【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年12月10日

医者が有能で親切だと、プラセボ効果が上がる

治療が有効だと思うだけで、効果が現れるプラセボ効果。これについては、数多くの研究がなされています。今回、スタンフォード大学のローレン・ホウィ氏は、いかにプラセボ効果を高め、その逆のノセボ効果(ネガティブな期待がネガティブ効果を招く)を軽減するかを研究しました。そこで、医者が親切で有能だという印象が大きく影響することがわかりました。

医者は近年、患者とラポールを形成することを求められています。今回の実験は、なぜそうした心理的、社会的な面が治療に大事なのかを裏付けてくれます。

今回の実験では164名の健康な患者が、食事の好みに関する実験に参加していると告げられます。そのためにまずはアレルギーテストをすると言われます。女性の医師が、アレルギー予防のヒスタミン(皮膚の腫れや炎症を防ぐ)を注射で投与します。そして、そこに効果のないプラセボクリームを塗ります。一部の参加者には、それで腫れが治ると言い、他の参加者には腫れが増加すると言います。

さらに参加者は、医者の態度で、4つのグループに分けられます。暖かく有能、冷たく有能、暖かく無能、冷たく無能。

例えば、暖かく振る舞うケースでは、患者の名前を訪ね、その名前で呼び続けたりしますが、冷たく振る舞うグループではそういったことはしません。有能に振る舞うケースでは、患者とアイコンタクトを取り、自信のある態度で話します。無能なケースではこの逆をします。また、有能なケースでは、綺麗な診療室なのに対し、無能なケースでは汚い診療室で診断します。

ヒスタミン注射の後、リサーチアシスタント(どの参加者がどのグループかを知らない)が参加者の皮膚反応を記録します。

結果は、有能で親切な医者に会い、クリームによって、皮膚反応が軽減すると言われた参加者の皮膚反応は、最も小さく出ました。また、クリームによって、皮膚反応が増大すると言われた参加者ですが、それに伴う結果は見られなかったそうです。

今回の実験では、健康な参加者を使った、短時間での皮膚反応を見た、また男性の医師ならばどうだったかはわからない、等の点は限定されていますが、プラセボ効果に関して重要な発見だと思います。


参照
https://digest.bps.org.uk/2017/10/27/the-placebo-effect-is-amplified-when-doctors-appear-likeable-and-competent/
posted by ヤス at 19:59| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。