【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年04月03日

年間15兆円の損失。イギリス労働者のメンタルヘルス問題

2017年にイギリスでは、労働者のメンタルヘルスの状況を見ようと大規模な調査が行われました。それがスティーブンとファーマーが書いた『Thriving at Work(職場で活躍するために)』というレポートにまとめられました。

イギリスの労働者間ではメンタルヘルスに関する悪い印象(stigma)はまだ強く、それがメンタルヘルスに関するオープンな会話を妨げています。


メンタルヘルス問題を抱える人は多くなっている一方で、長期的なメンタルヘルス問題によって仕事を失う人の数は毎年30万人にのぼります。これは体の問題を抱える人よりも多い割合。彼らの分析では、15%の労働者は何らかのメンタルヘルス問題に悩まされている

メンタルヘルス問題の、経営者にかかるコストは330〜420億ポンド(5〜6.3兆円)だとみられており、これらの半分は疾病就業、つまり、メンタルヘルス問題を抱えながら仕事をして、低い生産性を発揮することから来ています。

政府にかかるコストは240〜270億ポンド(3.6〜4兆円)で、これは福利厚生や税金の軽減、また、国民健康サービスの費用などです。

その他諸々を合わせて国の経済全体で見ると、年間740〜990億ポンド(11〜15兆円)が失われていると見積もられます。

現在、イギリス全体で労働者の生産性を高めようという動きが出ていますが、そのためにも経営者や政府は労働者のメンタルヘルス改善を優先させる必要があります。


また数々の研究で、労働者のメンタルヘルス改善に取り組むことが、生産性に良い影響を及ぼすと報告されています。例えば、デロイテのケーススタディでは、メンタルヘルス改善に投資した場合、それは生産性改善をもたらし大きなリターンとして返ってきました。こうした研究事例は多々あります。オーストラリアの消防局では、マネージャーに対してメンタルヘルスの研修をした所、メンタルヘルス問題のために欠勤する数が減り、研修費用の10倍の生産性向上に繋がりました。

非常に興味深い資料です。また他の部分も紹介したいと思います。
参照
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/658145/thriving-at-work-stevenson-farmer-review.pdf
posted by ヤス at 17:36| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。