2023年10月21日

英国2028年版REFについて決定事項

英国の高等教育助成機関は、英国の大学が研究の成果を競い合うREF(Research Excellence Framework)の次回開催についていくつかの決定を下しました。次回のREFは2028年に終了し、2021年から2027年にかけての研究とインパクトを評価します。REFは、英国全体の優れた研究を推進し、研究への公共投資に対する説明責任を果たし、毎年約20億ポンド(3600億円)の特別研究資金の配分に反映されます。

英国の研究助成機関は、評価の重点を、「個人の業績」から、「機関や学問分野が、健全でダイナミックかつ包括的な研究環境に与える貢献」へと変えようとしています。また、研究および研究プロセスへのより広範な貢献を評価に含める意向です。


インセンティブの見直し
英国の研究評価方法を一部変更することは、研究のインセンティブを見直すことを意味します。つまり、何が高く評価されるべきかを再考する機会となります。REF 2028 の変更点には、卓越した研究の定義の拡大が含まれ、活気に満ちた持続可能な英国の研究システムを支える人材、文化、環境が適切に評価されることを狙いとします。

3つの評価要素
REF 2028 では、使用される 3 つの評価要素を変更(以下、表示)することで、より幅広い研究成果、活動、インパクトを評価することを狙いとします。これにより、研究そのものだけではなく、研究文化の創造に努めるスタッフも考慮できるようになります。

人と文化(全体の25%)
この要素は、REF 2014 および 2021 の「環境要素」に代わるもので、研究文化の評価を含むように拡張されます。この要素の評価に資する証拠は、機関レベルおよび分野別提出論文のレベルの両方で収集されます。

知識と理解への貢献(全体の50%)
この要素は、REF 2014 および 2021 の「アウトプット」の要素を拡大したものである。評価は引き続き、提出されたアウトプットの評価に基づいて行われますが、REF2028では、ここのスコアの少なくとも10%は、学問分野の発展に対するより広範な貢献の証拠に基づきます。

エンゲージメントとインパクト(全体の25%)
この要素は、2014年と2021年のREFの「インパクト」要素に代わるものであるが、2014年のインパクト要素と類似しています。提出書類は、インパクトのあるケーススタディと、ケーススタディ以外のエンゲージメントとインパクトのある活動を証明するための付随するステートメントの両方で構成さます。

新たなアプローチ
REF 2028 では、研究量を決定するために新たなアプローチを採用し、個人の評価から完全に脱却します。研究量は、複数年の平均スタッフ数から決定されます。つまり、個人の貢献には最小値も最大値もなくなります。

REF2028では、すべての研究者と研究を可能にするスタッフの業績が提出対象となります。これらの変更は、評価の包括性を高め、他の分野からアカデミアに移ってきた研究者を支援する環境を提供することを意図しています。

最初の決定文書に示された量的措置は、REFに提出される資料の量を決定することを意図しています。REFに基づく資金提供の成果に関する決定は、このプロセスとは全く別のものです。リサーチ・イングランドは現在、戦略的な研究機関への研究助成に対するアプローチを見直し中である。

今回の修正は、英国の高等教育助成機関が、「将来の研究評価プログラム(Future Research Assessment Programme(FRAP))」の一環として、英国における全国的な研究評価の実施方法を見直すために、丸2年にわたる活動を行った後に実施されました。その中には、円卓会議や2回の文書による協議など、高等教育部門との幅広い協議や、多くの証拠報告書や分析の委託が含まれています。

また、「将来の研究評価委員会(Future Research Assessment Board)」は、国際諮問グループからも助言を求め、他国での研究評価の実施方法についての知見を得ました。これらは「FRAP 国際諮問グループ報告書」にまとめられている。資金提供団体は、報告書の提言を歓迎し、プログラムへの貴重な貢献に感謝を示しています。


世界的な変化
国際諮問グループ議長のピーター・グラックマン卿は「伝統的に英国は、研究評価において、追随者ではなくリーダーであった。従来のアウトプットに重きをおく評価アプローチの意図しない結果に対処するために、世界的に大きな変化が起きています。英国が世界的な研究努力の最前線であり続けたいのであれば、英国もインセンティブ制度を進んで進化させなければならない。」と述べています。

早期決定の公表
初期決定は「初期決定報告書」として公表され、評価と協議活動から浮かび上がった主要な変更要因に対応するものです。また、英国内のより広範な研究政策や動向、研究評価向上のための国際的な取り組みも考慮されています。

決定事項と協議事項は、REF2028 のハイレベルな設計に関連するものです。研究セクターは、今後数ヶ月の間に REF 2028 のさらなる発展や、2024年の基準設定段階における詳細なガイダンスやパネル基準に対して意見を述べる機会を持つことになります。


変革の瞬間
リサーチ・イングランドのエグゼクティブ・チェアであるデイム・ジェシカ・コーナー教授は、次のように述べました。

「国の研究評価を、『個人』に焦点を当てたものから、『研究機関や学問分野がいかに健全でダイナミックかつ包括的な研究環境に貢献するか』ということにシフトさせ、また、『発表された研究成果に焦点を当てたもの』から、『何が研究の卓越性を構成し、それをどのように実証できるか』という幅広い視点にシフトさせるという意味で、これは一世代に一度の変革の瞬間です。私は、REF2028 の初期フレームワークで示された野心に胸を躍らせており、REF2028 が提供する機会を実現するために、研究機関、学問分野、そして研究に貢献するすべての人々と協力していくことを楽しみにしています。」

関与の継続
ウェールズ高等教育財政審議会(Higher Education Funding Council for Wales)の最高責任者であるデイヴィッド・ブレーニー博士は「協力して、英国の高等教育セクターや国際的な専門家と協議した結果、初期決定REF2028を公表するところまでこぎつけたことを嬉しく思います。これは、英国の研究および高等教育セクターが、統合性の高い研究環境が、いかに人々や世界レベルの研究を支えることができるかを認識することを促すものです。私は、最終的な決定がなされるよう、各機関が引き続き協議に参加することを奨励します。」と述べています。

より広い視野
スコットランド財政評議会の最高責任者であるカレン・ワットは、次のように述べています。

「英国全土の大学における研究の評価は、研究がもたらす便益を理解する上でも、将来の資金調達の決定においても、極めて重要です。今日発表された決定は、2年にわたる検討と協議に基づくもので、あらゆる分野の研究を実施する活動や人材をより幅広くとらえることができるようになると同時に、国際的な慣行に沿った評価を行い、英国の研究に関して意思決定を行う人々にとって適切であり続けること、そして最も重要なことですが、研究を実施し支援するスタッフや大学にとって公正であり続けることを確認するものです。」

強固な仕組み
北アイルランド経済省のマーク・リー高等教育局長:

「優れた研究は知識経済の礎であり、REFは研究の質を評価する強固なメカニズムを提供します。REF2028では、より総合的な研究環境の評価に重点が移され、特に人材と文化に焦点が当てられていることを歓迎します。私たちは、この枠組みを発展させるために、パートナーとの協力を続けることを楽しみにしています。」

追加レポートとコンサルテーション
リサーチ・イングランドは「平等インパクト評価」も発表しています。この報告書は、REF2028において提案されている評価方法の平等への影響についての初期検討です。この評価は、REF2028のさらなる開発に反映されるでしょう。

「初期決定報告書」はREF2028のハイレベルな枠組みを設定するものであるが、さらなる協議や作業が必要な事項も数多くあります。これらのいくつかは、短期間の集中的な協議を通じて進められるが、その他の事項については、2024年前半に専門家パネルが任命された後に、専門家パネルとの協議が必要となるそうです。

高等教育機関、および研究の実施、質、資金提供、利用に関心を持つ団体・組織には、多くの特定分野について意見を提供するよう求めています。

参照
https://www.ukri.org/news/early-decisions-made-for-ref-2028/
posted by ヤス at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月30日

英国研究・イノベーション機構(UKRI)の研究費応募でよく聞かれること

「イギリスの英国研究・イノベーション機構(以下、UKRI)」に研究費を応募する際によく聞かれることがあります。ここではレスポンシブ・モードという種類の研究費について述べていきます。


セクション「ビジョン
質問:提案するプロジェクトで何を達成したいですか?

評価者が回答に求めるもの
提案されたプロジェクトのアウトプットは以下の4条件を満たす必要がある。

1 その領域内、あるいはその領域を超えて、優れたクオリティと重要性を有している。
2 現在の理解を前進させ、その領域内外で新たな知識、思考、発見を生み出す可能性がある。
3 現在のトレンド、状況、ニーズを踏まえたタイムリーなものである。
4 世界をリードする研究であり、社会、経済、環境に影響を与えるものであること。


セクション「アプローチ」
質問:提案した研究をどのように実施しますか?

評価者が回答に求めるもの
どのようにあなたのアプローチを設計したか。アプローチは以下の6条件を満たす必要がある。

1 目的を達成するために効果的かつ適切である。
2 実現可能であり、アウトプット提出に対するリスクとその進捗マネジメントを包括的に考えられている。
3 明確かつ透明性のある方法論を用いている(プロジェクトがこの条件に該当する場合)。
4 これまでの作業を要約し、これをどのように構築・進展させるかを説明している(プロジェクトがこの条件に該当する場合)。
5 アウトプット変換(研究で分かったことを現場の成果や影響に変換すること)を最大化する。
6 あなたのチームの研究環境(場所、立地、他プロジェク トとの関連性など)が、どのように研究の成功に貢献するかを説明している。


セクション「応募者とチームの能力」
質問:提案されたプロジェクトを成功させるために、あなたが個人またはチームとしてふさわしい理由は何ですか?

審査員が回答に求めるもの
あなた自身、そして、あなたのチームがどのような能力を持っているかを証明する。4条件。

1 提案されたプロジェクトを遂行するための適切な、キャリアステージにふさわしい経験。
2 提案されたプロジェクトをカバーするための適切なスキルと専門知識のバランス。
3 提案されたプロジェクトを遂行するための適切なリーダーシップとマネジメントスキル、および他者を育成するためのアプローチ。
4 前向きな研究環境およびより広いコミュニティの発展に貢献したこと。

このセクションの単語数は1500 語です(R4RI「研究・イノベーションのための履歴書」では 1000 語+500 語を必要であれば追加)。

「研究・イノベーションのための履歴書(R4RI)」の書式を使用し、あなた自身とあなたのチーム(研究責任者、研究者、その他のスタッフ、例えば研究用ソフトウェアエンジニア、データサイエンティストなど、およびパートナー)が持っている関連スキルの範囲と、それが提案された研究を実現するためにどのように役立つかをアピールしてください。個人の具体的な業績を含めることは可能ですが、本業務を遂行する能力を最も証明できる過去の貢献のみを選択してください。

このセクションは、以下の R4RI モジュールの見出しを使用して記入してください。R4RIに関するUKRIのガイダンスを参照してください。回答のバランスを考慮し、各メンバーが持っている重要なスキルを強調する必要があります:

・新しいアイデア、ツール、方法論、知識の創出への貢献
・他者の育成と効果的な職場関係の維持
・より広範な研究・イノベーションコミュニティへの貢献
・より広範な研究・イノベーションの利用者・聴衆への貢献、より広範な社会的利益への貢献

「追加事項」の欄には、申請書に関連するその他の詳細を記入してください。このセクションは任意であり、500語まで記入可能です。スキルや経験、成果を追加で記述するために使用するのではなく、R4RI の他の部分に関連する要素(例えば、キャリアを中断していたことを公表したい場合、その詳細など)を記述してください。

履歴書のような形式は避けてください。

セクション「リソースとコストの妥当性」
質問:提案されたプロジェクトを遂行するために何が必要で、どれくらいの費用がかかりますか?

評価者が回答に求めるもの
プロジェクトに必要と予想されるリソースを示す(テキストボックス記入)。

1 包括的で、適切で、正当性がある。
2 意図した成果を達成するために、リソースを最適に使用している。
3 潜在的な成果と影響を最大化する。

このセクションは、単に必要なリソースのリストであってはなりません。費用については、UKRIに求める費用だけでなく、プロジェクトの経済的費用(FEC)に基づいて算出する必要があります。項目によっては、金額ではなく、要求される時間やスタッフのタイプなど、リソースのタイプを明記します。

リソースについて十分な正当性が示されない場合、授与される資金から差し引くことがあります。


倫理と責任ある研究とイノベーション(RRI)
質問:プロジェクトに関して、倫理的または RRI (責任ある研究)的な影響や問題は何ですか? 提案された研究が倫理的またはRRIに関する問題を提起しないと考える場合は、その理由を説明してください。

評価者が回答に求めるもの
関連する倫理的またはRRIの考慮事項を特定し、評価したこと、およびそれらをどのように管理するかを示してください。


参照
https://www.ukri.org/apply-for-funding/improving-your-funding-experience/how-applicants-use-the-ukri-funding-service/responsive-mode-opportunities-funding-service-core-application-section-questions-and-assessment/core-section-questions-and-how-they-will-be-assessed/
posted by ヤス at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

在宅勤務の心理についてインタビューをしていただきました

たまには私の仕事のことも書こうと思います。

先日、CGNTヨーロッパというテレビ局の「アジェンダ」という番組で、在宅勤務の心理についてインタビューをしていただきました。彼らは私のこのテーマに関する論文と大学ブログを見たらしく、コンタクトを取ってくれました。視線を調整するためにパソコンのカメラの位置はどうあるべきか、音はどうかなど非常にプロフェッショナルでした。テレビ局の皆様の素晴らしい編集のおかげで、それっぽいことを言っているように映っています。企業と労働者のお役に立てばいいなと思います。以下、15:25から始まります。ご興味あればどうぞ!
posted by ヤス at 07:27| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

夢の中で他人の問題を推測できるか?

どうやら人は、知らない人の写真を見てその人が抱える問題について夢を見ようと計画すると、本当にそんな夢が見られるようです。

カナダのトレント大学の名誉教授であり著名な認知科学者、カーライル・スミス(Carlyle Smith)は長年に渡り記憶強化に夢が有効だという事を提唱してきた人です。彼が今回、上述したような、見知らぬ人の問題を推測する夢について実験をしました。

よく眠れてますか?質の悪い睡眠は深刻な症状に繋がります。ぐっすり眠ってスカッと目覚めたい人には休息ドリンク「北の大地の夢しずく」がオススメです。詳細はコチラ


実験1はパイロット研究で、実験的装置の発展や夢分析テクニックに特化したものでした。実験2では参加者66人(実験グループ)に対して誰も知らない(実験者のスミスも知らない)ターゲット人物の写真を見て、その人の個人的な問題について夢を見るように頼みました。実験説明では、この問題は健康面だったり、感情面、経済面だったり多岐に渡ると言い伝えます。制御グループには56人の参加者が集まり、彼らにはコンピュータで作った架空人物の写真を見せて、実験グループと比較します。

この写真は、スミスの友人の友人の写真で、実験前に撮られていて、この人の問題についても既に記録しておきました。この人は中年の女性で多発性硬化症(特に手)を煩い、痛み止めの薬を常時採っていました。また彼女は末期段階の肺がんを煩うお母さんの世話もしています。そしてこの人の夫は、仕事場での事故により、まずは手足を切断され、その後、亡くなりました。また彼女自身も重大な交通事故に遭った経験があります。

写真を見るだけでその人の問題を夢見る事ができるのか。スミスは参加者が眠る前と眠って起きた後の様子を調査し、それが正しく推測できているかを知るために以下のような正解カテゴリーを用意しました。参加者の回答が以下に当てはまれば、正しい推測をしているという事です。

胴体に関する事柄や問題
頭部に関する事柄や問題
手足に関する事柄や問題
呼吸に関する事柄や問題
その他の健康に関する問題
経済的な問題
社会的、結婚上の問題
車や運転に関する問題

そしてこのカテゴリーを基に参加者の回答を集めました。結果どうだったか?

眠る前と眠って起きた後の調査を調べると、参加者が上記のカテゴリーについて言及した割合は眠って起きた後の調査の方が圧倒的に大きかったのです。眠って起きた後の段階で最も言及されたカテゴリーは手足の問題、呼吸の問題、そして、車や運転に関する問題でした。

また架空人物の写真を見て同じ事をした制御グループの回答と比べると、制御グループには実験グループに見られるような、眠る前後の正解率の上下がなかったそうです。

実験グループの一人は「女性がいて、薬のフタを開けようとするが手が不自由だから開けられない。右手は動かなくてすごく痛そう。」といった回答をしていました。

このような夢の中でのテレパシー「ドリームテレパシー」が現実だとするとどのような論理が組めるでしょうか?スミスの考察では、過去の実験で2人の別人間において共通の脳波が機能磁気映像法で確認された事を挙げています。ドリームテレパシーと脳活動パターンは特に双子において強い関係性が見られたそうです。

人間の脳って本当に面白いですね。それにしても夢研究者、又はその助手って良い仕事だなと思います。仕事の大部分は寝る事でしょうからね(笑)僕も海外で生活するようになってから余計に睡眠には気を遣うようになりました。というのも、情報処理が外国語なので、そこで効率よく情報収集、発信するには、僕の感覚では脳パワーの70%くらいは最低限必要です。ですのでしっかりと質の高い眠りを取るようにしています。

よく眠れてますか?質の悪い睡眠は深刻な症状に繋がります。ぐっすり眠ってスカッと目覚めたい人には休息ドリンク「北の大地の夢しずく」がオススメです。詳細はコチラ



参照
"Can healthy, young adults uncover personal details of unknown target individuals in their dreams?”
posted by ヤス at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

男の賢さは顔で分かる

人の頭の良さを顔の見た目から判断できるでしょうか?チェコで行われた新たな研究では男性の顔から頭の良さを判断する事は科学的に可能だと紹介されています。

この研究の結果によると、賢そうに見える男性の顔とその男性の実際の知能には関係があり、しかし女性には同じ事は見られなかったそうです。研究者の考察では、これは女性が主に受ける判断は「魅力的かどうか」という事なので、この視点が「賢いかどうか」という判断を鈍らせるのでは、と述べています。

研究結果を見ると「賢そうな顔」には強い意見一致がありました。

「両性ともに、細顔、細顎、大きく長い鼻が知性の高い人だと思われやすく、丸く、幅広い顔で、顎が大きく、小さな鼻を持つ人は知性が低いと思われやすいという傾向がありました。」


この研究はチェコで行われたので、この結果は異なる文化では当てはまらないかもしれません。

その他、より魅力的に見える顔ほど、より賢く見えるという人も多々います。しかし現実社会で、魅力的な顔と知性に相関関係がないので、これはハロー効果によるものだと考えられています。

最後にこの研究で分かった事は、喜びの感情を表す顔の方がより賢く見え、怒りの感情を表す顔の方が賢くなく見えるという事。知能の高そうだと思わせる顔はスマイル感があり、知能の低そうだと思わせる顔は怒っている感があったそうです。信頼感においても、信頼できそうな顔はスマイル感があり、できなさそうな顔は怒っている感があったそうです。

外見って大事だと言われますが、こういった科学的結果があると更に納得です。以下、東京のデンタルエステサロンです。無料で40分のカウンセリングをしてくれるようです。
笑顔を印象づける歯のホワイトニング【ホワイトエッセンス】



参照
http://www.spring.org.uk/2014/04/the-facial-expression-that-makes-you-appear-smarter.php?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+PsychologyBlog+%28PsyBlog%29
posted by ヤス at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする