【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年01月25日

ワークライフバランス、企業へのメリット

企業が社員のワークライフバランスを考えるのには大きく3つの理由があります:採用に有利で、既存社員もより居たくなる。企業へのコミットメントが高まる。生産性が高まる。

社員がより居たくなるのは、今後ベビーブーマーが退職するので、非常に大事でしょう。また、新たな人を採用してトレーニングするコストと比べると、ワークライフバランスをサポートする費用は少ないものでしょう。
ポール・オスターマンの1995年の研究では、企業にワークライフバランスをサポートする3つの理由を挙げています。病欠を減らす、採用と社員キープに有利、企業へのコミットメントを高める。

グロバーとクルッカーの調査では、組織コミットメントと高いベネフィット(ワークライフバランスを含む)に相関関係が見られました。興味深いのは、この関係性は、そのベネフィットを利用するにせよ、しないにせよ、そのような関係が見られたということです。


イオンコンサルティングの1998年の調査では、家族を支援する仕組みが、組織コミットメントに関係して居ました。ケイサーとブファーディの2004年の研究では、フレキシブルワーキングが、求職者に対して、より魅力的な要素として挙がりました。

またファミリーズ&ワーク機構の1997年の調査では(3000人参加)、仕事の質と、職場が社員を支援する度合いは、生産性、仕事への満足度、コミットメント、そして、組織に居続けたいという気持ちを、予測できる関係性にあると報告しています。これに対して、社員サポートが少ない組織では、社員パフォーマンスが軽減すると述べています。

参照
http://www.referenceforbusiness.com/management/Tr-Z/Work-Life-Balance.html
posted by ヤス at 08:44| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。