【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2021年06月25日

目で判断する日本人、口で判断するアメリカ人

ハッピーな顔文字には、なぜ目の部分にキャレット(^^)が付いているのでしょうか?研究によると、表情豊かな目を持つ顔文字がアジア(特に日本)のユーザーに好まれるのは、異文化間の心理の違いによるものだと考えられています。2005年に発表された研究では、個人の文化的背景によって、顔の表情を解釈する方法が異なるという仮説を立てています。

研究者は、
「人が感情を表現するとき、目は口よりもコントロールが難しいことから、日本のように感情を沈めることが当たり前になっている文化圏の人は、他人の感情を解釈するときに、口よりも目をより強く意識すると予測しました。対照的に、あからさまな感情表現が主流の文化(米国など)では、顔の中で最も表情豊かな部分である口の位置に基づいて感情を解釈する傾向があると考えました。」

2つの実験が行われました。1つ目の実験では、イラストで描かれた顔を使用し、2つ目の実験では、実在の人物から撮影した編集済みの表情を使用しました。2つ目の実験では、口と目の感情表現を調整しました。いずれの実験でも、被験者はアメリカ人と日本人のみであり、この2つの文化を比較しました。

研究者らは、西洋人と東洋人では、周囲の世界をどのように解釈し、理解するかが異なる可能性があると説明しています。具体的には、欧米人は個人主義を重視しており、感情を否定することは本当の自分を否定することに等しいと考えられます。一方、日本、中国、韓国などでは、集団主義、相互依存の傾向があるため、人間関係の調和を保つために感情を抑制することが多いです。

笑顔としかめっ面は、大頬骨筋と眼輪筋という2つの筋群によってコントロールされています。大頬骨筋は口の動きを、眼輪筋は目の動きをコントロールしています。口よりも目の方が感情表現を抑えにくいため、日本をはじめとする東洋文化圏では、目が最も正確な感情の指標であると考えられているのです。

これに関連して、偽の笑顔(ファイクスマイル)は口だけを動かしますが、真の笑顔は目と口を動かします。写真を撮るために笑顔を装ったことがある人は、この違いがわかると思います。

今回の調査結果は、顔文字の違いを説明するのに役立ちます。例えば、文章を書くとき、アメリカ人は通常、嬉しいときには :) 、悲しいときには :( と入力して顔のアイコンを表します。一方、日本人は嬉しいときには(^_^)、悲しいときには(;_;)と入力します。このような違いは、上記の研究にあるような目と口の違いにあるのかもしれません。


参照
https://www.psychologytoday.com/gb/blog/the-red-light-district/201608/the-cross-cultural-significance-emoticons
posted by ヤス at 17:40| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。