【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年07月22日

母と子を離すと大人になってからの神経生物学的な弱さに繋がる

母親と子供を離すと、子供のその後の人生で重いトラウマとなることが研究でわかっています。しかし、こうしたトラウマ的な愛着は感情だけの問題ではないようです。


愛着関係はまずは母親のお腹の中で赤ちゃんと形成されます。胎児は母親の匂いや音に対してすぐに好意を持つようになります。このような速習は、母親の顔や声を認識する育成段階にも続きます。

この段階で母親と乳児を引き離すことは、乳児の感情形成に大きなトラウマとなります。不安に駆られて助けを求めたりしますが、それが得られずに行動をやめたりします。

このような行動はスキンシップや栄養補給など、母親との間で取られる暖かみの損失によって、起きると考えられています。研究者たちは、ネズミを使った実験で、人工的な刺激(ブラシでさする等)や人工ミルクを与えることで、小ネズミの心臓や睡眠を調整することはできましたが、母親と乳児の関係性から育つ高レベルな行動、つまり、相互性、模倣、感情の調整、そして、遊び、等といったことは習得させることができませんでした

その後の実験では、もう少し大きくなったネズミを使って同じ実験をしました。離乳する前に母親から離された小ネズミの8割がストレスのため胃に腫瘍ができたそうです。通常、この段階で小ネズミの胃に腫瘍が出ることはありません。


人間の関係性はネズミよりも複雑かもしれませんが、母親の存在が幼い段階で欠けると、生涯にわたって影響し得る身体的、または、行動的な結果が出ると言えます。

参照
https://www.psychologicalscience.org/publications/observer/obsonline/how-mother-child-separation-causes-neurobiological-vulnerability-into-adulthood.html
posted by ヤス at 05:38| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。