【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年09月18日

数学に対する不安が数学パフォーマンスを下げる

シカゴ大学が行なった、小学校1、2年生に対する研究で、成績が優秀な1、2年生は数学不安を抱えていると報告されました。この不安があることによって、不安を持たない児童よりも数学の力を発揮できないことがあるそうです。

数学ができる児童は大抵、作業記憶に優れていて、不安によってこの機能が低下するそうです。作業記憶とは「脳の黒板」のようなもので、意識上にある情報を処理するのに使われます。この種の記憶は、数字を頭の中で留めておいて処理するのに非常に重要であり、IQにも大きく関連しています。


数学への不安が強い児童は、それによって、数学の力が大きく妨げられていることがわかりました。数学の成績だけでみると、不安のない児童の半年分くらいの遅れになるそうです。

今回の実験では比較的大きな都会にある小学校で、1年生88人と2年生66人が集められました。参加児童は、成績、作業記憶、数学への不安に関する尺度に答えました。数学への不安に関しては、例えば教室の前で、数学の問題を解くことに対してどれだけ怖いと感じるか、などが問われました。

成績優秀な児童の間で、半数が中程度から高程度の数学不安を抱えていました。数学不安は、成績が優秀ではない児童の間でも見られましたが、成績には影響していなかったようです。これらの生徒は、指で数を数えたりなど、よりシンプルな対処法を実践していたので、影響がなかったのではないかと考えられています。

幼い段階でできた数額への不安は、そこで解消されないと、雪だるま式に大きくなり、数学の能力に大きく影響します。ここまでの研究で、不安を和らげたり、リフレーミングをすることで、数学の成績に大きな向上が見られたそうです。

不安をリフレーミングする一つの方法は、テストをする前に数学に関する心配事を書いてもらう事でした。「表現的ライティング」という手法で、不安を吐き出し、少なくする効果があるそうです。これによって作業記憶が数学により集中できます。


また文字を書くことにまだ慣れていない段階の児童や幼稚園児には、絵を書いてもらうのも良いでしょう。また先生の立場からも、テストを脅威的なものではなくて、何かチャレンジするものだとリフレーミングをすると良いと研究者は述べています。

参照
https://psychcentral.com/news/2012/09/13/math-anxiety-hits-high-achieving-kids-hardest/44547.html
posted by ヤス at 05:09| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。