命じるままの行動を取る必要はなく、聴くべき情報であり、あなたの取るべき行動の参照になるものです。

実際、高いパフォーマンスを出す人は、感情を無視せずに、むしろ受け入れて、メッセージを聴いて、プラスに生かすようにしています。

ネガティブな感情を利用するのに、たくさんのツールや手法が今では紹介されています。最近注目されているのが瞑想やマインドフルネスです。瞑想は近年の研究でその有効性が多々、紹介されていて、不安、ストレス、ネガティブ感情を対処するのに、最も有効な術だとみなされています。

瞑想と近いコンセプトが、自己への思いやりです。自己への思いやりは、感情的な完璧主義を和らげ、ネガティブ感情を感じる自分を許容できるようにしてくれます。

ネガティブ感情とどう付き合うか。非常に大事な問いかけです。

参照
https://www.inc.com/quora/the-real-reason-why-its-so-hard-to-be-happy-according-to-science.html
posted by ヤス at 03:17| Comment(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。