【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年05月26日

五感を通して自然を体感する森林浴

森林浴とは運動したり走ったりするのではなく、単に自然の中で五感を通して自然を体感することです。森林浴とは、橋に例えられることがあります。私たちの感覚をオープンにすることで、自然界と私たちとのギャップをつなぐことができるからです。

現代社会は都会に住む人が増加する時代だと言えます。2008年に歴史上初めて都会に住む人が自然に住む人の数を上回り、2050年までには、3分の2の地球人口が都会に住むと予想されています。アメリカでは現在、平均的成人は93%の時間を室内で過ごしています(内6%は車内など交通手段)。

しかし幸い、短い時間でもいいので、自然の中で過ごすと、健康にプラスの影響があります。2時間程度、自然の中で過ごすことで、ストレスは減り、リラックス度が上がります。


森林浴の実践は簡単です。まずは自分にとっての良い場所を見つけること。そして、目的もなくゆっくりと歩いてみてください。ただ体が感じるままに歩いてみましょう。体がどこを歩きたいのか感覚に研ぎ澄ませてみましょう。ただ自然の音、匂い、景色を楽しんでみましょう。

大事なことは五感を使うことです。耳、目、鼻、口、手足を使って自然を体感しましょう。小鳥のさえずりや木々が風で揺れて葉っぱが鳴らす音に耳を傾けたり。葉っぱの微妙な色の違いに目を向けたり、木漏れ日を見るのも良いでしょう。森の匂いを楽しんで、健康に非常に良いとされるフィトンチッド(phytoncides)を取り入れましょう。呼吸をしながら空気の味を感じましょう。木の幹に手を当てたり、小川に手や足をつけてみましょう。池面に寝転がるのも良いでしょう。森を五感で感じながら、喜びや穏やかさを感じましょう。心はある意味、第六の感覚かもしれません。心のレベルで自然と繋がってみましょう。


喜びや穏やかさを感じるのに、正解はありません。十人十色、それぞれの方法があります。土の匂いが好きなのであれば、それに落ち着きを感じるでしょう。また何らかの景色が、自分の幼少期や幸せな時間を思い出させることもあるでしょう。

忙しい生活を送っている人たちはゆっくりすることを難しいと感じるかもしれません。そういうときには森林浴ガイドと共に自然を体験すると良いでしょう。

しかし一人でも様々なことができます。例えば、散歩、ヨガ、森の中で食事、温泉療法、太極拳、瞑想、呼吸、アロマセラピー、芸術活動、植物鑑賞など。自分に合うものを選ぶことが大事です。また木々さえあれば、世界中のどこでも実践が可能です。寒くても暑くても、雨でも雪でも。無料ででき、副作用の心配がない。森林浴はもっと今後研究されていくでしょう。

参照
http://time.com/5259602/japanese-forest-bathing/
posted by ヤス at 20:11| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。