【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年11月29日

チンパンジー、母親に教わった方法をずっと続ける

ハーバードの知人が新たな研究を発表したので、紹介したいと思います。


母親から物事を学ぶのは、どうも人間だけではないようです。ハーバード大学の生物人類学者は、チンパンジーは身繕いのスタイルを母親から学ぶことを発見しました。一度、学ぶと母親が死んだ後もずっとそのスタイルで身繕いをするそうです。

「高腕式身繕い」といって片腕を上げて、もう片方の腕や手を組みながら、身繕いをするスタイルを覚えたチンパンジーは、身繕いをする時はそのスタイルでずっと身繕いをしていたそうです。1回の身繕いは大体45秒間、これを1日に大体10回ほどします。

身繕いはどのチンパンジーもしますが、高腕式はそうではありません。アフリカでこのスタイルをするチンパンジーのグループは8つ見つかりました。しかし他の3つのグループでは見られませんでした。なぜ8つのグループは高腕式をするのか、そのメリットは何かは明らかにされていません。

そこで研究者は高腕式の時に、空いた手で腕を組む方法に目を向けました。メスが新たなグループに入ったら、彼女はそのグループのチンパンジーがしている方法を見て、その通りにして、その方法をずっと続けるのだろうか?

この過去に稀に見ない詳細な調査をすると、過去の仮説が間違っていたことがわかりました。かつて身繕いの際の空いた手の組み方は周りに何かのサインを送っているのではと考えられていました。その他には、組んでいる相手に対して何かメッセージを送っているのではとも考えられていました。

しかし、今回わかったのは、空いている手の動きは、友情を表すものでもなく、年や性別と関係する訳でもなく、そのグループにどれだけの時間属しているのかとも関係がなかったそうです。そして、研究者たちが唯一見つけられた関係性は、母親の教えた方法でした。

つまり人間のように、チンパンジーも母親から多くの行動を学んでいたのです。どの食物を食べるのか、どの道具を使うのか。そして、どのように高腕式身繕いをするのか。チンパンジーは12歳くらいになるまでは、母親とだけ身繕いをします。また母親の死後もチンパンジーはその方法で身繕いをし続けます。

母親の影響以外に関連性はないかと調べられていますが、今の所、これ以外には強い関係性は見当たらないそうです。

研究者たちは、次は、腕を組むタイプのチンパンジーと手を組むタイプのチンパンジーが、相手になったら、どのようにどちらにするかを決めるのか、見ようとしているそうです。


参照
https://www.sciencedaily.com/releases/2016/11/161121174920.htm
posted by ヤス at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

調査説明:日本人大学生に対するNLPディズニーストラテジーのキャリアへの効果調査

調査者 ダービー大学 小寺康博

日本人大学生に対するNLPリフレームのキャリアへの効果調査へのご協力、誠にありがとうございます。この調査では、日本の大学生のキャリアにおいてリフレームがどのような効果を持つのか、その効果性を調べようと思っています。

そのために、
「職探しへの自己効力感尺度(全20問)」
「就職活動の強度と明確さ尺度(全14問)」
「積極的な性格尺度(全10問)」
「ロゼンバーグ自尊心尺度(全10問)」
「うつ、不安、ストレス尺度(全21問)」
「ポジティブ・ネガティブ感情評価(全20問)」
「ブリーフ・レジリエンス尺度(全6問)」
「一般自己効力感尺度(全10問)」

以上8つのアンケートに答えていただきます(所要時間およそ20分)。

リフレームを導入する前後とフォローアップ(計3回)にこれらのアンケートにお答え頂き、その変化を計測します。

参加条件

・18歳以上である
・日本人であり、日本の大学の学生である
・NLPリフレームについて学ぶ予定がある


もし途中でやめたくなったら

この調査への参加は任意であり、参加しなければならないという義務はありません。また、アンケートの途中で、ブラウザを閉じて、参加を取りやめることもできます。また、調査者に連絡をして、参加を取りやめることも可能です。回答後にキャンセルとしたい場合は、回答後2週間の内に調査者にメールにてその旨をお伝えください。その際には、記入者名をメールに記載してください。


回答した情報はどう使われるか

この調査の間、いただいた回答は、安全なオンラインデータ管理サービス、Qualtricsに保存されます。全ての回答を収集したら、そのデータはQualtricsからダウンロードされ、Qualtricsから削除されます。この調査の結果は学会や学会誌で発表、出版されます。全ての情報は匿名化され、個人が特定されることはありません。

参加していただける方は、こちらから同意書と基本情報入力にお進みください。

この調査に関して質問があれば、調査者までご連絡ください。

小寺康博
電話:+44(0)1332 592670
Eメール:y.kotera@derby.ac.uk
University of Derby, Online Learning
Enterprise Centre, 37 Bridge St, Derby DE1 3LA, UK


メンタルヘルスのサポート情報
心の耳(http://kokoro.mhlw.go.jp
全国保健所長会(http://www.phcd.jp
全国精神保健福祉センター(http://www.zmhwc.jp
posted by ヤス at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

時差ボケ対処は睡眠でなく食事時間に影響される

時差ボケは特に飛行に携わる仕事の人には困った問題です。睡眠のパターンを変えることで多少対処はできますが、体内時計をリセットすることはできないようです。イギリス、サリー大学の研究者が睡眠ではなく、食事のパターンを変える方が良い影響があると発表しました。


時差ボケとは、飛行によって異なる場所に行った際に、明暗の変化に調整する結果起こる症状です。人間の体内時計はいつ目を覚ましていつ寝るのかを指示します。新たな場所に行くことでこのリズムが壊れるため、時差ボケが起きます。時差ボケの症状は睡眠リズムの崩壊だけではなく、倦怠感、集中難、平衡バランスの欠如、イライラしやすくなる、食欲の減少などがあります。

時差ボケによりよく対処するために薬によるケアや、光を使ったセラピーで擬似的に太陽を浴びていると体に感じさせようとする方法などがあります。光を使ったセラピーと運動で、効果があると報告されています。カフェインも日中の眠気を抑えることで知られています。


寝室を静かに暗くしたり、寝る4時間前にはカフェインを摂らないといったことも有効ですが、体内時計の調整には効果はありません。

体内時計を自分が生活する地の時間に調整をすることは飛行に携わる人たちの健康に必須です。そこで食事が近年、注目を集めています。もちろん、移動先の時間に合わせることで、現地の観光をより楽しむ事ができますが、健康のことを考えると生活地の時間に合わせることの方が大事だと言えます。


研究者は過去に断食を試したり、飛行前にプロテインや炭水化物を摂取しての効果を試しました。また、三食の時間を遅らせる事が体内時計にどうした影響があるかも調べました。こうした実験が、食事の時間が、代謝反応に影響し、健康に影響するのではというヒントになりました。

食事のリズムを崩すことは、体内時計を狂わせ、時差ボケを悪化させると報告されています。研究では、的確な時間に食事を摂ることが体内時計の乱れを減少させることがわかりました。


今回のサリー大学の実験では、規則正しい時間に食事を摂ることが、飛行スタッフの休日において、時差ボケの症状を減少させることができるかを見てみました。実験での仮説は、飛行する前日に規則正しく食事を撮り、帰国して2日間の休日のうちに時差ボケの症状が減少し、頭の冴え度合いが向上するだろうというものです。

この実験の中心者、ルシットさんは大学の学部生から大学院生になる間、ずっと客室乗務員として働きながら、パートタイムで学位を取得してきました。彼女と彼女の同僚らが60人の実験参加者を募りました。半分が飛行前日に規則正しい時間に食事を摂るグループ。残りの半分が時間を不規則に食べるグループ。


参加者の多くが女性、平均年齢41歳、長時間飛行の業務を平均で15年間、パートタイムでしている飛行スタッフでした。多くの人が長期飛行の後には3日間の休暇がありました。

結果を見ると、全参加者が時差ボケの症状を感じたのですが、規則正しい時間に食事を摂ったグループは時差ボケの症状が、休日2日間、低かったのです。そしてこのグループの人の方が頭の冴え具合も高かったのです。

つまり、規則正しく食事を摂ることが体内時計の安定につながると言えます。僕も今度長期飛行をするときは、食事の時間に注意を向けてみようと思います。


参照
http://www.medicalnewstoday.com/articles/313358.php
posted by ヤス at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

調査説明:日本人大学生に対するNLPリフレームのキャリアへの効果調査

調査者 ダービー大学 小寺康博

日本人大学生に対するNLPリフレームのキャリアへの効果調査へのご協力、誠にありがとうございます。この調査では、日本の大学生のキャリアにおいてリフレームがどのような効果を持つのか、その効果性を調べようと思っています。

そのために、
「職探しへの自己効力感尺度(全20問)」
「就職活動の強度と明確さ尺度(全14問)」
「積極的な性格尺度(全10問)」
「ロゼンバーグ自尊心尺度(全10問)」
「うつ、不安、ストレス尺度(全21問)」
「ポジティブ・ネガティブ感情評価(全20問)」
「ブリーフ・レジリエンス尺度(全6問)」
「一般自己効力感尺度(全10問)」

以上8つのアンケートに答えていただきます(所要時間およそ20分)。

リフレームを導入する前後とフォローアップ(計3回)にこれらのアンケートにお答え頂き、その変化を計測します。

調査参加のための同意書、基本情報入力はこちら


参加条件

・18歳以上である
・日本人であり、日本の大学の学生である
・NLPリフレームについて学ぶ予定がある


もし途中でやめたくなったら

この調査への参加は任意であり、参加しなければならないという義務はありません。また、アンケートの途中で、ブラウザを閉じて、参加を取りやめることもできます。また、調査者に連絡をして、参加を取りやめることも可能です。回答後にキャンセルとしたい場合は、回答後2週間の内に調査者にメールにてその旨をお伝えください。その際には、記入者名をメールに記載してください。


回答した情報はどう使われるか

この調査の間、いただいた回答は、安全なオンラインデータ管理サービス、Qualtricsに保存されます。全ての回答を収集したら、そのデータはQualtricsからダウンロードされ、Qualtricsから削除されます。この調査の結果は学会や学会誌で発表、出版されます。全ての情報は匿名化され、個人が特定されることはありません。

参加していただける方は、こちらから同意書と基本情報入力にお進みください。

この調査に関して質問があれば、調査者までご連絡ください。

小寺康博
電話:+44(0)1332 592670
Eメール:y.kotera@derby.ac.uk
University of Derby, Online Learning
Enterprise Centre, 37 Bridge St, Derby DE1 3LA, UK


メンタルヘルスのサポート情報
心の耳(http://kokoro.mhlw.go.jp
全国保健所長会(http://www.phcd.jp
全国精神保健福祉センター(http://www.zmhwc.jp
posted by ヤス at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

迅速エビデンス評価法(Rapid Evidence Assessment, REA)

近年、エビデンスに基づいた実践をすることが勧められています。これは例えば、国の政治なども同じで、政策を立案する時に、入手可能なリサーチエビデンスを使うことが極めて重要です。このプロセスの最初の1歩は、既知(既にわかっていること)を確認することです。既存のエビデンスは、問題となっている事柄についての既知を確定する上で非常に大事です。

しかし、「知識経済」と言われる現代社会には、非常に多くの情報があり、その情報の質もバラバラです。情報化社会で非常に多くの情報が行き交う現代において、常に新たな文献に触れることは不可能だと言えます。

こうした多くの研究をまとめ、解釈する方法として、知識マネジメント方法、「レビューイング」があります。レビューイングは新しいものではなく、100年近くに渡って実践されてきました。しかし、大きく発展をとげたのはここ30年だと言えます。


レビューイングには時間がかかりますが、いくつかのテクニックを使う事ができます。中でもここで紹介するのが「Rapid Evidence Assessment(迅速エビデンス評価法、REA)」です。

REAは既存のリサーチを素早く見通し、それらのエビデンスが何を意味するのかをまとめ、それらのエビデンスをクリティカルに分析します。2〜6ヶ月のタイムスパンで使われます。

REAは既知について、システムレビュー方法を使って、既存の研究を分析することで、バランスの良い評価をします。もちろん徹底した評価を目指しますが、レビューの過程で譲歩することもあります。


どのように迅速なのか?

システマチックなレビューとは異なり、REAのプロセスでは迅速さを高めるために幾つかの制限があります。まず、研究質問は広いものは適しません。広い質問だと検証も浅くなります。また、記事を探すときも比較的、浅めの探索が良いでしょう。仮に多くの記事を見つけた時は、それらの記事をまとめたものを使うと良いでしょう。

記事を見つけ後のスクリーニングですが、REAでは学術的ではない記事を使うことも可能ですが、システマチック・レビューほど重点的にはしません。ネット上で入手可能なものだけを使う手もありますが、バイアスを増やす可能性があるのであまりお勧めはできません。

集められたエビデンスも最初の段階ではそれほど広範囲にわたるものはないのが通常です。


REAは以下のような状況で使われます。

ある政策やサービスの効果性が不確かであり、それに関する過去のリサーチがある時。

政策に関する決断が数ヶ月で必要であり、関係者がその期間内に得られるエビデンスで決断を下したい時。

政策開発の段階で、特定の介入がもたらす結果のエビデンスが必要な時。

その分野において多くの研究がなされているが、問題が解決されていない時。

将来のリサーチのニーズを定めたい時。

特定の時間に迫られた政策に関する懸念項目に応える必要がある時。



REAの弱点はバイアスが生まれることです。もちろんシステム的レビューでもバイアスは出るのですが、そのプロセスと時間に限界があるREAではより強いバイアスが生まれる可能性があります。例えば、REAでは出版された学術記事のみを集めるので、それ以外の情報を集められなくなります。従って、そういったバイアスよりも、より早くエビデンスを固める必要がある時に、REAが良いと言えます。


またREAでは時間に制限があるので、発見が結論付かなかった場合、元に戻って、質問や実験参加条件を改めるのに時間がない、という事もあがります。

参照
http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20140305122816/http:/www.civilservice.gov.uk/networks/gsr/resources-and-guidance/rapid-evidence-assessment/what-is
posted by ヤス at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする