【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年12月20日

同志と目標を共有することが進歩を妨げるケース

自分のゴールを他の人に伝たり、他の人のゴールを聞くことは、相互的な励ましを促し、有効だと言われています。しかし、最近のある研究で、特定の状況では、そうした行為が私たちを競争的にしてしまい、逆効果になることがあると報告されました。

似たような目標を持つ、能力的にも似た人たちが集まると、他人を競合とみなすようになり、彼らの努力を妨げたり、究極的には自分の努力も緩めようとする場合があるそうです。


今回の研究では6つの実験を行いました。最初に200人の参加者が「ワードクリエイティビティー」と言って、一連のアルファベットからできるだけたくさんの単語を考えつくゲームをします。そして参加者はパートナーがいると告げられ、彼らは少し参加者よりもうまくやっていると伝えられます。実際はパートナーはなく、架空の存在です。参加者は個人的な目標を与えられ、達成するとギフト券がもらえます。そして、参加者はパートナーの課題を難しくも易しくもできます。

たとえパートナーのパフォーマンスが自分のゴール達成とは無関係であっても、参加者はゴール達成に近づくにつれて、パートナーの課題を難しくしていきました。さらに参加者はその後、少し努力を緩めるようになりました。

その他の実験でも同じような傾向が見られました。自分のゴールに近づくにつれて、パートナーの課題を難しくし、自分の努力を緩める。この行為はパートナーが自分よりも少し先を行っている場合でも、少し後ろを行く場合でも見られました。しかし、最後に自分の努力を緩めた参加者は、パートナーの課題を難しくしたことが実際にパートナーの進歩を遅らせたと知った人たちだけでした。

つまり、パートナーを少し蹴落とすことができたら、参加者は少し気を抜く。気を抜くことは全く自分のゴール達成には役立たないにもかかわらず参加者はそのような行為を取りました。

この研究の大事なポイントは、私たちが同じような目標を持つ人と進歩を共有しながらすると競争的になってしまい、自分の目標達成から目が逸れて、他人との比較に焦点が向いてしまう。そして、他人の進歩が緩んだら、自分の進歩も緩めてしまう、ということです。


この結果はグループで何かをする際に、避けたい心理状況を報告すると同時に、自分の目標に対して自分がどれだけ進むかを常に念頭に置いておくことの大切さを教えてくれる研究だと言えます。

参照
https://digest.bps.org.uk/2019/02/26/how-competitiveness-leads-us-to-sabotage-other-peoples-personal-goals-at-the-expense-of-our-own/
posted by ヤス at 06:30| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。