【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年09月01日

ステレオタイプが感情察知に影響する

オランダのラドボウド大学の研究によると、特定の状況下では、人は顔の表情よりもボディランゲージからの方が他人の感情を察しやすいと報告されました。


中心研究者のバイルストラ(Bijlstra)らは、人が他人のボディーランゲージを読む過程は、「社会的カテゴリー(その人が社会でどういった位置にいるか)」によって影響されると考えました。ここでは性別が大事な社会的カテゴリーだとされました(このように状況から感情を推測することをトップダウン、中立的な状況から推測することをボトムアップと言います)。これは、性別によって、周りの人がその人に期待する行動や振る舞いは大きく変わるからです。例えば、あなたが男性で男性的な感情、例えば、怒りを表現していたら、周りの人はすぐにそれを察することができますが、もし女性が男性的な感情である怒りを表現していたら、それほどすぐには察せないでしょう。同じように、女性が女性的な感情である、例えば、悲しみを表現していたら、男性が悲しみを表現している場合と比べて、より早く周りの人は、その悲しみを察するでしょう。

これをテストするために、バイルストラらは男性と女性が同じ感情を表現しているシルエットを用意しました。参加した学生は、シルエットがどんな感情を感じているのか、できるだけ速く回答するように指示されました。そして、性別と一致した感情のシルエットと、不一致のシルエットで、学生の回答時間を比べました。予想した通り、男性の怒りを認識する時間は、女性の怒りよりも短く、女性の悲しみを認識する時間は、男性の悲しみよりも短かったのです。


この結果が示唆するには、あなたが感情を察するのは、あなたの期待(社会的カテゴリー)によって影響されるということです。この実験では性別だけが調べられましたが、他の社会的カテゴリー(年齢、人種、経済的豊かさ)にも同じ効果があると考えられるでしょう。また、ステレオタイプとは反対の感情を本当に感じていて、それを表している時、それが認識されずらいとも言えます。もし男性が悲しみを表現していたら、それを認識されるには、女性の場合と比べてより時間がかかることになります。

私たちが持つステレオタイプや偏見が、私たちの他人に対する感情察知に影響している。面白い実験だと思います。

参照
https://www.psychologytoday.com/intl/blog/fulfillment-any-age/201806/surprising-facts-about-body-language-and-your-emotions
posted by ヤス at 07:53| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。