【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年01月24日

ワークライフバランスが強調される背景

ワークライフバランスが強調される背景には、労働者の多様化があります。例えば、アメリカにおいて、女性の労働者数が1970年代に倍増したことが挙がります。そして、結婚して子供が生まれても、働き続けるといった、まさに二刀流の労働者も増えていきました。これに伴い、独身でいる女性も、特にここ20年間、増えました。

当時は母親をしながら働く人に対して、というのが主眼でしたが、近年ではあらゆる種類の労働者に対して配慮されるようになりました。


アメリカの労働者の9割が何らかの家庭における責任があり、5割が家族の誰かをケアする責任を持ちます。これに伴い組織は、良い労働者であり、良い家庭人であれるような労働環境を目指してきました。しかし、組織心理学の研究が明らかにしたのは、単に労働者に親切にするというだけではなく、そういった労働環境の方が高い生産性を生むということでした。多くの労働者がそういった環境で働きたがり、既存の従業員はそうした環境により長くいたいと思い、組織への忠誠心も高まります

代表的なベネフィットとしては、ケア(チャイルドケア、年老いた家族の介護)、柔軟な労働時間(時短、在宅勤務、ジョブシェア)、休暇(産休、家族ケア休暇)などがあります。

多くの企業が、近年、労働者の家族生活が健康であるかを気にしており、その一例として、「ワーキング・マザー」というビジネス誌が1986年に出版され、ここでは、ワークライフバランスに配慮しているトップ100企業を紹介したりしています。

1993年にはビジネスウィーク誌が、家庭・医療休暇を通す法律が認められたときにそれをトップストーリーで紹介し、同誌はその後、2年に一度、「仕事と家族に良い企業」というランキングも公開しています。
そして、フォーブスも1998年1月からそうしたランキングを紹介しています。


参照
http://www.referenceforbusiness.com/management/Tr-Z/Work-Life-Balance.html
posted by ヤス at 18:10| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。