2023年08月03日

国家メンタルヘルスプログラム需要信号の依頼概要

背景
メンタルヘルスの問題は多様であり、患者とその支援ネットワークの生活の質に大きな影響を与えます。不安やうつ病のような一般的なメンタルヘルスの問題は誰にでも起こりうるもので、イングランドでは成人の6人に1人が過去1週間にメンタルヘルスの問題を経験したことがあるとわかっています。また、メンタル不調は、少なくとも年間1179億ポンド(215億円)の経済的負担をもたらし、そのコストは主に雇用上の問題や医療・福祉サービスからの必要なサポートによるものと推定されています。

イギリスNHSの需要信号
需要信号の目的は、NHS長期計画」を達成するために取り組むべき最も重要な研究質問を特定し、優先順位を付け、整理することです。メンタルヘルスサービス改善へのコミットメントとビジョンは、「NHSメンタルヘルス実施計画」でさらに詳しく説明されています。NHSイングランドの需要信号チーム(経験豊かで多様な専門家とメンタルヘルス当事者からなる集団)は、ワークショップとエビデンスレビューを繰り返しながら、満たされていないニーズの領域を絞り込み、メンタルヘルス優先領域における研究の優先順位を設定しました。メンタルヘルスの需要信号報告書には、大事なエビデンスのギャップと、研究の優先順位の根拠がまとめられています。

需要信号研究の優先事項
医療・社会ケア提供研究(HSDR)プログラムは、医療・社会ケアに関わる組織、そのケアの提供と質を改善し得る、質の高い研究を助成します。メンタルヘルスの需要信号調査(Mental Health Demand Signalling Exercise)によって研究優先事項が特定されました。研究の企画書は、これらの研究優先事項の1つ以上に応えるものである必要があります。

以下4事項は、HSDRプログラムで最も重要な研究優先事項とされたものです。

メンタルヘルスにおける不平等: 社会においてマイノリティとされるグループの人々が、コミュニティと接したり、メンタルヘルスのケアを早期に利用できるようにするにはどうしたらいいのか?

労働力: 精神保健サービスにおけるピアサポートワークプログラムの効果的な実施に影響する組織的要因は何か?

メンタルヘルスのためのデジタル技術: デジタルヘルスの介入は、どのようにしてマイノリティ・グループ(例えば、黒人や少数民族)へのリーチ、アクセス、アウトカムを改善させることができるか?

アウトカムデータの活用: 他のサービス(IAPTなど)から学び、より質の高いデータ(完全性、内容、透明性)を確実に収集し、他のメンタルヘルスサービスの有効性を向上させるためにどのように活用できるか?

以下は、ランク付けされていないが、HSDRプログラムに関連する優先領域における主要な研究優先事項です。

メンタルヘルスにおける不平等: どのように文化的能力に関する研修を開発し、統合し、よりダイバシティを備えたメンタルヘルスの専門家を生み出すか?

労働力:コミュニティーで軽・中等度の摂食障害を効果的に治療するために、最も適切なサービス提供モデル(スタッフの能力と介入方法)は何か?

どのような資格取得後(つまりプロになった後)の研修プログラムが、メンタルヘルス人材における文化的・組織的能力の開発・維持に関連するか?

メンタルヘルスにおけるデジタル技術: メンタルヘルスサービスにおけるデジタル技術の導入は、サービスへのアクセス、サービス提供のキャパシティ、待ち時間、アポイントメント通りに来院する率、費用対効果にどのような影響(プラスとマイナス)を与えるか?

インクルージョン研究
国立健康ケア研究所(NIHR)は、平等・多様性・インクルージョン戦略2022-2027に記載されているように、多様でインクルーシブな文化の創造に取り組んでいます。そのためにあらゆるバックグラウンドやコミュニティからの応募を奨励しています。そうすることで、多様なスキルや経験を含むリーダーシップとチームを築くことを約束します。

すべてのNIHR研究提案は、2010年の「平等法」の要件を満たしていることを証明する必要があります。研究者は、研究のデザイン、計画、実施、そのインパクト、そして発見の普及において、多様性とインクルーシビティを考慮する必要があります。

またNIHRは、研究活動が活発な機関とそうでない機関との間でのパートナーシップや、地理的に恵まれない地域にある機関とのパートナーシップも歓迎します。これまで十分なサービスを受けてこなかった人々に注意を向け、最もニーズが高い場所で研究を実施しようと心がけています。


ガイダンス
HSDRプログラムは、イギリス全土の医療・福祉サービスの改善を目的とした応用研究を支援し、提案された研究課題に答えるための適切な研究方法を採用します。研究提案の成功を高めるために、NHSと福祉の提供に関連した、明確なチェンジモデルとその影響への道筋を提案したいと考えます。

研究デザインの中で、NHSと福祉全体への影響を考え、費用対効果を最大化させることが重要な項目です。これには、利害関係者の関与や、労働力を強化するためのプロセス、ツール、ガイドラインの開発も含まれます。一般的な情報については、HSDRプログラムのウェブページを参照してください。

研究提案は、全国組織、専門家団体、医療・福祉サービス専門家、サービス利用者と共同で作成されるべきです。より広い医療・福祉制度に利益をもたらすために、研究結果のインパクトとスケールアップを確実にするためには、医療・福祉計画者や専門機関との連携が必要です。COVID-19 パンデミックは、医療・社会ケアシステム全体に大きな影響を及ぼしています。この研究は、COVID-19の対応期間および回復期間中に実施される可能性があるため、申請者は以下のことを行う必要があります。

研究提案は、全国組織、専門家団体、医療・福祉の専門家、サービス利用者と共同で作成されるべきです。より広い医療・福祉制度に利益をもたらすために、また、研究結果の影響を実装するためには、医療・福祉の計画者や専門機関との連携が必要です。

COVID-19パンデミックは、医療・福祉システム全体に大きな影響を及ぼしています。この研究は、COVID-19への対応と、復興の期間中に実施される可能性があるため、申請者は、COVID-19への対応と復興の影響が研究の実現性にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。


参照
https://www.nihr.ac.uk/documents/national-mental-health-programme-demand-signalling-highlight-notice-hsdr-programme-commissioning-brief/33571
posted by ヤス at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック