【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年11月28日

ポジティブ心理学をストレスマネジメントに活用する

ポジティブ心理学は比較的新しい分野の心理学で、近年注目を集めてきました。この心理学は心的症状に焦点を当てるのではなく、人の幸せや心の健康に焦点を当てた心理学です。従って、強さ、美徳など、人に充実感を与える要素を考えたり、またそれによってストレスに対処しようとすることを狙いとします。



ポジティブ心理学はアブラハム・マズローら、ヒューマニスティック(人文主義的な)心理学者がその礎を作ったとされますが、より注目されるようになったのは1998年、マーティン・セグリマンがアメリカ心理学会の会長時代にこの心理学を強く推奨したことが発端だと考えられています。

セグリマンが自分の幼い娘の教育を考えたときに、ポジティブ心理学の必要性は明らかになったと言います。彼は心の問題の原因であるとか、それをどう処理すべきかはわかっていましたが、強み、レジリエンス、心の健康などをどのように養っていくかはあまりわかっていなかったのです。こうしたポジティブな分野の研究はそれまであまり進んでいなかったのです。

ポジティブ心理学では何が私たちを生き生きとさせるのかを研究します。従って、「何が幸せに影響するか?」「ポジティブな感情がもたらす健康面への効果は?」「どのような習慣や行動がレジリエンスを構築するのか?」といった質問と向き合います。

これまでわかっていることとして、怒り、不安、悲しみといったネガティブな感情は私たちの健康にも悪く影響し、ストレス反応を生み出し、慢性的なストレスとなり、それが心血管系の病気へのリスクを高める、などがあります。しかしポジティブ心理学の研究で、ポジティブな感情が、それらの身体的反応を阻止する働きがあることも報告されています。

ポジティブ心理学でストレスに対処する要素として以下のものがあります。それぞれ見ていきましょう。

感謝
自分が持っているものについて感謝をすることは、より良い満足と幸せにつながります。こうしたことは、感謝日記をつけることでも振り返ることができます。感謝の気持ちに気づくことで、自分は十分に必要なものを持っているんだという感覚や人生への満足感などを感じることができます。

楽観性
人にはそれぞれもともと悲観的なものの見方をする人や、楽観的なものの見方をする人がいますが、楽観的な見方を練習して養うことは可能です。楽観主義者は人生により多くの良いことを見つけるので、練習すべき見方だといえます。

フロー
何かに没頭して、時間も忘れているようなときは、この「フロー」状態にあると言われます。趣味に没頭するときや、何か新しいことを学ときなど、チャレンジと易しさのバランスが良いときにこの状態になります。フローがあるとその行動が楽しくなるだけではなく、習得力が高められたりします。

マインドフルネス
価値判断をせず「今」に意識を向けることだと言われます。これには少し練習が必要ですが、習得できればストレス対処、不眠、うつの再発、認知力の低下に非常に有効な手段です。

スピリチュアリティ
どのような信念であっても、スピリチュアリティは、人生の意味を強く感じさせ、苦難に対してレジリエンスをもたらします。祈りや瞑想によって、心の強さを感じたり、また同じ信念を持つグループで行動することで、ソーシャルサポートも得ることができます。

まだまだ研究が必要で、新たなコンセプトも生まれつつある分野ですが、非常に興味深いポジティブ心理学。私もいくつか研究をしましたが(例)、今後の研究が楽しみです。

参照
https://www.verywellmind.com/using-positive-psychology-for-stress-management-3144620
posted by ヤス at 18:10| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。