【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年01月06日

NLPは組織心理に効果があるのか?システマチックレビュー

今回の記事では、僕の出版論文の1つを、できるだけオタクな言葉なしでご紹介させていただきます。

今回は、以下の論文の概要を解説します。
Kotera, Y., Sheffield, D., & Van Gordon, W. (2019) The applications of neuro-linguistic programming in organisational settings: A systematic review of psychological outcomes. Human Resource Development Quarterly. 30(1), 101-116. doi: 10.1002/hrdq.21334

全文はこちらからダウンロードできます。

論文の中心的な質問としては、

NLP(神経言語プログラミング)が職業心理学にプラスの効果があるのか?
あるとしたら、どのような症状に対して良いのか?


これらの質問に対して、その証拠の質と量はどれくらいなものかを見ていきました。

システマチックレビューなので、対象となる研究論文をかたっぱしから見ていき、総合的に上記の質問に答えました。



NLPを使って、職業心理学に関する心理要素(ストレス、エンゲージメント、組織コミットメント、自尊心、従業員間の信頼など)に影響を与えようとした研究を調べると全部で952件の論文が見つかりました。そこからタイトルと概要で絞ると、今回の研究質問に関するものは96件に。そして、全文を読んでみていくと、強く関連するのは7件の論文に絞られました。

7件のうち6件は量的研究(数字で効果の良し悪しを測ったもの)で、1件が質的研究(文字で効果の良し悪しを測ったもの)でした。これら7件の研究については、論文の本文 Table 2をご参照ください。

3件はヨーロッパで実施され、もう3件はアジア、そして1件がアメリカで実施された実験でした。

対象とした心理的要素ですが、7つの実験は、自己実現、不安、改善行動、時間厳守への恐怖、自尊心、自己効力感、組織コミットメント、トレーニングへの満足感を狙いとしていました。そして、それ全てに対してポジティブな結果が報告されていました。特にストレスの軽減と、自尊心の向上に対してよく使われ、大きな効果を発揮していました。

対象グループは、土木工学、ホスピタリティー、教育、医療に携わる労働者でした。

6件の量的研究のうち、3件はランダム化していないけど、介入グループと別グループ(非介入など)を比較したもの、そしてもう別の3件は1グループがNLP介入を経たものでした。つまり、介入の研究で最も質が高いとされるランダム化比較試験(RCT、ランダムにグループを2つ作って、介入グループの変化を、非介入グループと比べる)を用いた研究はありませんでした

介入としては、ストレスや不安軽減を狙ったもの、良い職場コミュニケーションを狙ったもの、そして目標設定に関するものがありました。ストレスや不安に対しては、アンカリングがよく使われていて、コミュニケーションに関しては、代表システム(コミュニケーションの相手がどの五感を主に使っているか)を解説していました。目標設定に関する研究では、その具体的な介入は報告されていませんでした。

論文にバイアスがないかを調べてみると、4つの研究で、バイアスが高いと診断され、3つの研究では中程度だと判断されました。つまり全体的にいうと、もっと質の高い研究が必要だということが言えます。多くの研究で、必要な研究項目が報告されていなかったり、バイアス(つまり偏見)を減らすための工夫が足りなかったりしました。また研究倫理許可を取ったのかどうかを報告していないものもありました。



NLPは開発されてから様々な分野で使われてきて、ビジネスもその1つです。しかし、研究を見ていくと、量的にも、質的にももっと良い研究が必要だと言えそうです。目を引くような宣伝文句がよく謳われるNLPだけに、それに必要な質の高い実験結果が出てこない限りは、今後の普及は難しいと言えそうです。しかし、それでも、創設から50年ほど経ってもまだ使われているところを見ると、実践者の間では人気のある手法だと言えます。僕も色々とNLPに関する学術論文を書いていますが(例)、もっと大規模なNLPの科学的研鑽が必須です。

この研究論文の全文はこちらからダウンロードできます。
posted by ヤス at 02:12| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。