【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年01月07日

カフェイン摂取、一日推奨量は一般成人で400ミリグラム以下

カフェインはよく認知機能や気分をよくするために消費されます。朝、コーヒーを一杯飲まないとその日、頭がはっきりしないという人も多くいます。カフェインにはそのようなプラスの効果がありますが、あまり取りすぎるとマイナスの効果がもたらされます。

プラスの効果
単純にコーヒーの匂いや味が好きで、カフェインの効果はおまけだだという人もいるでしょうし、カフェインの脳にもたらす効果がメインで欲しくてコーヒーを飲む人もいると思います。カフェインは刺激物であり、少量であれば脳の機能を高めると研究で報告されています。また他の研究では、長期的にも思考力にプラスをもたらすと言われています。

過剰摂取によるマイナス効果
通常、一般成人であれば一日250ミリグラム以下の摂取であれば、マイナス効果はないと言われています。一日の推奨量の上限は400ミリグラムです。カフェインは血圧と心拍数を上昇させます。過剰摂取によると、ハイに近い状態がもたらされます。またその他、イライラした気分や、不眠、時には不安や下痢をももたらします。その他、頭痛、神経質、頻尿、自生の欠如、胃の不快感、心拍数の過上昇、筋肉の痙攣などをもたらすこともあります。

カフェインには利尿効果があると言われていましたが、科学的な実験では、カフェインが体の水の欲しさを増加させる結果は見られていないそうです。



正常な量とは?
最も大事なのはあなたの体がどう反応するかです。上記のマイナスな症状が出るようであれば、量を減らすべきでしょう。研究が報告するには、一日400ミリグラムが推奨の上限です。これは普通の大きさのカップにコーヒー4杯分となります。また、妊婦であれば200ミリグラム以下が良いとされます。

子供には飲ませないほうが良いでしょう。カフェインは中枢神経系に影響し、子供の脳に影響します。ADHDや睡眠障害などの確率が増えます。具体的なガイドラインは数少ないですが、例えば、アメリカの食品医薬品局(Food and Drug Administration, FDA)は4〜6才児は一日45ミリグラム(340ミリグラムのコーラ1缶ほど)が上限だと記しています。


参照
https://www.verywellfit.com/what-are-the-side-effects-of-too-much-caffeine-2506047?utm_campaign=todaysl&utm_medium=email&utm_source=cn_nl&utm_content=15599918&utm_term=
posted by ヤス at 02:07| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。