【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2021年02月18日

自閉症の人の脳はどう違うのか

自閉症は神経発達に関わる症状です。自閉症の診断が下るのは、制限された興味、動作の反復、そして、コミュニケーション難、これら3つのうち2つがあれば下ります。そして、これらの診断特徴は脳の違いのために起きると考えられています。

自閉症の人の脳の特徴を示すような研究はまだありません。つまり、特定の決まった変化をするわけではない、ということです。自閉症の人たちの脳を見ると、それぞれ全く異なります。しかし、自閉症の人たちの中でも、特定のグループの人たちには特定の脳の傾向があるかもしれないと報告されてきました。これらの傾向がヒントとなり、自閉症のタイプに準じた治療法が開発されるかもしれません。

以下が現在、自閉症の人とそうでない人の、脳の違いでわかっていることです。MRIを使っての研究。

自閉症の子供は、大きな海馬を持つことが多いです。海馬は記憶の構築・維持に携わります。しかし、この大きさが中学や高校生になる段階でも維持されているかどうかはわかっていません。

扁桃体も異なるかもしれないと言われていますが、研究結果は今のところバラバラです。自閉症の子供の扁桃体は小さいという研究もあれば、大きいという研究もあります。不安の度合いが高いと扁桃体が小さいと報告するものもあります。別の研究では、小さい頃は大きいが、成長するにつれて普通の大きさに戻る、というものもあります。

17の写真を分析したメタ分析の論文では、自閉症の人は小脳の中の脳組織の数が少ないと報告しています。小脳は体の動きを調整するものだと考えられていましたが、最近では認知や社会的なコミュニケーションにおいても大事だと言われています。

脳の大きな部分に目をやると、大脳皮質の厚みに違いがあるという研究もあります。この違いは、自閉症の人は成長過程で、一つのタイプの神経細胞に切り替わるからかもしれないと2020年の研究で報告されました。


これらの構造的な変化は、成長過程でどのように起きるのか?

あとで自閉症と診断される乳児は、特定の脳の部分が通常よりも速く成長します。自閉症の乳児は生後6ヶ月から12ヶ月にかけて大脳皮質の表面が速く大きくなります。生後2年目になると自閉症の子供の脳の大きさは拡大し続けます。

いくつかの研究で、自閉症的な行動が顕著に現れる前に、大脳皮質が大きく成長すると報告されています。その後の成長過程では、自閉症ではないニューロティピカルな脳は、大きさを増し続けます。そして、大人になると小さくなります。対して、自閉症の脳は、20代半ばで、まだニューロティピカルな脳は大きくなり続ける段階で、小さくなっていきます。

自閉症だと診断される子供には、脳を取り囲む液体、脳脊髄液が多い場合があるそうです。これがあるために自閉症の子供の頭は大きいのかもしれないと言われています。この脳脊髄液の量と、自閉症的な行動は比例関係にあります。この脳脊髄液のニューロティピカルとの違いは、生後6ヶ月で現れ、39歳まで続くそうです。


脳のそれぞれの器官とのつながりはどうか?

脳の各部分を結びつける神経繊維、白質が自閉症の脳とそうでない脳では異なります。脳梁と呼ばれる白質管の一部、または全てがない人は、自閉症である可能性が高いとされています。脳梁は脳内の長い距離にある部分をつなぐ役割をし、この機能がないと自閉症になる。これは自閉症の関連理論と一致する結果です。

2020年の研究では、自閉症と診断をされた乳児の脳には、白質管の構造にいくつかの違いが見られました。また他の子供世代でも、同じような白質管の構造の違いがありました。


自閉症の人たちの脳で、性別による違いはあるか?

これはまだわかっていません。この理由としては、男の子と比べて女の子の方が遥かに少ない診断数だからだとノースカロライナ大学チャペルヒル校のマーク・シェン准教授は言います。

しかし最近の研究では、性別による脳の違いを示唆する研究がいくつかあります。扁桃体への影響は、男の子よりも女の子の方が大きく、また、大きい扁桃体は特に女の子において、感情面での問題と関連しているそうです。

幼稚園児において、白質の変化も性別によって異なります。自閉症の女の子は、非自閉症の女の子と比べて、脳梁の構造がより複雑であり、男の子においては、自閉症の子の方が、非自閉症の子よりもシンプルだそうです。

その他の脳構造については(サイズの成長度合い、脳脊髄液の量など)男女で違いは見られないそうです。


脳の構造は自閉症の研究になぜ大事なのか?

自閉症は、個人で大きく異なる症状だからです。つまり、全ての自閉症と診断をされる生後6ヶ月の赤ちゃんの脳で脳の液体が多いわけではないし、自閉症を持つ全ての成人の脳梁が非自閉症の脳梁と異なるわけではないですが、これらの特徴を研究することで、自閉症を持つそれぞれの人に個別で効果的な治療を考えることができます。

また、非観血的に、自閉症的な行動が現れる前に、自閉症のタイプを見分けることができれば、より効果的な手立てを打てる可能性が高まります。

参照
https://www.spectrumnews.org/news/brain-structure-changes-in-autism-explained/
posted by ヤス at 08:24| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。