【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年12月16日

学校を早い段階で始めるのは良いことか?

幼い子供にとって1年間の変化は非常に大きいものです。よちよち歩きの1歳児も2歳になれば走り回っています。4歳になると常に動き回り、想像力豊かで、常に「なんで?」と聞き、それが5歳になる頃には、比較的長時間集中できるようになります。

こうした子供の成長は長年変化をしませんが、親の期待は変化をしているようです。最近の子供はより早い段階で学校をはじめ、より長い時間を学校で過ごします。学問的な事柄をより早い段階で学ばされていて、彼らの脳の成長のペースと一致しない事柄も多々あります。


1998年、31%の小学校の先生が、本読みは幼稚園で学習したはずだと思っていたのに対して、2010年では80%がそう思っていました。近代の子供は幼稚園を卒園したらすぐに読めるものだと思われています。しかし、発育の早い段階で、文字を読ませるのはプラスよりもマイナスな影響が多いと研究が報告しています。

発育レベルに合わないタスクをさせると、自信の喪失、不安、混乱などといったマイナスな影響を及ぼします(参照)。

現状では、早い段階で学校を始めることが問題ではなく、子供に問題があると解釈されることが多いです。読む速度が遅ければ、それが問題となり、読む速度を上げるような介入が施されます。先生の話を聞くのが難しく、他のことを考えていたりすると、ADHDだと判断され、時には薬を処方されます

アメリカ疾病管理予防センターによると4〜17歳の子供の11%がADHDと診断され、2003-2004から2011-2012の間に、この診断は42%も増加しています。ADHDの主な治療法は薬物療法です。さらに悪いことに、4〜17歳のADHD診断のうち、3分の1は6歳以下です。


また、ハーバード・メディカルスクールの新たな研究によると、早い段階で学校を始めた児童(例:早生まれなど)はより多くADHDの診断を受けています。9月に新年度が始まるアメリカで、8月生まれの児童は、他の児童と比べて3割もADHDの診断が多いそうです。

5歳になったばかりの子供と、6歳になろうかという子供では成長過程に大きな差があります。

しかし一般的に多くの親が早く学校を始めさせようとしているのも事実です。イギリスでは現在、4歳で小学校が始まり、アメリカのアイオワでも最近そのような法案が可決されました。またニューヨークでもそのような動きがあります。


子供の成長にあった発達チャレンジが必要です。日本もそうですが、子供が最も幸せだとされるオランダでも初等教育は6歳から始まります。幼いうちはどんどん遊び、彼らの興味(内発的モチベーション)に気づかせる期間にすべきだと思います。こうした期間・機会を十分に提供せずに、特定のカリキュラムを押し付け、十数年後に「何がしたいんだ?」と聞くのは無理があると思います。

参照
https://fee.org/articles/harvard-study-shows-the-dangers-of-early-school-enrollment/?fbclid=IwAR3QolNcayAa7Rp2J5wyt3RC7sKGrH2qx_hhldVEjKqhy4gmJhwfCV506aQ
posted by ヤス at 20:51| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。