【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年06月10日

森林浴、臨床の現場で推奨されるには更なる研究が必要

近年行われたメタ分析では、森林浴がストレスを下げるのかどうか検討されました。自然の中で時間を過ごして気分が良くなることは大昔から言われてきましたが、日本の農林水産省が1982年に「森林浴」という言葉を作りました。森林浴とはただ単に森の中を歩くだけではなく、森と触れ合い、森の雰囲気を取り入れることだと専門家は言います。


ストレスを下げることが森林浴の主な効果だと述べられていますが、この他の効果も調べられています。2017年に出版されたレビューでは成人のうつ病にも効果があると報告されました。この他、肺や心臓病にも良いという結果が出ました。

森林浴に限らずに、自然に触れることの心理的なメリットは近年、よく報告されています。また研究の質は高くないですが、室内よりも自然の中で運動をした方が精神面に良い影響が出るという研究もあります。これらの発見を踏まえると自然がもたらす心への影響は今後、研究が必要な分野だと言えます。

イタリアの研究者が森林浴がストレスにどう対処するかを調べました。このレビュー兼メタ分析では、コルチゾールがどう変化するのかを見てみました。コルチゾールはステロイドホルモンで、ストレス時に増加します。コルチゾールは血中やリンパ液中にみられるので、比較的簡単に調べられる物質です。このイタリアの研究者たちはおよそ1000の論文から、30の論文を絞り出し、22はシステマティックレビュー、8件はメタ分析の対象としました。

これらの論文には、何の介入も受けない制御グループがあるものや、森林浴と都会を歩くことを比較する研究もありました。

2件を除く、28の論文において森林浴は、制御グループと比べてコルチゾール値を大きく下げるという結果が見られました。それと同時に「期待効果」もあるのではと述べています。コルチゾールが森林浴を始める直前に大きく下がっていたからです。ある論文では、研究者が森林浴をしますと言った途端に参加者のコルチゾールが下がったそうです。つまり、森に行かなくても、森の写真を見たり、頭の中で森を思い描くだけでも、プラセボ効果が出るのではと考えています。この効果が実際に森にいることからくる効果よりも大きいのでは、と結論づけています。


もちろん、その人が森林浴によってある症状を和らげたり、気分が良くなるのであれば、積極的にすれば良いですが、このレビューで分析された論文を見ると、サンプル数が小さく、研究方法もバラバラでした。また「出版バイアス」もあるかもしれないと述べています。つまり、良い結果だけを報告し、効果がなかったものは報告しない。そうだとすると森林浴が過大評価されている可能性もあります。

2012年から2017年の森林浴に関する研究は、統計的に重要な違いを生みませんでした。研究者は、研究の質が十分に高いものが少なく、臨床の現場で推奨されるにはまだ証拠不十分である、と述べています。

また別の視点では、自然が作用しているのではなく、都会に触れることが軽減することで、ストレスが下がっているのでは、という観点もあります。したがって、都会を思い起こすものに触れることで、ストレスが溜まる。だから自然で時間を過ごすと、都会と切り離されるので、それがストレスを減らしているのかもと考えられています。

何れにせよ森林浴がより受け入れられるまで、さらなる研究が必要です。

参照
https://www.medicalnewstoday.com/articles/325060.php
posted by ヤス at 21:55| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。