【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年01月25日

研究活動に励む学生に向けてのメッセージ The Wellbeing Thesis

先日、ザ・ウェルビーイング・シーシス(The Wellbeing Thesis)といって、研究活動に励む学生(Postgraduate Research Students)の健康をケアするための運動に取り組むグループのインタビューを受けました。僕は、モチベーションとメンタルヘルスの専門家ということで、僕の研究を元に色々とわかったことを報告させていただきました。



モチベーションには色々な種類がありますが、自己決定理論によると大きく分けて2つあります:外発的か内発的か。外発的なモチベーションは、お金、地位、名誉など、外からの報酬を求めて行動するためのモチベーション。対して、内発的なモチベーションは、やりがいや好奇心など、内側から湧き出る感情が得たいから行動するモチベーション(つまり、その行動そのものが報酬となる)です。

僕の研究では、内発的モチベーションが高い人は、メンタルヘルスの問題が少なく、メンタルヘルスに対する恥も低く、また、倫理的な判断ができる傾向があり、対して、外発的モチベーションが高い人は、メンタルヘルスの問題が多く、恥も高く、倫理的な判断が鈍ることがある、というような結果が出ました。関連論文にはこれらがあります;
https://www.researchgate.net/publication/329331323_Ethical_Judgement_in_UK_Business_Students_Relationship_with_Motivation_Self-Compassion_and_Mental_Health
https://www.researchgate.net/publication/322815392_Motivation_Types_and_Mental_Health_of_UK_Hospitality_Workers

今回のインタビューでも、研究活動において、内発的なモチベーションに基づいて挑戦し続けることが大事だといった趣旨のことを話させていただきました。研究活動に励む学生さんたちの役に立てればいいなと思います。

posted by ヤス at 20:45| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。