【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年05月07日

ワークライフバランスが悪いことの悪影響

ワークライフバランスが大事だと言われていますが、どのような研究があるのか。面白いものがあったので紹介します。

ワークライフバランスに理解的なマネージャーとそうでないマネージャーの下で働くと、どのような違いが出るのか。ハーバード大学のバークマンらの約400人の医療に携わる労働者を対象にした研究によると、理解的でないマネージャーの下で働くと、理解的なマネージャーの下で働く場合と比べて、睡眠時間は1日あたり29分短く、心臓疾患のリスクとなる要素が2倍以上高くなるそうです。

仕事は仕事だから、家庭のことは持ち込むなといった姿勢のマネージャーの下で働く従業員は睡眠と心臓に悪影響を受ける。また、その労働者が、患者と直接接するポジションであれば、心臓疾患のリスク要素は6倍にも高まるそうです。

また他の研究では職場のプレッシャーと心臓病の関係性を明らかにしました。デンマークで15年間、12000人の看護師を対象にした研究では、非フレキシブルなマネージャーとスケジュールの下で働くと、心臓病の確率が増える。そして、50歳以下の労働者にその傾向は特に高く見られた。


では対応策はあるのか?ミシガン州立大学のコセックらによると、マネージャーにどのようにスタッフの休んだ穴を埋めるのか、また、感情的にどうサポートしたらいいのか、といった30分ほどのコンピューター上での講義と75分の対面での講義をした結果、彼らの部下が持つマネージャーに対する印象が変わり(マネージャーはワークライフバランスに対して理解的だと思うようになり)、結果、部下たちの仕事上での態度と健康度が高まったそうです。

ワークライフバランス。特に近年、注目を浴びている概念なので、より調べて行きたいと思います。

参照
https://www.theglobeandmail.com/report-on-business/careers/management/the-real-cost-of-upsetting-the-work-life-balance/article4083733/
posted by ヤス at 18:03| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。