【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年05月07日

どうすれば質の高い論文が書けるのか

ネイチャー誌でこのテーマの記事があったので、まとめたいと思います。

メッセージを明確に

まずはどんなメッセージを読者に伝えたいかを明確にする。これが不明確だと、後々、コミュニケーションミスが起きる。またメッセージの明確さは複数の著者が絡む時にも有効。オススメは共著者が全員ミーティングをして、メッセージだけではなく、データの選択、視覚的プレゼンテーションなども議論する。

最も大事な情報は主文に書かれるべきで、あまり必要でないものは付録に入れる。

多くの論文がリジェクトされる理由の一つに、ディスカッション部分が弱く、既存の文献をしっかり理解していことがバレバレな時。研究者は、彼らのリザルトがどのように他の状況でも有効なのかを説明し、論文の独自性を強く訴えるべき。

思索ベースの結論とエビデンスベースの結論には紙一重の違いしかない。ディスカッション部分で思索をすることはできるが、これは過度にしてはいけない。ディスカッションの全てが思索だというのではいけない。なぜなら著者の経験に根ざしたものではないからだ。結論部分では、1、2文、次にする必要のある研究について述べると良い。


ロジックの枠を作る

構造が大事である。例えば、この論文(http://doi.org/ckqp)でも説明しているが、それぞれのパラグラフは、まず最初の文章で状況を定義し、中部分では新たなアイデアを紹介し、そして、最後の文章で結論を述べる(「状況・コンテンツ・結論」モデル)。論文全体で見ると、イントロ部分が状況を設定し、結果の部分がコンテンツを提要し、ディスカッションで結論となる。

また一つのキーメッセージに絞ることが大事である。これがタイトルに反映される。そして、論文の全てがそのアイデアをサポートする。

書き手としてあなたの仕事は、専門知識がないかもしれない査読者をサポートし、あなたがした研究を理解してもらわないといけない。これは、問題点を理解してもらうこともそうだ。そうでないと、なぜあなたの研究が大事なのかわからない。


自信を持って書く

科学者として物を書く時、唯一の義務は「明確さ」である。つまり、この論文では「何が新しいのか?」これに明確に答え、論文の全ての部分はこれに貢献しないといけない。

ドイツ語のコンセプトで「赤い糸」という表現がある。これは物語の最初から最後までを結ぶ糸のことである。科学的文献では、「何が新しいのか?」この答えが赤い糸となる。これこそ論文を書く意義である。

そして、自信を持ってはっきりとした文章を書くことだ。そうではないと誇張されたり、紛らわしい表現となる。こうなると、メッセージがはっきり伝わらない。例として挙がっていたのが

悪い例
“Though not inclusive, this paper provides a useful review of the well-known methods of physical oceanography using as examples various research that illustrates the methodological challenges that give rise to successful solutions to the difficulties inherent in oceanographic research.”


良い例
“We review methods of oceanographic research with examples that reveal specific challenges and solutions”


読者の仕事は、注意深く読んで、それを記憶することだ。そして、著者の仕事は、それをしやすくすることだ。これをマスターするには、自分の専門分野以外の論文も読むと良いだろう。


ゾンビ名詞に注意する

論文を書くときは、常に「査読者は忙しくて、疲れている」と想像しながら書く。そして、自分自身が読んでいて楽しいものを書くこと。

学術論文はつまらないものである必要はない。人間はストーリーで生きる動物である。論文に入り込まなければ、それを理解するのは難しい。論文は事実に基づき、エビデンスベースで、簡潔であるべきだが、だからといってつまらなくしないといけないというわけではない。

よく見ることが、著者の個人的な意見が鎮圧されてしまうこと。多くの著者が、メンター等から、個人的な意見を書いてはいけないと言われる。しかし、この概念が強すぎて、良い意見が表されないこともある。

ヘレン・ソードが「ゾンビ名詞」という言葉を作った。つまり、「implementation(実施)」 or 「application(応用)」といった名詞は、それらの動詞と比べて、活気がなくなっている。良い論文は読者の感情を引きつける。だから論文が一度仕上がったら、少し活気のある言葉を使って、ストーリーにすることも良い(もちろんバランスが大切だが)。


大げさな散文をカットする

クリエイティビティーは大切だが、学術論文の目的は情報を伝えることである。きらびやかな表現をする人もいるが、特にノンネイティブで英語を扱う人にとっては、混乱の種となりかねない。言語は必要以上に複雑にしないことが大事だ。

しかしカットのしすぎも問題である。例えば、メソッドの部分で、大事な研究方法に関する項目を伝えていなかったり。メソッド部分では、読者が同じ研究を再生できるように情報提供しないといけない。また、論文全体を通して、論点が一貫していること。それと同時に、証拠以上のことを言わないことが大事である。

編集長や査読者は、その分野で役に立ちそうな面白い発見を探している。それに応えられなければ論文はリジェクトされる。多くの著者がディスカッション部分でリジェクトされる。つまり、発見したことがどれだけ面白く、その分野に役立つかを上手に伝えられていない。また既存の文献を再評価し、その論文での発見が、将来の研究にどう活かせるかを書かないといけない。また発見が強固なものであると伝えるために、他の解釈・説明を考えたこともアピールしないといけない。


多くの読者をターゲットとする

論文のインパクトとその質に関係性があることを証明する研究はまだないが、以下の論文では明確で、簡潔で、叙述的なタイトルはSNSやメディアで取り上げられやすいと述べられてある。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28039032

大事なことは、何が言いたいかをズバリということである。あらかじめ批判を避けようとして、遠回しな表現をせずに、明確で、他の分野の研究者など、素人にでもわかるような表現をすることが大事である。専門分野の人以外にでもわかるように書くと、他の分野の論文で引用される可能性が高まるだけではなく、研究者以外の人たちにも読んでもらえる。そうすると、一般誌などでも取り上げられやすい。

参照
https://www.nature.com/articles/d41586-018-02404-4
posted by ヤス at 06:57| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。