【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2020年12月20日

同志と目標を共有することが進歩を妨げるケース

自分のゴールを他の人に伝たり、他の人のゴールを聞くことは、相互的な励ましを促し、有効だと言われています。しかし、最近のある研究で、特定の状況では、そうした行為が私たちを競争的にしてしまい、逆効果になることがあると報告されました。

似たような目標を持つ、能力的にも似た人たちが集まると、他人を競合とみなすようになり、彼らの努力を妨げたり、究極的には自分の努力も緩めようとする場合があるそうです。


今回の研究では6つの実験を行いました。最初に200人の参加者が「ワードクリエイティビティー」と言って、一連のアルファベットからできるだけたくさんの単語を考えつくゲームをします。そして参加者はパートナーがいると告げられ、彼らは少し参加者よりもうまくやっていると伝えられます。実際はパートナーはなく、架空の存在です。参加者は個人的な目標を与えられ、達成するとギフト券がもらえます。そして、参加者はパートナーの課題を難しくも易しくもできます。

たとえパートナーのパフォーマンスが自分のゴール達成とは無関係であっても、参加者はゴール達成に近づくにつれて、パートナーの課題を難しくしていきました。さらに参加者はその後、少し努力を緩めるようになりました。

その他の実験でも同じような傾向が見られました。自分のゴールに近づくにつれて、パートナーの課題を難しくし、自分の努力を緩める。この行為はパートナーが自分よりも少し先を行っている場合でも、少し後ろを行く場合でも見られました。しかし、最後に自分の努力を緩めた参加者は、パートナーの課題を難しくしたことが実際にパートナーの進歩を遅らせたと知った人たちだけでした。

つまり、パートナーを少し蹴落とすことができたら、参加者は少し気を抜く。気を抜くことは全く自分のゴール達成には役立たないにもかかわらず参加者はそのような行為を取りました。

この研究の大事なポイントは、私たちが同じような目標を持つ人と進歩を共有しながらすると競争的になってしまい、自分の目標達成から目が逸れて、他人との比較に焦点が向いてしまう。そして、他人の進歩が緩んだら、自分の進歩も緩めてしまう、ということです。


この結果はグループで何かをする際に、避けたい心理状況を報告すると同時に、自分の目標に対して自分がどれだけ進むかを常に念頭に置いておくことの大切さを教えてくれる研究だと言えます。

参照
https://digest.bps.org.uk/2019/02/26/how-competitiveness-leads-us-to-sabotage-other-peoples-personal-goals-at-the-expense-of-our-own/
posted by ヤス at 06:30| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

セラピストの共感能力がクライアントの相性の基本となる

どのようなトレーニングや経験を得ても、特定の性質がなければ本当に良いセラピストにはなれないと近年の論文で報告されました。心理療法において、クライアントの抱える悩みに対してセラピストが持つ共感は必須です。


そこでこの研究では、セラピストの性質的な共感を調べました。プロのセラピストを集めて、彼らの持つ共感について調査をしました。そこで次の4つの要素を調べました。

他人の視点を理解する度合い;
想像上の物語のキャラクターに共感する度合い;
苦しんでいる人への思いやりの度合い;
他人が苦しんでいるところを見ると自分がどれだけ影響されるかという度合い。


参加したセラピストの23%が、一般データの平均以下のスコアを出し、これはつまり、「自分に夢中かつ感情コントロールがそれほど上手ではない」ことを示します。この部類のセラピストは他人の立場を理解するのが上手ではなく、他人の悩みに共感する力がそれほどなく、同じ状況に対して自分の感じたネガティブ感情を投影している可能性を示唆します。

26%のセラピスとが平均以上のスコアを出し、つまり、高い共感度を示しました。この部類のセラピストは他人の感情に没頭でき、他人の感情を察する能力に長けています。

最も多いグループのセラピスト(38%)は、クライアントに対して、適当なレベルの感情移入と彼らの視点の理解度を持っていました。

第四のグループに入るセラピスト(13%)は、「合理的な共感」をし、つまり、クライアントの悩みに対して、感情同化することなく、合理的な理解をすると出ました。

今回の研究から、セラピストの共感度や柔軟性が、クライアントのニーズと「合う」かどうかは今後調べていくべき問いだと言えます。また共感性が発揮できないセラピストに対してどう教育していくかも課題となりそうです。

参照
https://medicalxpress.com/news/2019-03-qualities-good-psychotherapist.html
posted by ヤス at 22:46| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

うつ病の予防に社会的なつながりが最強

マサチューセッツ総合病院の研究者が成人のうつ病を防ぐ100以上の要素を調べました。その結果、社会的なつながりがうつ病予防として最も強い要素だとわかりました。従って、孤独を感じるような行動(例:テレビ鑑賞や昼寝)を減らすことが、うつ病のリスクを下げると報告しました。


うつ病は世界的に見ても、障害をもたらす大きな理由であるにも関わらず、これまでの研究ではうつ病から守る要素についてはあまり研究されてきませんでした。そこで今回の研究では2つの段階を経て、うつ病に対する保護要素を調べました。

最初の段階では10万人以上の患者データからうつ病に関わりそうな要素(例:社交的なやりとり、メディアの利用、睡眠パターン、食事、運動、自然との触れ合い)を洗い出しました。第二の段階では、最初の段階で強い関連性があるものを絞り、その中からうつ病と因果性のありそうなものを見つけ出します。

その結果、ずば抜けてうつ病から守ってくれると出た要素が、他人とどれだけ打ち解けた話をするのか、友人や家族をどれだけ頻繁に訪れるのかなどといった「社会的なつながり、一致感」でした。反対に、うつ病に影響しそうな要素としては、「テレビ鑑賞の時間」だと出ましたが、これはメディアの影響なのか、それともテレビ鑑賞に伴う独りでいることが影響しているのか調べる必要があります。


非常にシンプルなことですが、効果は莫大ですね。非常に有意義な研究だと思います。

参照
https://medicalxpress.com/news/2020-08-social-strongest-factor-depression.html
posted by ヤス at 05:12| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

心理的安全度が生産性と強く関係する

グーグルのチーム生産性に貢献しているものは何か?これについてグーグルの人事部(People Operations)が調査をしました。

200以上の社員とのインタビューをし、180以上のチームの250以上の要素を調べ上げました。分析前は、スタープレヤーがいるチームの生産性が高いのだろうと仮説を立てていましたが、実際は、「誰がチームにいるか」は生産性とあまり関係なく、それよりも「チーム間でどのようにコミュニケーションが取られているか」「仕事の構造」「自分の貢献をどのように見ているか」といった要素が、生産性と強く関係していました。

そして、生産性の高いチームとそうでないチームを分けるの5つの要素があることを知りました。


心理的安全度:何かにチャレンジする時に不安になったり、恥ずかしいと感じずにできるか。

依存可能度:時間内に高品質の仕事ができるとチームメートそれぞれを信頼できるか。

構造と明確さ:ゴール、ルール、実行計画は明確か?

仕事の意義:メンバーそれぞれにとって個人的に大事なことに取り組んでいるか。

仕事のインパクト:自分の仕事が大事だと根本的に思っているか。



もしこれら5問への答えがYESであれば、生産性の高いチームだと予測できるそうです。


そしてこれらの5要素をさらに見ていくと、心理的安全度が群を抜いて大事であるとわかりました。心理的安全度が、他の4要素の土台となっている。何かに安心してチャレンジできること。非常にシンプルです。

しかし実際には、何かにチャレンジしようとすると、それによって自分の無能さなどが出てしまわないかと抵抗はあります。そうした感情は職場ではよく見られますが、より生産性の高いチームを作るためには無くしたいものです。チームメンバーがそれぞれに対して安全を感じられるほど、彼らは自分のミスを認め、新たな役割も引き受けやすくなります。その他、安全度が高いほど、グーグルを離職する度合いが低かったり、多様性のあるアイデアを採用したり、より会社に利益をもたらし、役員から2倍頻繁にできる社員だと思われることがわかりました。

その後、グーグルのチームは「gTeams exercise」という10分間脈拍を計測するツールを作りました。このツールを年間で300のチーム、3000人の社員が利用し、新たなことにチャンレンジしたチームは、心理安全度が6%、構造と明確さが10%向上しました。参加したチームのメンバーたちは、生産性について話をさせるツールであり、そのような機会は過去になくて、実際にやってみると、非常に良いことだったと述べています。

心理的安全度を高める策を色々と試す必要がありそうです。


参照
https://rework.withgoogle.com/blog/five-keys-to-a-successful-google-team/
posted by ヤス at 06:58| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

メンタルヘルスの問題はコロナ後も続く

新型コロナウイルスの影響で、カナダでは国民の多くに、心の問題が出ていると報告されています。うつや不安などが増える一方で、必要なサービスにアクセスできず、それによって、アルコールや薬物使用が増えています。

カナダ政府が4月に実施した1800人を対象にした調査では、新型コロナウイルスがメンタルヘルスに与える影響が調べられました。結果は驚くものでした。

不安やうつは増え、特にケベック、オンタリオ、そして、アトランティック・カナダといった地域で大きく増えていました。不安においては、件数が4倍となっていました。コロナの前から不安があった人たちも、さらに強い不安を抱えるようになっていました。

また自粛生活がこの後も数ヶ月続くとなると、どう感じるかを尋ねると、うつ病は更に悪化するという回答が多く見られましえた。

その他、カナダ人がロックダウンについて特に恐れるものは経済面への影響で、家族の誰かが職を無くしたり、自分自身の労働時間や収入の軽減が挙げらました。コロナの影響で解雇された人の半数以上が、それによってメンタルヘルスに悪影響を受けたと述べていました。

その他、要点をまとめると;

多くの人が、自分よりも、家族の誰かが感染しないかを心配している。
5人に2人が自粛生活によってネガティブな影響を受けている。
3分の1の人が、アルコール摂取量が増えた。
18歳以下の子供と住む家庭の41%が、子供が家にいて会話が増えることでポジティブな影響があると答える一方で、36%が何らかのいざこざがあった。
18歳以下の子供と住む家庭の36%でアルコール摂取量が、25%で違法薬物の摂取量が増えた(子供のいない家庭では25%と13%)。
都会に住む人は、田舎に住む人と比べて、企業からメンタルヘルスについてサポートされていると感じている。
不安症と診断された人の43%が、コロナ発症してからメンタルヘルスサービスへのアクセスが減ったと答え、36%が受けるサービスの質が下がったと答えた。うつ病に関しても同じような数字が見られた。


これらの数字は今後更に悪くなると考えられます。それは一般国民もそうですし、医療施設で働く人もそうです。


また特に、コロナ前からケアを必要としていた人たちは、現在、必要なケアを受けられなかったりしています。よりアクセスのしやすいメンタルヘルスのケアが必要です。

参照
https://medicalxpress.com/news/2020-05-post-pandemic-mental-health.html
posted by ヤス at 06:27| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする