【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年01月11日

孤独感には遺伝子が大きく影響しているのかも

孤独感と持って生まれた性格に関係があるかもしれないと新たな研究で報告されました。

各個人に特有の環境的要素が孤独感に大きな影響があるのは事実ですが、遺伝的なものも大きく孤独感に影響していたようです。


今回の研究者である、カナダ、西オンタリオ大学のジュリー・シャーマー教授は、社会がより孤独になっていることに注目しました。例えば、イギリスでは2018年に孤独問題担当国務大臣という役職が作られました。

シャーマー教授曰く「メディアの注目は高齢者に当てられていますが、SNSなどを使ってのふれあいというのは、直接会ってするふれあいには劣るものです。大学でも、多くの学生が授業前、よく自分のケータイを見て、周りと話をしません。彼らがふれあう機会を失っているので、心配になります。彼らは一人ではないですが、非常に孤独です。」

今回の実験ではオーストラリアにいる大人の双子、764組(一卵性と二卵性含む)が集められ、性格を調べる「ビッグ・ファイブ」と孤独感を調べる心理尺度が使われました。一卵性と二卵性を比べることで、遺伝的なものと環境的なものを区別しようというのが狙いです。

結果、孤独感の35%は遺伝的な影響であり、また、神経過敏(心配性)な人ほど、孤独感を感じる傾向があったそうです。また、驚いたことに孤独感と新たな経験に対してオープンであることの間に正の関係があったそうです。感じの良さ、良心的な性質、また、外交性は、孤独感と負の関係にありました。つまり、性格と孤独感というのは遺伝子の中に入っているかもしれないということです。


しかし今回の実験の弱さの一つは、一般的な「孤独感」だけが調べられた点です。孤独感にも色々あります。例えば、友達がいない孤独感だとか、家族に関する孤独感など。今後、それら様々な孤独感と性格がどう関係するかを調べる必要があります。

シャーマー教授は、孤独を感じている人の多さ、また孤独がもたらしえるネガティブな結果などの情報をより多くの人に知ってもらいたいと思っています。孤独感は老若男女に影響し、今後、もっと社会に孤独が増えていくのでは、と述べています。

参照
https://www.psypost.org/2019/01/genetic-factors-may-play-an-important-role-in-loneliness-52890/amp
posted by ヤス at 08:17| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。