【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年10月25日

自己決定理論・いかに内的モチベーションを発揮させるか

内的モチベーションに関して最も引用されている理論として、エドワード・デシとリチャード・ライアンが開発した自己決定理論があります。この理論は、人間には3つの生来的な心理的ニーズがあると説きます。有能さ、所属意識、そして、自主性。これらのニーズを満たすことで内的モチベーションが発展します。


人が有能性を感じ、自主的で、自己決定的であるとき、興味があることへ自由に取り組むことができます。

では、学業に取り組むときは、どういった条件なのでしょうか?

デシとライアンによると、人が学習過程の中で自由に選択することができると感じていて、その課題がチャレンジングで(ちょっと難しく)、でもそのチャレンジのレベルが越えられそうな時、内的にモチベートされた学習が起きると言います。これらの度合いは、個人と環境に影響されると言います。個人と環境において、それぞれ状況が自主性を支援するものであるか、コントロールするものであるか、また、非モチベーション(モチベーションを挫く)ものかに分類されます。


例えば、先生が学生にレポートを書くための本を自由に選ばせます(自習性支援)。しかし、そのレポートには点数がつけられ、高得点を取るように促されます(コントロール)。そして、成績がつけられ、同じ努力をしても、成績に違いが出る可能性を示唆します(非モチベーション)。個人と環境がいかに適合しているか、これに大きな影響をするのは、これら3要素のどれが最も強く出るかにかかってきます。もし個人が、その環境が有効な情報に満ちていて、有能性と自主性を感じていたら、内的モチベーションが発揮されます。

学校の環境が自主性や有能性を重んじていても、個人がそのタスクに興味を持っていなければ、内的なモチベーションは発揮されません。この場合、成績などどいった外的なものにモチベートされるでしょう。興味がなくても、自己決定によって、その行動を自己と結びつけて自己統合する(少し内的なモチベーションの種類)ことができます。

例えば、化学記号に興味のない生徒も、それが自分のキャリアとどう関わるのかを理解できれば、外的モチベーションを内在化できます。この理解によって、プレッシャーではなく、自己意志によって勉強することができます。このようなモチベーションのシフトは、先生が、生徒を脅かしたり、生徒にプレッシャーや罪悪感を与えるのではなく、生徒がそのタスクに対して抱く感情をきちんと理解することによってのみ起きます。また、先生はそのタスクがなぜ重要か、どのように生徒の人生に影響するかを説明し、彼らが成功するために必要なスキルを持つことを確かめる必要があります。


なぜ一部の生徒は学習を、学習そのものが心を満たしてくれるからする一方で、その他の学生は、外的なものでないと学習しようと思わないのか。自己決定理論では、内的モチベーションは個人がどう環境を認識しているかと自己をどう認識するかの相互作用によって決まると考えます。興味、チャレンジ度合い、持っているスキル、有能感、そして、学習環境での選択度合い、こうした事柄が内的・外的モチベーションのバランスを決定します。

参照
https://msu.edu/~dwong/StudentWorkArchive/CEP900F01-RIP/Webber-IntrinsicMotivation.htm
posted by ヤス at 06:58| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

内的モチベーションが健康とパフォーマンスに好影響

サザエさん症候群があるように、日曜の夜や月曜の朝に気分が落ち込む人も少なくないと思います。例えば、アメリカでは多くの労働者の気持ちが金曜日の夕方に急激に高くなり、日曜の夜から月曜の朝にかけて落ち込むとわかっています。なぜ働くこと、また、働くことを考えるだけで、気分にネガティブな影響が出るのか?


これを考えるのに内的、外的モチベーションがヒントを与えてくれます。内的モチベーションはそれをするだけで楽しい、純粋に興味があることです。例えば幼い子供が塗り絵をしたり、あなたがゴルフをすることかもしれません。労働はしばしば外的モチベーションと考えられます。しかし常にそうでしょうか?

人々は様々な理由で働きます。生計を立てるために働くでしょう。これには衣食住にかかる費用や子どもの教育費もあるでしょう。

しかしそれ以外にも働く理由はあると思います。それはお金よりも大事なものだったりします。自己価値観を高めたり、周囲に違いを出したり、また、個人的な興味を満たすこともあります。そしてこの働く理由は、人のパフォーマンスと気分に大きな影響を与えます。

お金のために働くのは外的なモチベーションです。外的モチベーションはお金だけではなく、昇格や資格、他人からの承認や、他人からの批判を避けようとすることも含まれます。研究では、高い外的モチベーションだと、労働者は最低限の仕事しかしなく、時には仕事を端折ったりすると報告されています。この傾向は特にボーナスという金銭的な報酬があると強く出ます。彼らはプレッシャーを感じるので、健康も下がります。

誰でもある程度は、自尊心を高めたり、批判や恥を避けようと働く部分はあります。しかし、それだけでは健康に悪影響をもたらします。


内的モチベーションには、対象行動が自分の価値観とフィットして、意義を感じられることが大事です。自分の仕事が、自分の大事にする顧客や環境、関係者にどんなポジティブな影響をもたらしているかを考えることで、仕事の意義により気づくことができます。このようなモチベーションは健康や気分、パフォーマンスに良い影響を与えます。

仕事は全てが内的モチベーションになるとは言い難いケースも多いですが、知っておくと有効なコンセプトだと言えます。


参照
https://www.psychologytoday.com/blog/getting-monday-morning/201709/what-gets-you-monday-mornings?
posted by ヤス at 16:46| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

内的モチベーションに外的報酬を与えるとモチベーションが減る。過剰正当化効果

内的な報酬に押されて取る行動を内的モチベーションと言います。つまり、それをする事自体が純粋に充実なので、個人の中からその行動を取ろうと思うような行動です。これは、外的な報酬を得ようとしたり、罰を避けようとして取る行動、外的モチベーションとは反対のものです。

クーンとミテレアによると、内的モチベーションとは、外的な目的や報酬がなくても起こる行動であり、その行動を単純に楽しみ、探検したり、学んだり、自分の潜在能力を実現させる機会だと思えるような事だと言います。


例えば、この記事を読むにしても、単純にモチベーションや心理学が好きだから、というのであれば内的モチベーション。しかし、何か会社や授業で発表しないといけないから読んでいるのであれば、外的モチベーションで読んでいることになります。

最近、単純に楽しいからという理由でどんな事をしたでしょうか?

ガーデニング、絵を描く、ゲームをする、読書といった事が挙がるかもしれません。こうした行動はあなたの内部から湧き上がるものです。外的な報酬、例えば、お金や賞賛などとは関係がありません。内的な報酬とは、個人が内的に経験するポジティブな感情でしょう。

だから何らかの意義がある事(ボランティアなど)に従事する事も含まれます。また何か新しい事を習得したり、何かポジティブな事を達成しようとしている時もこれに当たるでしょう。

研究でわかっている事は、既に内的にモチベーションがある行動に対して、外的な報酬を与えると、内的な報酬の度合いは減ると報告されています。この事を「過剰正当化効果(overjustification effect)」と言います。

内的なモチベーションがある時、人はよりクリエイティブになります。労働者の間で外的モチベーション(金銭報酬など)はよく使われます。しかし、実際の労働の質は内的な資質の影響が大きいです。している仕事が面白い、やりがいがあると思ったら、クリエイティビティも高くなります。


従って、内的モチベーションは教育においても大事です。いかに生徒が内的にモチベーションを持って学べるか、学校や教師は考える必要があります。しかし、実際、多くの生徒は外的な目的にかられて教育システムに入ってくるので、それが難しいのも事実です。

マローンとリーパーによると、学習に内的報酬をもたらすには以下が大事な要素だと言います。

チャレンジ:個人的に意義のあるゴールであり、達成可能だが少し難しいと思うようなゴールがあると内的モチベーションが高まる。

好奇心:何かその人の注意を引くものが物理的な環境にある時、または、何か学びたいと思うような刺激がある時、内的モチベーションが高まる。

コントロール:自分の行動、環境、また何を目指すのかをコントロールできる。

協力と競争:他人を助ける満足感があると内的モチベーションが高まる。また、競争で自分が良いパフォーマンスをする時。

認知:自分の達成が周りから認知される時。


職場において、内的なモチベーションで働いてくれる人が多い方が強いのは明らかです。しかし、求人情報が外的なモチベーションを煽るものであれば、効果的な求人は困難です。また、社内教育においても、内的なモチベーションを刺激するようなものを導入すると効果的でしょう。

参照
https://www.verywell.com/what-is-intrinsic-motivation-2795385
posted by ヤス at 02:15| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

モチベーションには種類がある。自己決定理論SDT

モチベーションを考える上で大事な理論の中に自己決定理論(Self-Determination Theory, SDT)があります。これは人が持つ成長したいという傾向と心理学的なニーズに関係する理論です。1970年代に内的、外的モチベーションについて考え始められ、1980年代にSDTは科学的な理論だとして認められました。その後、エドワード・デシやリチャード・ライアンといった研究者によって更に研究が進められました。


内的モチベーションとは、その行動そのものが興味深く、楽しいから、それをしているというものです。対して、外的モチベーションとは、その行動が特定の何かをもたらすから、それをしているというものです。

例えば、あなたが幼いときに、あなたのお母さんがあなたの走りを褒めたとしましょう。あなたはそれが嬉しくて、小学、中学、高校と陸上部に入り、走る競技を選びました。そして、高校では県代表にも選ばれました。県代表に選ばれたことは内的、外的、両方のモチベーションを与えるでしょう。内的には社会的価値観(チームや何らかの地位、成功の一員となる)があります。そして、外的にはこれによってもたらされる報酬や勲章(県代表ジャケットだったり、メダルだったり)があります。大人になってからは、ただ楽しいから走るようになっているかもしれません(内的モチベーション)。


このように同じ「走る」ということでも時期によって異なるモチベーションが働いています。デシとライアンはそのモチベーションの種類について分析し、6種類を提唱ました。

1.無モチベーション…ある行為を、たまに何かの動機があってやりはしても、やり続けることは無い状態。

2.外的モチベーション、外的調整…外的調整。ある行為を、報酬を得、懲罰を避けるために、やり続けている状態。例:県代表のジャケットが欲しいから走る。

3.外的モチベーション、取り入れ的調整…ある行為を、名誉心や恥ずかしさから、やり続けている状態。例:周りの人に、自分は優れたランナーだと思い続けてもらいたいから、走り続けている。

4.外的モチベーション、同一化的調整…ある行為を、目標や成長に必要だから、やり続けている状態。例:走るのは自分にとって良いことだから走っている。

5.外的モチベーション、統合的調整…ある行為を、やるのが自然なこととなって、やり続けている状態。例:私はランナーだから、走るのは私の一部。だから走っている。

6.内的モチベーション…ある行為を、それをやること自体が楽しいから、喜んでやり続けている状態。例:走るのが好きだから走っている。



現在、このモチベーションの種類の違いについて研究しているのですが、非常に興味深い概念です。

参照
http://www.rpgjapan.com/kagami/2013/10/motivation-2.html
https://badgeville.com/intrinsic-and-extrinsic-motivations/
posted by ヤス at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

PICOでリサーチクエスチョンの設定

エビデンスに基づいたリサーチをするときに、具体的な質問を設定する必要があります。この時に有効なモデルは、様々なものがあり、リサーチの分野によって何が良いのかは異なります。それぞれのモデルは独自の方法で、リサーチの焦点を定め、特定のキーワード、戦略、データ収集、結果のプレゼンテーション方法を決めます。


健康の領域でよく使われるモデルの一つにPICO(ピコ)があります。

Population, patient, problem(人口、患者、問題) - 患者はどういった人たちか?何が問題なのか?問題とする疾病の重大性はどれほどか?

Intervention(介入) - どのような介入について考えたいのか?

Comparison(比較) - この項目は必須ではありませんが、比較する介入がある時等に使われます(介入法Aと介入法Bの比較、介入法Cと無介入の比較)。

Outcome(結果) - 何を計測するのか?重大性に改善は見られたか?

PICOの活用例を以下に示します。

P=高齢者のケアにおいて、病院で何らかの疾病に感染すること

I=丁寧に手洗いをする

C=アルコールで手を消毒する

O=病院感染の軽減度合い


このプロセスの後にリサーチクエスチョンを設定することができます。例えば、
「手洗い、または、アルコール消毒は、高齢者ケアにおいて、病院感染の率を下げるのか?」
といったリサーチクエスチョンを作ることができます。

リサーチの最初の方の段階で有効なフレームワークです。


posted by ヤス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする