【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年08月17日

うつ病の予防に社会的なつながりが最強

マサチューセッツ総合病院の研究者が成人のうつ病を防ぐ100以上の要素を調べました。その結果、社会的なつながりがうつ病予防として最も強い要素だとわかりました。従って、孤独を感じるような行動(例:テレビ鑑賞や昼寝)を減らすことが、うつ病のリスクを下げると報告しました。


うつ病は世界的に見ても、障害をもたらす大きな理由であるにも関わらず、これまでの研究ではうつ病から守る要素についてはあまり研究されてきませんでした。そこで今回の研究では2つの段階を経て、うつ病に対する保護要素を調べました。

最初の段階では10万人以上の患者データからうつ病に関わりそうな要素(例:社交的なやりとり、メディアの利用、睡眠パターン、食事、運動、自然との触れ合い)を洗い出しました。第二の段階では、最初の段階で強い関連性があるものを絞り、その中からうつ病と因果性のありそうなものを見つけ出します。

その結果、ずば抜けてうつ病から守ってくれると出た要素が、他人とどれだけ打ち解けた話をするのか、友人や家族をどれだけ頻繁に訪れるのかなどといった「社会的なつながり、一致感」でした。反対に、うつ病に影響しそうな要素としては、「テレビ鑑賞の時間」だと出ましたが、これはメディアの影響なのか、それともテレビ鑑賞に伴う独りでいることが影響しているのか調べる必要があります。


非常にシンプルなことですが、効果は莫大ですね。非常に有意義な研究だと思います。

参照
https://medicalxpress.com/news/2020-08-social-strongest-factor-depression.html
posted by ヤス at 05:12| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。