【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年07月19日

公衆衛生分野での質的研究を評価するための新たなツール(WHOが開発に関わる)

WHO(World Health Organization;世界保健機関)と複数の大学・研究機関の共同によって、公衆衛生の決断において質的研究の結果を整理するためのツールが開発されました。Implementation Science という学術誌が、質的研究の発見をどれだけ信頼したらよいかを考えるためのツールとして発表しました。CERQual (Confidence in the Evidence from Reviews of Qualitative research;質的研究レビューによる発見事項の信憑生)という名前のツールで、医療や社会福祉の分野での決断や方針に関する質的な発見を評価します。CERQualはGRADEの改良版で、研究発見の質、また、そこから導き出された推薦事項を体系的に評価します。


なぜこの新たなツール(GRADE-CERQual)が大事なのか?

これまで公衆衛生の分野で、研究者たちの決断や推薦は量的研究からのもの(例:ランダム化比較試験)が大半でした。こうした発見事項は、例えば、ある治療法が他の治療法と比べて、どこが優れていて、どこが劣っているかを知るのに有効でした。しかし、公衆衛生の分野、特に医療においては、サービスがどのように提供されているか、治療が施される状況など、質的研究の方がよりよく調べられる事柄も多々あります

新たな方針や決断に携わる人たちは、研究者からの推薦状を受けた時、様々な問題に直面します。推薦されている計画がどれだけ実現可能か、実際に現場で働く医者、看護師などに適応できるか、患者から見てどうか?など。

優れた質的研究はこれらの質問のいくつかに答えることはできますが、汎用性に欠けます(例:ある一つの病院における、一つのケアモデルについて、母親と助産婦の体験など)。またそうした発見が非体系的であり、発見のプロセスが完全に透明化されてない場合もあります。

これらの懸念材料をより深く解消するためには質的研究の統計的なレビュー、つまり、質的証拠の統合(qualitative evidence syntheses)が必要です。このような統合調査をすると、新たな方針や介入方法が現場の人や患者から見て、受け入れられるかどうかを考えることができます。

そこで質的な統合調査からの発見事項をどれだけ信用してよいかを探るツールとして、GRADE-CERQualが開発されました。WHOでは、このツールが世界的に決断のプロセスをサポートするツールとして使われることを望んでいます。

WHOのノリス博士(Dr Susan L Norris, Secretary of the WHO Guidelines Review Committee):「公衆衛生での意思決定において質的研究の重要性は、近年特に認められています。新たな方針がどれだけ受け入れられそうか、また、実現可能そうかを考えるのは非常に大事なことです。」

WHOは2010年から、新たな方針の質や有益性を改善するためにこのツールの開発に着手しました。現在では、GRADE-CERQualはイギリス(National Institute for Health and Care Excellence)、スウェーデン(Health Technology Assessment)、そして、ヨーロッパ全体(European Commission Initiative on Breast Cancer)の健康方針ガイドラインの中で使われています


参照
http://www.emro.who.int/media/news/a-new-tool-developed-by-who-and-academic-partners-supports-systematic-use-of-research-evidence-from-qualitative-studies-for-public-health-decision-making-and-guideline-development.html
posted by ヤス at 21:35| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。