2021年11月14日

不安障害の概要

不安は、ストレスに対する体の自然な反応です。これから起こるであろうことに対して、恐怖や緊張を感じることです。初めて学校や会社に行く時、就職面接、スピーチなど、多くの人が恐怖や緊張を感じます。

しかし、不安な気持ちが極端で、6ヶ月以上続き、生活に支障をきたす場合は、不安障害の可能性があります。

不安障害とは?
新しい場所に引っ越したり、新しい仕事を始めたり、テストを受けたりするときに不安を感じるのは普通のことです。この種の不安は不快なものですが、それによって、より頑張ろう、より良い仕事をしようという意欲が湧くこともあります。通常の不安は、表れたり消えたりするものの、日常生活に支障をきたさない程度です。

不安障害の場合は、恐怖感が常につきまとうことがあります。恐怖感が強く、時に心が衰弱してしまいます。

このタイプの不安は、楽しみにしていたことをやめてしまったり、極端な場合、エレベーターに乗れなかったり、道を渡れなかったり、家から出られなかったりすることもあります。治療せずに放置しておくと、不安はどんどん悪化していきます。

不安障害は感情障害の中でも最も一般的なもので、年齢に関係なく誰もが診断される可能性があります。米国精神医学会によると、不安障害と診断される可能性は男性よりも女性の方が高いとされています。

参照
https://www.healthline.com/health/anxiety
posted by ヤス at 07:33| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。