【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年11月01日

イギリスの労働者の8割がバーンアウト状態にある

2017年、保険・資産運用会社アクサが行なった4000人のイギリス人労働者を対象に行われた調査によると、イギリスの労働者の8割が、週に一度はバーンアウト状態を経験し、1割が常にそのような状態にあるそうです、

ストレスの内容として、仕事でのプレッシャー、金銭的な不安、そして、健康状態が最も頻繁なストレスの原因として挙がりました。


ストレスと強い関係があるとされるものとして、近年の技術発展によってもたらされた「常に仕事モード(always on)」が考えられます。6割の労働者が仕事外の時間帯でも電話を受け取り、メールをチェックすると答えました。

健康面での不安は、7割が肥満を挙げ、4割が彼らのパートナーの肥満を挙げました。また、7割が給料に関する不安、6割が生活に関わる費用を払えるかどうかを不安視していました。

また男女間での違いもありました。女性労働者の4割が個人の財政面に関する不安、そして、家族や友人の健康に対して不安に思うのに対し、男性の場合、4割が仕事に対する不安、3割が財政面に関する不安を抱えていました。

場所別に見ると、カーディフが最もストレスが高い地域で、9割の労働者が1週間のうちで一度は高いストレスを感じると答えていました(ベルファストとシェフィールドが続く)。

ストレスに対処するために、5割はテレビを見て、4割は音楽を聴いたり、読書をする。3割はお酒を飲み、1割がタバコを吸うと答えました。また3分の1の労働者は運動をすると答えました。


参照
https://www.axa.co.uk/newsroom/media-releases/2017/generation-stress-research/
posted by ヤス at 22:42| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。