【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年05月12日

”Anger(怒り)”の語源は「悲しみ」「保護」

セラピーをする中で大事な感情の一つに「怒り」があります。これについて調べてみました。

英語では「怒り」は"Anger"と書きます。この"Anger"は古ノルド語で「悲しみ」を意味する”angr”から来ているそうです。

また怒りがもっと大きくなった「激怒」。これは"rage"と書きますが、これはラテン語の「怒り狂う」を意味する"rabere"から来ているそうです。

そして、漢字の「怒」はある婦人が「あの女が又、私の主人を誘惑して」と夫の浮気をかばいつつも、自分のプライドを保護することから来ているそうです。




語源に興味がある方は以下がオススメです;
英語語源辞典
学研 日本語「語源」辞典 for Win [ダウンロード]
学研 日本語「語源」辞典 for Mac [ダウンロード]


参照
http://tango.mage8.com/anger
http://tango.mage8.com/rage
http://blog.goo.ne.jp/oonokatu21/e/a754d246ab224e18f4960e434994db65
posted by ヤス at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

落胆を経験している勇気ある皆様へ

コーチングやカウンセリングをさせていただいていて思うのですが、私たちが経験する嫌な感情の一つに「落胆」というものがあります。口語では「へこむ」とか「落ち込む」といったように表現されます。

そして、多くの人は落胆している自分を弱い自分だとか、ダメな自分だと思い更に気持ちをネガティブにしてしまいます。

しかし、私は落胆を経験することができる人は勇気のある人だと思っています。

なぜならば、落胆とは何かを期待して、何かを夢見て、そして、それに対して何らかの行動をして、その結果、自分の望んだ結果とは異なる結果を得た時に生じる感情だからです。

ビジネスにしても、恋愛にしても、受験にしても、最初に何かを志す。そして、それに対して行動を取る。日々、努力を重ねる。そして、得た結果が、自分の望んだものと異なる。望んだ結果のことを思い焦がれ、落胆する。

例えば恋愛ならば、誰かを好きになる。そして、その人と結ばれるためにいろんなことを考える。その人の好みについて調べたり、その人のことをよく知ろうと努力する。そして、カジュアルなデートをする。あなたの中で、その人への愛着がどんどん高まり、その人と一緒になれたら、どうなるか、といったシナリオが頭の中でどんどん広がり、あなたはより幸福な気分を味わう。そして、思いを打ち明ける。

しかし、それがあなたの思いとは別のものだと知る。そして、落胆を経験する。落胆のために、仕事が手につかなかったり、寝れないかもしれないし、何も食べる気がしないかもしれません。自己嫌悪もするでしょう。いろんな「たられば」を考えるでしょう。

しかし、私がここで言いたいのは「あなたは自分がほしい結果のために何らかの行動を取った」ということです。この勇気は本当に尊いものだと思います。

これ、人生において本当に重要な資質じゃないでしょうか。短期的な目の前の目標達成よりも、もっともっと大事な資質だと思います。

自分がほしい結果を明確にし、それに向かって行動を取る。

だから、大きな喜びもあるし、大きな落胆もある。これが人生の「生きている感」を作るのではないでしょうか。

行動も何もしなければ喜びもないでしょうし、落胆もないでしょう。生きているという強い感覚もしないかもしれません。

落胆を経験しているあなたは勇気があったから、落胆を経験している。目の前の欲しい物は得られなかったかもしれませんが、人生でそれよりもっと大事な資質を鍛えたんだということは忘れないでください。

最近、へこんだときはこういった歌を聴いています。大好きな歌です。


posted by ヤス at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

世界幸福度マップ デンマーク、スイス、オーストリア

世界幸福度ランキングというものがあったのでご紹介したいと思います。

大きく2つあり、前回はイギリスNEFが出した「地球幸福度指標(Happy Planet Index [HPI])」を紹介しました。今日はもう一つのものを紹介します。

イギリス、レスター大学(University of Leicester)のエイドリアン・ホワイト(Adrian White)氏が発表した「世界幸福度マップ(The World Map of Happiness)」。これはユネスコ・世界保健機関(WHO)・米国中央情報局(CIA)などによる100以上の研究報告データを分析し、さらに世界中の8万人にアンケートを行い作成したものだそうです。

トップ10は以下のようになります。

1. デンマーク

2. スイス

3. オーストリア

4. アイスランド

5. バハマ

6. フィンランド

7. スウェーデン

8. ブータン

9. ブルネイ

10. カナダ

・・・

23. アメリカ

・・・

90. 日本


前回紹介したものと大きく変わりますが、日本のランクは90位代と非常に近いな、と感じました。

じゃあデンマークってどんな社会なのか?関連書はこちら;
消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし 角川SSC新書 (角川SSC新書)
格差と貧困のないデンマーク―世界一幸福な国の人づくり (PHP新書)
世界一幸福な国デンマークの暮らし方 (PHP新書)
デンマークの子育て・人育ち―「人が資源」の福祉社会
デンマークの光と影―福祉社会とネオリベラリズム


参照
http://www.shiojigyo.com/en/column/0609/main6.cfm
posted by ヤス at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

地球幸福度指数トップはバヌアツ、コロンビア、コスタリカ

世界幸福度ランキングというものがあったのでご紹介したいと思います。大きく2つあり、今日はそのうちの1つを。

イギリスのシンクタンクNEF(The New Economics Foundation)が発表した「地球幸福度指標(Happy Planet Index [HPI])」

この指標は、生活満足度(Life Satisfaction)、平均余命(Life Expectancy)、エコロジカルフットプリント*(ecological footprint)の3スコアから算出されているそうです。

地球幸福度指数のトップ10は、

1. バヌアツ

2. コロンビア

3. コスタリカ

4. ドミニカ

5. パナマ

6. キューバ

7. ホンジュラス

8. グアテマラ

9. エルサルバドル

10. セントビンセントおよびグレナディーン諸島

・・・

95. 日本

・・・

150. アメリカ


次の投稿では、もう一つの幸福度ランキングをご紹介したいと思います。

*エコロジカルフットプリントとは人間活動により消費される資源量を評価する手法のひとつで、人間1人が持続可能な生活を送るのに必要な土地面積のこと。

1位のバヌアツってどんな国?
C07 地球の歩き方 ニューカレドニア バヌアツ 2014
R11 地球の歩き方 リゾート 世界のダイビング完全ガイド (地球の歩き方リゾート)
ウィキペディア「バヌアツ」

参照
http://www.shiojigyo.com/en/column/0609/main6.cfm
posted by ヤス at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

オキシトシンは愛情の神経伝達物質

脳内のコミュニケーションを行っている物質を神経伝達物質(Neurotransmitter)と呼びます。

この中でも大事な4つの神経伝達物質をご紹介します。

1.オキシトシン(Oxytocin)・・・「愛情の神経伝達物質」と呼ばれ、赤ん坊と親の間に生まれる愛着感情を作ります。


2.ギャバ(GABA)・・・いわゆる「抑え役」をしてくれます。不安を鎮めたり、睡眠を促進する効果がある脳内物質だといわれています。


3.グルタミン酸(Glutamate)・・・興奮性の神経伝達物質です。


4.ドーパミン(Dopamine)・・・快感をうながす「報酬と強化」において大事な役割を果たす神経伝達物質です。




脳の仕組みに興味がある方はダルビッシュ投手も読んでいるこちらの本がオススメです。
図解入門 よくわかる最新「脳」の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)


この動画の12:13をご覧下さい。

その他、ダルビッシュ投手が読んでいる本は以下です。
図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)
図解入門 よくわかる病理学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)
図解入門 よくわかる栄養学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)
〈ゼロからのサイエンス〉よくわかる生化学

参照
Practical Handbook of Psychopharmacology: A Clinician's Guide
http://www.kyyemr.net/brainchemical.html
posted by ヤス at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする