【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年09月10日

ソシオパスとサイコパスの違い

ソシオパスとサイコパスはよく同じような意味で使われますが、この2つには違いがあります。サイコパスは法律との間に問題を起こしますが、ソシオパスは社会の中により上手に溶け込みます。ソシオパスとは精神病の分類では、反社会性パーソナリティ障害に最も近いと考えられています。


ソシオパスとは?

一般的にソシオパスとは反社会性パーソナリティ障害のことだと考えられています。反社会性パーソナリティ障害は、DSM(精神障害/疾患の診断・統計マニュアル)という臨床心理のバイブル的な診断マニュアルの中で、クラスターB、つまり人格(パーソナリティ)障害だと分類されています。

ソシオパスの診断は18歳以上とされていますが、以下のソシオパスと考えられる症状は15歳以上の段階で見られます。
・法律を幾度と破る
・異常な程度の虚言癖
・身体的な攻撃性
・自他共の安全を軽視する
・仕事や家庭において無責任な行動を取り続ける
・自責の念が無い



ソシオパスとサイコパスの対比

サイコパスはソシオパスの発展形と考えら、より多くの症状を持ちます。従って、全てのサイコパスはソシオパスだと考えられますが、ソシオパスは必ずしもサイコパスだとは言えません。

サイコパス研究会によると、サイコパスの特徴はいかが挙がります。
・自責の念や罪悪感が無い
・共感力が無い
・深い感情的愛着が無い
・ナルシシズム
・表面的な魅力(チャーム)
・非正直さ
・人を巧みに騙す
・リスクを軽視する


更に、およそ93%のサイコパスは犯罪更生施設に入っているとされています。


ソシオパスとサイコパスの違い

これらの二つは共通点を多く持ちながらも、ソシオパスは共感や罪悪感の欠如度合いが、サイコパスと比べて少ないと言えます。従って、ソシオパスはまだ強い人間関係を結べる可能性があるが、サイコパスにはそれは不可能だとされています。また、ソシオパスは見知らぬ他人に害を被ることに何の罪悪感も感じないけれど、人間関係を結んだ人に対しては罪悪感や自責の念を感じると言われています。また、ソシオパスの反社会的な行動はときを経るについれて収まるが、サイコパスにはそうした動きは見られないそうです。サイコパスは反社会的な行動がもたらす結果に対して何の心配もしない一方で、ソシオパスはそれを恐れ、反社会的な行動を減らす傾向があるそうです。


サイコパスは冷淡ながら、社会的なチャーム(魅力)やそのカリスマを使って、他人を騙します。また社会の中で「普通」に振る舞ったり感情を装ったりします。驚異的な状況においても、サイコパスは感情を見せずに、犯罪的な思考を明確に持つことができます。彼らは自分がしていることが悪いことだと分かっていますが、気にしません。

それとは反対にソシオパスは、そうした状況では緊張や怒りを隠すことができません。また自分の行動の結果を考えずに、無計画な行動を取ります。サイコパスと比べると、感情的な愛着などのために、冷淡な犯罪を上手にはできません。

サイコパスもソシオパスもどちらも犯罪をすることが可能ですが、ソシオパスは愛着や人間関係を形成した人に対しては、犯罪をしにくい傾向があります。

参照
https://www.healthyplace.com/personality-disorders/psychopath/psychopath-vs-sociopath-what-s-the-difference
posted by ヤス at 02:44| Comment(1) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの飯 坂と申します。

貴ブログを拝見し、外国語を話すときは母国語より正直に振る舞うということに驚きました。
科学的な研究の素晴らしさ、面白さを感じました。

弊社では、学校の先生方向けに授業準備のための無料情報サイト
「フォレスタネット」を運営しております。
この度、貴ブログに投稿されている記事の数々を拝見し、
是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致しました。

「フォレスタネット」は全国の先生方が実践等を共有し合うことで
先生方の授業準備をご支援するサイトです。
総数10万点以上の教材や実践例等の情報を掲載させて頂いております。
他にも、授業内で使える小噺、小ネタ、学級経営に関するもの、
先生方自身のスキルアップに繋がる情報も掲載致しております。

しかし、全国の先生をご支援する為に
より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます記事について、
是非フォレスタネットへ掲載させて頂けませんでしょうか。
掲載作業の一切は全て我々の方で進めさせて頂き、管理人様のお手間はとらせません。
また、記事を掲載する際の名義は管理人様の名義のまま掲載させて頂きます。

貴ブログの記事は、心理学に関する書籍が多く掲載されており、
学校の先生方の貴重な資料となると存じます。

ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。
この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ご連絡いただける際は下記のメールアドレスまでお願い致します。
m.iisaka@sprix.jp
Posted by iisaka at 2018年09月11日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。