【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年06月29日

心理的安全度が生産性と強く関係する

グーグルのチーム生産性に貢献しているものは何か?これについてグーグルの人事部(People Operations)が調査をしました。

200以上の社員とのインタビューをし、180以上のチームの250以上の要素を調べ上げました。分析前は、スタープレヤーがいるチームの生産性が高いのだろうと仮説を立てていましたが、実際は、「誰がチームにいるか」は生産性とあまり関係なく、それよりも「チーム間でどのようにコミュニケーションが取られているか」「仕事の構造」「自分の貢献をどのように見ているか」といった要素が、生産性と強く関係していました。

そして、生産性の高いチームとそうでないチームを分けるの5つの要素があることを知りました。


心理的安全度:何かにチャレンジする時に不安になったり、恥ずかしいと感じずにできるか。

依存可能度:時間内に高品質の仕事ができるとチームメートそれぞれを信頼できるか。

構造と明確さ:ゴール、ルール、実行計画は明確か?

仕事の意義:メンバーそれぞれにとって個人的に大事なことに取り組んでいるか。

仕事のインパクト:自分の仕事が大事だと根本的に思っているか。



もしこれら5問への答えがYESであれば、生産性の高いチームだと予測できるそうです。


そしてこれらの5要素をさらに見ていくと、心理的安全度が群を抜いて大事であるとわかりました。心理的安全度が、他の4要素の土台となっている。何かに安心してチャレンジできること。非常にシンプルです。

しかし実際には、何かにチャレンジしようとすると、それによって自分の無能さなどが出てしまわないかと抵抗はあります。そうした感情は職場ではよく見られますが、より生産性の高いチームを作るためには無くしたいものです。チームメンバーがそれぞれに対して安全を感じられるほど、彼らは自分のミスを認め、新たな役割も引き受けやすくなります。その他、安全度が高いほど、グーグルを離職する度合いが低かったり、多様性のあるアイデアを採用したり、より会社に利益をもたらし、役員から2倍頻繁にできる社員だと思われることがわかりました。

その後、グーグルのチームは「gTeams exercise」という10分間脈拍を計測するツールを作りました。このツールを年間で300のチーム、3000人の社員が利用し、新たなことにチャンレンジしたチームは、心理安全度が6%、構造と明確さが10%向上しました。参加したチームのメンバーたちは、生産性について話をさせるツールであり、そのような機会は過去になくて、実際にやってみると、非常に良いことだったと述べています。

心理的安全度を高める策を色々と試す必要がありそうです。


参照
https://rework.withgoogle.com/blog/five-keys-to-a-successful-google-team/
posted by ヤス at 06:58| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。