2023年11月04日

思いやりのパラドックス:個人にはわくが集団にはわきにくい

思いやりの気持ちは、集団に対してよりも、個人に対しての方がより出てくるのでしょうか。その原因として、@大きな数字を把握するのが難しい、あるいは大勢の苦しみを想像するのが難しいといった「認知バイアス」、A大規模災害の規模に圧倒されることによる「モチベーションの低下」があるのではないか。したがって、集団の苦しみの中で個々の被災者を識別できるようにすることが、集団への思いやりを低下させない策になるのではないか。エバ・クロコウ氏が提唱しています。


私たちの生活の中で、特に祝日や人生の節目には、寄付や寄贈といったことがなされます。米国で慈善事業に寄付される金額は、年間およそ5,000億ドルと推定されています。これは、カリフォルニア高速鉄道5本分、あるいはサウジアラビアで開発中の巨大プロジェクト「NEOM」の建設費に匹敵します。

こうした利他の行動は、思いやりの心からくるものです。人は恵まれない人々の立場に立ち、彼らの悲しみを想像することができます。

思いやりが薄れるパラドックス
思いやりは、助け合いや慈善の行為を鼓舞することによって社会に利益をもたらします。しかし、思いやりの程度が実際のニーズや苦難の規模と一致することは珍しい。特により大きな集団、地域社会、あるいは国家全体の苦しみを合わせたものよりも、個々の被災者の苦しみにより深く心を動かされるようです。

マザー・テレサの有名な言葉があります。

「大衆を見ても私は行動しない 個人を見たときに私は行動する.」

これは "Compassion Fade(大まかにいうと「思いやりの薄れ」)"と呼ばれる現象を要約したものです。例えば、2015年に行われた子供のハーバード大学訪問を支援するクラウドファンディング・キャンペーンでは、120万ドルという驚異的な寄付が集まった。それに比べ、同じような時期に西アフリカで起きたエボラ出血熱の健康危機に対する個人の寄付は10万ドルに過ぎなかった。なぜ私たちが感じる思いやりの量は、苦しみの総量や困っている人々の数とは不釣り合いなのでしょうか?

思いやりの薄れの理由
思いやりの薄れのパラドックスは、2つの異なるアプローチによって説明され得ます。

1. 認知バイアス

人々の感情的反応や同情的反応が、さまざまな認知バイアスや思考の限界によってどのように影響されるか。そのような限界のひとつが、私たちの計算能力に関するものです。

多くの人は大きな数字を理解するのに苦労します。10人、50人、100人の集団をイメージすることは可能ですが、それ以上の人数の集団を把握する(規模を感じて腑に落ちて理解する)のはますます難しくなります。その結果、大規模な人間の苦しみに関する抽象的な統計は、処理、理解、共感するのが難しくなります。

もうひとつのバイアスは、「特定可能な(顔のわかる)被害者効果」です。これは、一般的で広範な不幸に関するニュースよりも、個人的で特定可能な犠牲者に関する情報の方が、より鮮明な心象を呼び起こすというものです。詳細な心的イメージは、問題の被害者に感情移入しやすくし、彼らの立場に立ち、彼らの苦しみに共感しやすくします。その結果、思いやりの念は、群衆とは対照的に、個人に対してより大きくなります。

2. モチベーションの低下

人が自分の選択のコストとベネフィットをどのように天秤にかけ、それが他者を助ける動機に影響を与えるか。例えば、一人の被災者を助ける方が、何百人、何千人、あるいは何百万人もの被災者を助けるよりも達成可能であると感じるかもしれません。災害の規模があまりに大きいと、潜在的な援助者を圧倒し、援助行動が無益であると認識されて抑止される場合もあります。

さらに、大規模な援助キャンペーンに少額の寄付をすることで、人々は自分の個人的な寄付が大した違いをもたらさないように感じるかもしれません(例:100万ドル規模の援助キャンペーンの中で5ドル寄付して意味があるのか?と感じる)。

実際、このような文脈での寄付は、インパクトや重要性が低いと認識され、感情的な報酬も低いと感じられます。その結果、思いやりのある寄付に対するモチベーションは、小規模な災害の場合よりも低くなることが多いです。


ではどうしたらいいか?
人間の思いやりや、それに関連した助け合いや利他的な行動は、称賛されるべきものです。しかし、思いやりの薄れというパラドックスは、最悪の苦難にある人たちが比較的少ない援助しか受けられないことを意味します。助け合いの恩恵がより均等に分配され、最も必要としている人々に届くようにするにはどうすればいいか?

大衆への思いやりを高めるための重要な戦略の一つとして、複雑な統計を避けることが挙げられます。その代わりに、犠牲者個人を紹介する。個人的なストーリーを語ることで、大衆の苦しみはより身近なものになり、それによって想像しやすくなります。また、一個人の体験が被害者グループ全体を代表しているとは考えにくいですが、思いやりのある対応に必要なきっかけを与えてくれるかもしれません。

参照
https://www.psychologytoday.com/intl/blog/stretching-theory/202311/the-paradox-of-compassion
posted by ヤス at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月11日

現実主義的統合(Realist Synthesis)とは?

現実主義的統合とは、現実世界、特に複雑な状況において、物事がどのように、そしてなぜ機能するのかを理解するために用いられる研究アプローチです。あるプログラムや政策、介入が成功したり失敗したりする理由を考える時などに使われます。この複雑そうなアプローチですが、簡単にいうと以下の5つのステップを経ます。

1 問題またはプログラムの特定
まず、研究したいテーマやプログラムを選ぶ。ヘルスケア・プログラムから社会政策まで、何でも構いません。

2 エビデンスの収集
調査、報告書、インタビューなどさまざまな情報源から情報を集め、プログラムや介入の成果について学びます。

3 パターンの発見
「これはうまくいく」「これはうまくいかない」というだけでなく、現実主義的総合はパターンを見つけ、その背後にある理由を理解しようとします。プログラムのどの部分が、ある人にとっては成功し、他の人にとっては成功しなかったのか、などを考えます。

4 理論構築
発見したパターンに基づいて、なぜそのようなことが起こるのか、理論や説明を作成する。ここでできた理論は、今後同じような状況で何がより効果的かを理解するのに役立ちます。

5 テストと改良
これらの理論が正しいかどうか、あるいは調整が必要かどうかを確認するために、他の環境でテストします。これによって理解が深まり、プログラムや政策の立案においてより良い判断ができるようになります。

つまり現実主義的統合とは、現実世界の状況を「どのように」「なぜ」に焦点をあて、深く掘り下げ、より良く機能させる方法を学ぶ方法です。物事の本質を理解するための探偵のようなものです。


現実主義的評価フレームワーク(Realist Evaluation Framework)
現実主義的統合のための確立された枠組みとして「現実主義的評価フレームワーク」がある。このフレームワークは、研究者や評価者が、プログラム、政策、介入の成果に寄与する根本的なメカニズムや状況を理解するために、体系的に現実主義的アプローチを実施するのに役立ちます。

1  プログラム理論の明確化
研究しているプログラムや介入を明確に定義することから始めましょう。その意図する成果は何か、どのように機能することになっているのか。このステップは、プログラムの論理を明確に理解するのに役立ちます。

2 状況・メカニズム・成果(Context, Mechanism, Outcome, CMO)を特定
現実主義的総合は、特定のメカニズム(物事がどのように機能するか)が特定の状況(物事がいつ、どこで起こるか)において引き起こされ、結果(成果)を生み出すという考えを中心に展開されます。利用可能なエビデンスやデータから、これらのCMO構成を特定していきます。

3 エビデンスの発見
定性的・定量的データ、調査研究、報告書、専門家の意見など、幅広い証拠を収集します。これらの証拠は、CMOの構成を明らかにするのに役立つはずです。

4 初期理論の構築
エビデンスと特定されたCMOの構成に基づき、プログラムや介入がさまざまな状況でどのように機能し、さまざまな成果を生み出すかについて、初期の理論を構築します。

5 理論のテストと改良
構築された初期理論は、追加的なエビデンスや他の情報源からのデータに対して矛盾しないかどうかテストされるべきです。このテストは、理論を洗練させ、より強固なものにするのに役立ちます。

6 発見の統合
最後に、すべてのエビデンスと理論を統合し、プログラムがさまざまな状況でどのように作用し、なぜ特定の結果をもたらすのかについて包括的に理解します。

現実主義的評価の枠組みは反復的であり、新しい証拠が入手可能になるにつれて、継続的に理論を洗練し、検証することの重要性を強調しています。様々な調査や評価の文脈に適応できる柔軟なアプローチであり、現実の環境における複雑な介入やプログラムを理解するための貴重なツールとなります。

posted by ヤス at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月09日

現実主義評価(Realist Evaluation)とは?

現実主義評価(Realist Evaluation 以下、RE)の主要な概念とプロセスを簡単に紹介します。REという言葉はポーソンとティレイの著者で初めて使われました。

REは、「ある介入が、どこでも、誰にでも作用するわけではない」という仮定に基づいています。したがって、

「誰にとって、どのような状況で、何が、どのように有効か」を考えます。

特に大事な焦点として、

因果関係 (何かを引き起こす行為)と帰属(何かを帰属させる行為)があります。


基礎となる考え方
REは、現実主義(社会世界を現実とみなす哲学的視点)に基づいています。したがって、文化、階級、経済システムなど、観察不可能な実体やプロセスが、治療の成功に現実的な影響を及ぼす可能性を考えます。家族、学校、経済システムなどの社会システムには、人、資源、情報の流れというダイナミックな動きがあります。これらの社会システムは相互に影響し合うため、現実には必ずしも境界が存在しなくても、評価のためにシステムの境界を定義する必要があります。これらは他の社会システムと相互作用する可能性があるため、因果関係は単純な直線的プロセスでは描けないことが多いです。

どのような場合にREを用いるのが適切か?
REは、地域社会に根ざした公衆衛生プログラムなど、幅広い学習の可能性があるものなど「複雑な介入」を評価するのに適している。しかし、混合的な結果をもたらす治療を評価する際に「どのように、なぜ、どこで、どのように」治療が機能するのかがすでに理解されている場合、治療が単純で、万能なものである場合、介入による正味の効果だけが注目される場合などには適さない。


参照
https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1004663/Brief_introduction_to_realist_evaluation.pdf
posted by ヤス at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

異文化適応力とは(CQ=Cultural Intelligence Quotient)

今日の職場はかつてないほど多文化化しており、さまざまな背景を持つ人々と働くことが普通になっています。これによって多くの新しい機会が生まれましたが、同時にいくつかの課題も生じています。

文化の違いは、国籍や民族、信条の違いだけではありません。私たちの多くは多世代組織、つまり自分たちとはまったく異なる文化的前提や態度を持つ年下や年上の同僚が混在する組織で働きます。また、組織という大きな括りでなくても、例えば、部署やチーム間で文化的衝突が生じることもあります。


こうしたことから、私たちは多様な文化を理解し、その中で活動することに長けている必要があります。そこで登場するのが、異文化適応力(以下、CQ)です。

クリストファー・アーリー教授とスン・アン教授は、2003年に出版した著書で「CQ」という概念を紹介しました。両教授は、CQとは新しい文化環境に適応する能力だと定義しました。CQが高い人は、あらゆる文化に精通しているわけではなく、その代わり、新しい環境に自信を持って入り込み、観察と証拠に基づいて判断を下すスキルを持っている人です。このような人々は、馴染みのない行動や曖昧な行動を理解することに長けています。特定のグループ間で共有されている影響を認識しているため、特定の文化の影響を理解することができます。しかし、文化の影響は複雑で相互に関連していることも知っています。そして、文化が重要である一方で、ビジネス上の役割や個人の性格などの要因も、行動に強力な影響を与える可能性があることも認識しています。

例えば、あなたがイタリア人の株式ブローカーとミーティングをするとします。この人はイタリア人だから、株式ブローカーだから、あるいはイタリア人株式ブローカーだから、特定の行動をとるのでしょうか?それともミレニアル世代だからなのか、内向的だからなのか。これらすべての要素が組み合わさっている可能性が高いので、ひとつの側面に基づいて決めつけたり一般化したりするのは、正しいとは言えません。

CQの3つの要素
ハーバード・ビジネス・レビュー誌の論文では、CQを構成する3つの重要な要素を特定し、それを「頭」「体」「心」と名付けました。

頭とは、優れたCQが必要であるという知識と理解。この多くは観察と研究からもたらされます。しかし、新しい情報を収集するための戦略も必要であり、その戦略を用いて文化の共有理解を認識する能力も必要です。そうすることで、意思決定やコミュニケーションを適応させることができます。

身体とは、文化的情報を目に見える行動に変換すること。これは通常、あなたのCQが他者から見られる最も明確な方法です。身振り手振り、ボディランゲージ、そして文化的に重要な仕事を遂行する方法でそれを示すことができます。

心に関しては、高いCQを持つためには、自分に自信があり、正直な間違いを恐れず、新しい文化的状況に取り組むことが必要です。

CQの高い人は、これら3つの要素すべてを使って自分の行動を監視し、コントロールします。反射的に判断したり、固定観念にとらわれたりすることなく、どのような文化的環境でも何が起こっているかを解釈し、それに応じて自分の行動を調整することができるのです。

利点
CQを身につける利点は何でしょうか?

まず自分とは異なる人々と効果的に仕事をするのに役立ちます。海外で働く場合でも、国内で多様な文化を持つチームを率いる場合でも、CQがあれば、文化的な失態を犯して動揺や困惑を招いたり、プロジェクトや取引を台無しにしたりするのを防ぐことができます。

CQはまた、一緒に働くすべての組織の文化についての洞察を与えてくれます。相手の価値観や期待されていることを理解すればするほど、相手の文化的な「ルール」に従うことが上手になります。

ある研究によると、CQの高い労働者は、新しい文化的条件の中での生活や仕事に適応しやすいため、海外赴任でより成功することがわかっています。

しかし、拠点がどこであろうと、高いCQは、新しいグループの人々と信頼関係を築いたり、他部署の仕事のやり方に適応したり、部門横断的なチーム内で業務を遂行したりする必要がある場合に重宝されます。CQには、自己反省、オープンマインド、問題を予測する能力など、他の状況でも役に立つようなスキルも多く含まれています。

CQとEQ
CQはEQ(心の知能指数)と関連しているが、さらに一歩進んだ指標だと考えられます。EQの高い人は、人の感情、欲求、ニーズを察知し、自分の感情や行動が他人にどのような影響を与えるかを理解します。しかし、文化的要素を理解し、それに応じて自分の行動を適応させるには、さらなるスキルが必要です。CQを高めることで、異文化の人々の価値観、信念、態度に敏感になり、十分な情報に基づいた共感と真の理解を持って対応できるようになります。

文化的知性を磨く
2011年に出版された著書『The Cultural Intelligence Difference』の中で、デビッド・リバモア博士はCQの4つの実践的側面を強調しています。

CQ意欲
CQ知識
CQ戦略
CQ行動


リバモア博士によると、CQを高めるためには、これら4つの分野すべてを伸ばす必要があるといいます。

1. CQ意欲
意欲とは、異なる文化について学び、それに対応しようとする動機のことである。何が「社会」を形成しているのか、何が「社会」に影響を与えているのかに無関心な人は、その「社会」にうまく適応することはできません。しかし、新しい文化について学ぶ努力をすると、新しい可能性に対して心が開き始めます。違いを扱うことを難しいと感じる代わりに、違いは興味深く、エキサイティングなものと感じられます。

CQ意欲を強化するためには、新しい状況を探求するためにできることは積極的にしましょう。例えば;

異なるコミュニティや社会集団の人々と知り合いになる。
外国語を学び、異文化コミュニケーション能力を高める。
異文化のチームや組織、グループと触れ合うプロジェクトにボランティアとして参加する。

2. CQ知識
CQ知識とは、必ずしも特定の文化の細部まで知っていなければならないということではありません。その文化が一般的にどのように人々の行動や価値観、信念を形成しているかを知ることです。それを理解すれば、個々の行動の「ルール」がより理にかなったものになります。異なる文化の人々がどのように交流しているかを観察し、彼らのボディランゲージに注意深く注意を払いましょう。例えば、特定のジェスチャーや顔の表情は、人によってどのように異なる意味を持つだろうかと考えてみましょう。

その文化の歴史についても学びましょう。そうすれば、服装や食べ物に関する「ルール」を学ぶだけでなく、その背景にある理由も知ることができます。

文化的に多様なチームと仕事をする場合は、ウィベックの「文化の7つの側面」を使って、彼らの特徴を分析しましょう。また、ホフステードの「文化の次元」は組織文化を理解するのに役立つツールです。


3. CQ戦略
文化的な認識に立てば、学んだことを活かして、文化に配慮した堅実な戦略を立てることができます。こうした違いやその影響について考えることに慣れていれば、このプロセスはすぐに自然なものとなり、スムーズにプランニングできるようになります。この習慣を身につけるための方法として「文化が異なれば、なぜ物事の進め方が異なるのか」自分の思い込みを疑ってみることができます。

また現地のメディアやエンターテインメントに目を光らせ、「文化がどのように行動に影響を与えるか」について、新たな洞察を得ることもできます。文化に関する観察記録を日記につけ、成功したことだけでなく、不満に思ったことも書き留めておく。このメモは、当面の問題に対処し、長期的にCQを向上させることに集中するのに役立ちます。

などといった行動をとることができます。

4. CQ行動
CQの最後の要素は、あなたがどのように行動するか、特に物事が計画通りに進まなかったときにどのように反応するかに関するものです。あなたが働いている文化圏のビジネスエチケットをある程度研究していれば、正しい言動をするための準備は万端でしょうし、それが気づかれないこともないでしょう。しかし、問題や誤解が生じることもあるので、自分で考え、感情をコントロールできるようにしておくとよいでしょう。

また、自分のボディランゲージを監視し、適切であることを確認し、自分の言葉と異なるシグナルを発していないことも大事です。相手の行動や言動の理由が純粋に理解できない場合は、怖がらずに尋ねましょう。敬意を持ってそうすれば、たいていの人はあなたが相手の文化に関心を示していることを評価し、正しいことをしたいというあなたの気持ちを認めてくれると思います。

また、最善の努力を尽くしたにもかかわらず、何か間違った言動をしてしまったと思ったら、臆することなく謝りましょう。過ちから学び、次回は正しいアプローチをするよう心がけましょう。

参照
https://www.mindtools.com/aisl5uv/cultural-intelligence
posted by ヤス at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月26日

文化心理学とは何か?基本的な理解

文化心理学とは、文化的な要素が人間の行動にどのような影響を与えるかを研究する心理学です。文化の違いによって、どのような考え方、感じ方、行動の仕方に違いが出るのかを考えます。

例えば、ある文化では個人主義を強調し、個人の自発性を重要視するかもしれません。それとは逆に、集団主義や集団の中での協調性を重視する文化もあります。このような違いは、生活の様々な局面で大きな影響をもたらすことがあります。

文化とは何か?
文化とは、態度、行動、習慣、価値観など、ある世代から次の世代へと受け継がれていく、その集団の特徴のことです。世界中の文化には多くの共通点がありますが、同時に多くの違いもあります。例えば、どの文化圏の人々も「幸せ」を感じることがありますが、この感情がどのように体験されるかは文化によって異なります。

文化心理学の狙いは、「普遍的な行動」と「独特な行動」の両方に注目し、文化がそれらにどう影響しているかを明らかにする�とです。


文化心理学の歴史
文化心理学の重要性は比較的、最近認められてきました。世界的な団体である「International Association for Cross-Cultural Psychology(国際比較文化心理学会)」は1972年に設立され、それ以来、文化心理学は成長と発展を続けています。

長年にわたりヨーロッパと北米の研究を優先してきた欧米の研究者たちは、かつて普遍的だと信じられていた考え方の多くが、他の地域の文化では当てはまらないかもしれないという疑問を抱き始めました。そして、人間の思考や行動に関する多くの理解は、特定のグループにしか当てはまらない、つまり、そのグループ内でしか一般化できない可能性があることを理解していきます。より広範で豊かな人間理解を発展させ、より多様な文化的環境に適用できるようにするためには、他の様々な文化を理解する必要があります。

世に出ている「研究」には強い欧米バイアスがかかっていることが認識されているにもかかわらず、このバイアスが今日も続いていることを示す証拠があります。ある分析によると心理学研究の参加者の約90%は欧米の先進国でリクルートされていて、そのうち60%はアメリカ人です。そのような研究で理解されたことが、あたかも全人類に集まるかのように述べられている論文もあります。

文化心理学者のアプローチは大きく2つのアプローチのいずれかに焦点を当てます。

エティック・アプローチは、外野からの視点を通して文化を研究し、1つの「普遍的な」概念や方法を他の文化に適用します。エミック・アプローチは、内野の視点で文化を研究し、それぞれ独特の文化の中で概念を分析します。また、両方のアプローチを使うこともあります。

この他にエスノセントリズム、つまり、自分の文化を中心に考える傾向が強い文化心理学者もいます。何が「普通」であるかを考えるときに、自分の文化を使って理解することです。この弱点は、他の文化を異常なもの、否定的なものと考えることにつながる可能性があり、また、自分の文化の背景を理解する妨げにもなります。


文化心理学でよく扱われるものを以下に挙げます。

感情
すべての人が同じように感情を経験・表現するのか、そうではないのか。

言語習得
言語の習得のプロセスが、文化によって異なるのか、そうではないのか。

子どもの発達
子どもの発達に文化がどのような影響を与えるのか。これには文化的な習慣であったり、育児の方法なども含む。その違いによって、その子供の今後の人生にどのような影響があるのか。

人の性格
人の性格が、どの程度文化的な影響を受けているか、あるいは文化的な影響と結びついているかを研究する。

社会的行動
文化的規範や期待が、社会的な行動にどのような影響を与えるかを考える。

家族や社会との関係
家族やその他の対人関係も、社会や文化の影響を大きく受ける。

文化心理学は様々な学問とつながるため、他の心理学分野や、教育学、ビジネス・商学などの学生や研究者にも学ばれる学問分野です。文化心理学は、多文化教育の授業や教材を作成する教師、教育者、カリキュラム設計者が、文化の違いが生徒の学習、達成、意欲にどのような影響を与えるかについて詳しく学ぶのに役立ちます。

社会心理学の分野では、個人主義的な文化と集団主義的な文化において、社会的認知がどのように異なるかを研究することができます。これら2つの文化の違いが、人々がお互いを認識する方法にどのような影響を与えるのだろうか?などを考えます。

多くの分野でそうですが、文化心理学の研究でも、多様なサンプルを含めて、さまざまな心理現象の普遍性を理解することは不可欠です。様々な文化において、異なる要因がどのように現れるかを認識することは、研究者が根本的な影響や原因をよりよく理解するのに役立ちます。


参照
https://www.verywellmind.com/what-is-cross-cultural-psychology-2794903
posted by ヤス at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする