【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年11月26日

貯め込み症(Hoarding ホーディング)の心理学

過度に物を貯め込むことを Hoarding と言います。ウィキペディアでは「ホーディング」として紹介されていますが、ここでは「貯め込み症」と呼ぶことにしましょう。貯め込み症は、人間関係や、心と体の健康に悪影響だと知られています。

貯め込み症はかつてはOCD(強迫性障害)の一部と分類されていましたが、現在それが見直されています。OCDの4人に1人が貯め込み症だと言われ、近い将来、溜め込み症が独立した症状になると見られます。


貯め込み症は必ず強い不安を伴い、時に認知症や統合失調症などの心の病気を伴います。近年の脳内イメージ実験では、貯め込み症患者の脳には、物質への強い愛着や、決断に対して強い不安を感じるなどといった特徴が見られたと報告されています。

貯め込みの行為は、不安を減らすと同時に、増やします。物が周りにあることで、外部の危険から守られていると感じる。それと同時に、家族や友人から乖離してしまいます。溜め込み症の人にとって、物を捨てることは、過度のパニックと不快感をもたらします。


ある人が、溜め込み症かどうかを見分けるには、貯め込む行動が他の日常的な生活行動に支障をきたさないかどうかです。その判断には以下のようなチェックリストがあります。

物が散らかったリビング
物が捨てられない
新聞、雑誌などを積み重ねて保存している
物の整理は、捨てるのではなく、場所を変えるだけ
不必要なものでももらっておく
日々の活動の決断ができない
物の整理ができない
完璧主義
所有物に過度の執着があり、他人に使わせるのが不快
他の人との交流が少ない、もしくは、無い



何が貯め込み症の原因となるかはまだ研究中ですが、貯め込み症の人にはいくつかの共通点があります。

年齢:強度の貯め込みは50才前後によく見られ、発症は11〜15才。この時期に壊れたおもちゃやもう使えないノートなどを貯め込んでいた。
性格:決断が難しく、よく不安を抱えている。
遺伝:十分な証拠は無いが、少しそのような傾向もあるかもしれない。
トラウマ:ストレスがかかったり、トラウマとなるような出来事があり、それを貯め込むという行為で対処している。
社会的な孤立:他人との交流が少なく、貯め込むことで不快感をしのぐ。

海外ではこの症状に関する多くのドキュメンタリーやテレビ番組があります。それだけ注目されている症状だと言えます。今後ますます研究が進んでいくと思われます。


参照
https://www.psychologytoday.com/gb/blog/hope-relationships/201409/the-psychology-behind-hoarding
posted by ヤス at 02:04| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。