【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年09月07日

なぜ森林浴が体にいいのか

現代人は「自然欠乏症」だと言われています。近代化が進み、自然にふれることが少なくなったからです。国連のデータでは2050年に地球人口の75%が都市部に住むようになると報告されています。今でさえアメリカ人は9割以上の時間を屋内で過ごしています。

日本では森林医学研究会が設立され、森林が人間の健康にいかに良い影響をするかを研究し、森林浴の教育をしています。日本は都市化を進める一方で、森林が多い国です。森林が国土の3分の2を占めるものの、国民の多くが都市部に住んでいます。こうした環境が影響して、森林浴が生まれたのかもしれません。森林浴では、森の中を歩きながら五感に注意を払います。


日本では1982年に森林浴を推奨するプログラムが始まり、2004年から科学的な実験が、緑豊かな飯山という地区で始まりました。現在では毎年250万人がストレス軽減や健康促進のために森を訪れています。


森林浴の研究で有名な李教授は、医学生時代に多大なストレスを抱え、その時に森林でキャンプをして、その癒やし効果に興味を持ちました。その後、なぜ森が健康に良いのかを研究し始めました。森で時間を過ごすことが、ストレス、不安、うつ病、そして、怒りを軽減し、免疫力や心配機能の向上につながることがわかりました。

人間には生物的に自然と繋がりたいというニースがあるそうです。20年ほど前にアメリカの生物学者、ウィルソンが人間は自然界と繋がりたいと思うように作られていて、だから、自然にいると健康になると述べています。


ある研究では東京で働く中年のビジネスパーソンを取り上げました。彼らはストレスを溜め、不眠に悩んでいました。研究中、彼らは普段、都市部を歩くのと同じ時間、自然の中を歩きました。自然の中を歩くことで、彼れらの不安は下がり、よく、また長く眠ることができました。また午後の散歩の方が、午前の散歩よりも効果があることもわかりました。

別の研究では自然または都市部を歩く前と後で、彼らの気分を調べました。ウォーキングの数々の研究では、屋外であればどこでも歩くと、うつ、不安、怒りを軽減すると報告されていましたが、李教授の研究では森の中を歩いた場合だけ、人々の活力が増加し、疲労感が低下しました。

木々がなぜ私たちの健康に良いのか。理由は2つあり、1つは自然の中の大量の酸素、そしてもう1つが植物の放つ化学物質、フィトンチッドです。フィトンチッドは木々の防衛機能であり、バクテリア、害虫、カビなどから木を守ってくれます。フィトンチッドによって、身体的なストレスが減り、血圧や心拍数が下がります。松、杉などの常緑樹は多くのフィトンチッドを放出するので、こうした木々の間を歩くことは非常に有効です。

森林浴をするには、別に森の奥に行く必要はなく、体の感覚に任せて森の中を歩いていきます。葉っぱの緑の色に目を向ける人もいれば、木々が風に揺れる音に耳を向ける人もいます。五感を働かせて、森を体感していきます。焦らず、ゆっくりと森を歩きます。

またヨガ、瞑想などのアクティビティーをすることもいいでしょう。その他、詩を書いたり、ピクニックをしたり、植物を勉強するのもいいでしょう。静寂を楽しみましょう。人間が全く介入していない自然の音を聞けるかもしれません。静寂には癒し効果があります。葉っぱが揺れる音、水が滴る音、小鳥のさえずりなど。自然に触れることで、私たちはより大きなものの一部だと認識できます。


参照
https://greatergood.berkeley.edu/article/item/why_forest_bathing_is_good_for_your_health
posted by ヤス at 18:28| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。