【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年06月16日

森林浴の心への効果

森林浴には様々なプラスの効果がありますが、私が勤めるダービー大学の同僚らが「3つの輪モデル」を使い分析しました。3つの輪とは、歓喜の追求、落ち着き感との繋がり、そして、脅威の回避であり、それぞれが異なるホルモンを刺激します。私たちの自然に対する反応は感情に基づくものが主でした。自然と触れ合うことはこれら3つの輪のバランスを保ち、幸せ、心の健康に良い影響をもたらすことがわかりました。


ナチュラルイングランドが、自然との繋がりを報告する研究を分析しました。多くのものが自然の中で時間を過ごしたり、何かをすることが、集中力、感情コントロール、そして、疲れに対して良い、というものでした。その他、自然の中で時間を過ごすことが、都会にいるよりも、子供のADHDに良い影響が出るということも報告されています。

2012年のアメリカでの研究によると、スマホなどを全く使わずに、自然の中で4日間過ごすことで、クリエイティビティーに50%の増加が見られました。森林の中にいるとこで、瞑想的な効果を生み出し(またスマホ等で余計な注意力を使わないので)、クリエイティビティーが向上したようです。

森林浴のストレス軽減効果は今後も研究が続けられていくでしょう。

参照
https://www.forestholidays.co.uk/forest-bathing-benefits/
posted by ヤス at 17:15| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。