【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年01月29日

AIで従業員のモチベーションを分析・アチューンド

東京のアチューンド(Attuned)は、「予測的HR分析」という特殊な分析をして、それぞれの従業員が何にモチベーションを持っているのかを明確にするツールを開発しました。日本の多くの企業がこのツールに投資をし、従業員の心を読もうとしているそうです。


アチューンドでは、従業員は55問のアンケートにオンラインで回答します。質問は2つのペアとなる項目から成り、例えば、「1日の行動を前もって決めておくと、安心感がする」と「集中すべき仕事は、その日の流れで決めたい」という項目から、どちらが自分に合うかを選びます。

結果は「モチベーション・プロフィール」として11個の人間的価値観(例:競争、フィードバック、自主性、安心感、経済的必要性)に分類されます。

モチベーションが高い分類は「必要である」とされ、低いものは「あったらいい」などと分類されます。これらの情報は、マネージャーにとって、その従業員がどのような環境で力を発揮するのか、何がモチベーション維持に有効なのかを知るのに役立ちます

社交性が大事な従業員にとって、例えば、金曜日に飲みに行こうと言うとモチベーションになるかしれませんが、経済的なことを優先したい従業員にとってはそうではありません。またこのツールでは、マネージャーと従業員の共通の価値観も導き出してくれます。

アチューンドは基本的なパッケージだと年間で約20万円かかります。そして企業規模に応じて価格は変化します。また、この基本パッケージには「追加アンケート」があり、30秒程度で答えられるアンケートが2週間おきに送られ、モチベーションを測定します。このような仕組みで従業員のモチベーションをこれまでにないほど速く知ることができ、従業員(そしてマネージャー自身)のストレスの軽減にもつながります。

またこの情報は、従業員を配置する際にも、どの部署であれば最も力を発揮するかを考えるのに役立ちます。採用にも使えるでしょう。ある企業では、アチューンドを使ったおかげで、ミス採用(6ヶ月以内にやめてしまうケース)の確率が35%から8%に減ったそうです。


開発には、心理学者を巻き込んで、2年以上を要したそうですが、興味深いことに年齢、性別、文化によるモチベーションの違いはなかったそうです。しかし、若干の文化的な違いは回答する様子に見られたそうです日本の労働者は、「強く同意する」といった選択肢は選ばず、「どちらかというとそうだ」といったソフトな回答を選ぶ傾向が強いそうです。

アチューンドは日本では、楽天、デンソーといった企業で採用されているそうです。

たまたまこの記事が目に入ったのでアチューンドのサービスについて書きましたが、ヒューマン系とされている分野でもどんどんとIT技術が入ってきて、良いサービスを提供しています。人の心をどれだけIT技術でサポートするか。これはYES・NOといった二択の問題ではなく、「人間が何をどのように使うか」という問題だと思います。今後ますます大事になる論点だと思いました。

参照
https://www.businessinsider.co.za/employee-motivation-survey-attuned-japan-startup-2019-1
posted by ヤス at 08:10| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。