【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年05月29日

思いやり中心療法では安心を感じるシステムの活性化に焦点を当てる

思いやり中心療法について学んでいます。参照の映像についてキーポイントを書いていきます。

思いやりとは変化をもたらす媒体だと考えます。思いやり中心療法は心理的なモデルです。認知行動療法や精神分析、人間主義的な考え方を使いますが、モデルでいうと心理的なモデルとなります。つまり、データや証拠は心理学的な科学から来ていて、それがコアとなっているモデルです。


また、思いやり療法ではなく、思いやり中心療法といいます。これは様々なスキルをどのように行うかということに言及しているからです。曝露療法のスキルや代替的な思考を考えるというスキル、また、社会的なスキルにしても、それを患者がサポートしてもらっていると思えるように実施しないといけません。患者がどう感じるかはセラピストの責任だとも言えます。どれだけ素晴らしいスキルを使っても、患者がサポートしてもらっていると感じないことは多々あります。

認知行動療法では役に立たない(つまり、ネガティブな気持ちを増加させるような)思考や行動を見つけます。そして、それと反対の効果を持つ思考や行動に変えます。しかしそういった思考や行動がわからない時もあります

多くの認知行動療法を受けた人が「論理は理解できるのだが、新たな思考で安心を感じられない」だとか、(例えば性的虐待を受けた人が)「自分のせいじゃないとはわかっているが、それでも、何か自分が悪いのではと感じてしまう」といったことを報告します。この認知と感情のズレが近年、特に注目を集めてきました。

私たちの思考が意味を持つには、一貫性のある感情を感じる必要があります。感情がない所に、意味は存在しないと言われます。つまり、経験に対して感情が意味をつけます。私たちが、例えば「私は愛されている」という思考を感じるためには、この思考が愛された経験とつながらなければなりません。この感情システムが動いていないと、この思考から感情は感じられません。過去に愛された経験や安らいだ経験のない人は、こういった思考を持っても感じられないのです。

思いやり中心療法では、従って、この安らぎだとか安心した感情システムの活性化に焦点を当てます。そうすることで、安心や安らぎによりアクセスしやすくなり、同時に、怒り、恐怖、嫌悪、恥といった脅威の感情をコントロールすることができやすくなります。

しかしそもそもなぜ思いやりが必要なのか?それは人生は苦しいものだからです。例えば、キリスト教の教えでは、この人生は苦しむためのもので、次の人生が楽しむためだと言います。そして、次の人生へのチケットを手に入れるには、今回の人生で特定のことをしないといけないと考えます。

仏教では四聖諦(4 noble truth)を説きます。苦(Dukkha), 集(Samudaya), 滅(Nirodha), 道(Magga) 。苦諦とは、この世界の一切が苦であることを指します。すべては一時的なものであり、すべてが生老病死を経験します。集諦とは、苦には原因があるということ(苦が現れる素のことを煩悩という)。滅諦は、苦は滅するということ。道諦は、苦を滅する方法があるということ。これが仏道だと言います。


苦の根源は何かを思いやり中心療法も考えます。思いやり中心療法では、それは、生物学的な形態にあると考えます。生物が進化する過程で、膜が作られ、内側と外側を分けました。生物の進化は、個への分化なしには、成立しません。個へと別れていくから進化する。生物学的な形態が、痛みや苦しみを形成しました。つまり、体には神経系が作られ、脳には動機、欲望、感情が作られたということです。

参照
https://www.youtube.com/watch?v=qnHuECDlSvE
posted by ヤス at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

薬物関連障害。人生に支障を来してでも欲しくなる

麻薬やアルコールといったもの(薬物)は、行動、感情、思考に様々な変化をもたらします。短期的なもので言えば、判断力の低下、気分の不安定、イライラ、はっきりしない口調、肉体動作が不安定になったりします。また、LSDなどの薬物は「幻覚症(hallucinosis)」といって知覚の歪みや幻覚を伴う症状をもたらします。


DSM5では、薬物を過剰使用した際に現れる症状や、健康面での害などについて説明しています。

また、薬物は長期的な障害ももたらします。DSM4では乱用と依存が分けて説明されていました。乱用とは薬物を慢性的に、過剰に使い、人間関係や職業機能を破壊し、自分や他人に危険をもたらすこと。依存とは、乱用が進んだものであり、薬物の乱用が生活の中心となっている状態をいいます。耐性(量を増やさないと効果が感じられない)や退薬(その薬が無ければ異常な苦痛を感じる)といったことを含みます。

DSM5ではそれぞれの薬物に対して、障害名が書かれています。DSM5ではギャンブル障害が薬物関連障害に入れられています。


薬物関連障害の基準;
薬物を決められた期間より長く、また量より多く摂っている
量を減らしたいと常に思っているがなかなかできない
長い時間、薬物を入手し、使用し、そこから回復するということを繰り返している
薬物がすごく欲しくてたまらない
しないといけないことができなくなるほどに何度も使用してしまう
社会的、人間関係的に問題が生じているがやめられない
重要な社会的、職業的、また、楽しみの活動が薬物使用のために減っている
危険な状態を招いてでも使ってしまう
慣れてしまって量を増やさないといけなくなっている
使わないと非常に苦しい

アメリカで、19417人に1980〜1984年の間に調査をしたところ、以下が最も多い薬物トップ3でした。
1.ニコチン 36.0%
2.アルコール 13.8%
3.マリワナ 4.4%



また別の調査(Warner et al., 1995)では15〜54歳の7.5%は何らかの薬物依存を1度は経験すると述べられています。

posted by ヤス at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

異常心理学。異常とはー逸脱、苦痛、機能障害、危険

心理学を学ぶ上で大事な分野の一つに異常心理学があります。これは、異常な行動を科学的に見ようという学問です(Comer, 2013)。異常な行動とは、個人が日常定期な活動をして普通に機能しようとしているのを阻むものです(Nolen-Hoeksema, 2008)。従って、文化的な要因にも影響を受けます。

そして、「異常だ」とされるには4つの”D”があります。

Deviance(模範より離れていること、逸脱)ー社会的、文化的な規範から離れている。
Distress(苦痛)ーその行動がその人、または、他人に対して苦痛となっている。
Dysfunction(機能障害)ー通常の生活での行動を大きく妨げている。
Danger(危険)ーその行動がその人、または、他人に危険をもたらす。危険をもたらす不注意、嫌悪、勘違いといったこともここに含まれる。

異常な行動を科学的に学ぶことで、その行動がもたらす機能を理解でき、それによって、説明でき、予測、変化させることができます。こういった行動の原因とそれがもたらす結果を、普遍的に理解します。


異常な行動を理解するために様々なパラダイムが作られました。パラダイムとは、知識やその知識に関する研究をまとめる理論的な仮説のことです。例えば、フロイトやクレペリンは心理分析を使いました。フロイトはイド、エゴ、スーパーエゴを用い、クレペリンは分類システムを用いました。


近代ではDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)が使われます。2013年5月に第5版が出版されました。DSMは約400の精神障害を網羅し、それぞれの障害を「症候群」として理解します。つまり、ある症状のまとまりだとします。


DSMは臨床心理士の最高のツールだと知られており、世界的に見ても臨床心理で最も使われている書籍です。科学的な証拠を元に書かれていて、ここで使われる言葉遣いが最も世界で一般的だとされます。
posted by ヤス at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

自分のパターンに気づき、そこに選択肢を見つける

一般的な心理療法もマインドフルネスのアプローチも、私たちが学び身に着けたパターン、その中でも有効でないものに対して、介入をします。マインドフルネスでは起きている事柄を、解釈をせずに好奇心をもって、ありのままに体験しているプロセスに意識を向けます。その結果、マインドフルネスを実践すると条件づけられたパターンに気づき、そこに選択肢がある事に気づき、その状況に対してより心の安定を感じるようになります。


マインドフルネスは瞑想のように形式的に行うこともできますし、日常生活の中で気づきを持とうとする非形式的なものもあります。条件づけられたパターンに気づくことで、そのパターンを和らげていくことができます。

このようにして内的なパターンについてより詳しく知り、体験していくことで、自分自身とより深く、一貫性のある関係性を構築していくことができます。これはロジャースがセラピーで大事にする3原則(態度)である「自己一致、共感、無条件の肯定的関心」と重なります。


参照
https://www.bangor.ac.uk/mindfulness/documents/BEINGWITHWHATIS.1doc.pdf
posted by ヤス at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

ポジティブ心理学に関する重要人物

第二次世界大戦の後、心理学の焦点は病気を治すことに当てられてきましたが、アブラハム・マズローやカール・ロジャース、そして、エリック・フロムといった人間主義の心理学者はそれには不満でした。彼らはもっと人間のポジティブな面に焦点を当てた心理学を確立できないか考えていました。


1998年にマーティン・セリグマンがアメリカ心理学会の会長となり、ポジティブ心理学がテーマとして挙げられました。セリグマンは「近代ポジティブ心理学」の父として知られています。

しかし「ポジティブ心理学」という視点で見れば、セリグマン以前にも同じような観点を持った心理学者がいたことがわかります。

ウィリアム・ジェームズ

ジェームズは哲学者、そして、医者、心理学者で、アメリカで最初に心理学のコースを教えた人です。人間の最高の機能を学ぶには、その個人が主観的に何を経験しているか、つまり、「主観的経験」を学ぶことが必要だと説きました。また彼は、客観的で観察できるものは何かという点に興味を持っていたため、実証主義と音韻論的な手段を混ぜ合わせることの重要性を説きました。これは「根本的な経験主義」と呼ばれます。彼は人間の主観に興味があり、「客観性とは強度の主観性に基づく」と説いた為、彼をポジティブ心理学の第一人者だと言う人も多いです。



人間性心理学

人間主義の動きとは、心理学に全体的な次元を追加しようとするものです。言い換えると、人間全体を学ぶということ。人間性心理学者は、私たちの行動は、私たちを囲む環境の知覚と、その意味づけから決定され、私たちは単なる環境や生物化学の産物ではないと考えます。また、私たちは人間的潜在能力を満たすために内的に動機づけられていると考えます。

人間性心理学者はポジティブな面での研究が欠けていることを問題視し、何が人間を成長させようとするのかに興味があります。人間性心理学者はポジティブ心理学の実践者や研究者と視点が似ているのですが、方法論や人間理解についてより科学的な認識論をとることが違いです。



アブラハム・マズロー

「ポジティブ心理学」という言葉はマズローが、1954年の著書、「動機と人格 (Motivation and Personality)」という本の中で初めに使いました。彼は従来の心理学が、主に病気ばかりに注目し、それでは人間の潜在能力を理解するには不十分だと述べました。従来の心理学によって人間の心のネガティブな側面は明確になってきたが、美徳や夢についてはまだ不明確だと言いました。

後のセリグマン等のポジティブ心理学者は、人間性心理学者と自らを区別しました。理由は科学的なデータの欠如です。しかし重要なことは、両者ともそれまでのネガティブな側面だけに集中した心理学に不満で、よりポジティブなものを研究したいと考えていた点です。



マーティン・セリグマン

セリグマンは学習性無力感によって有名になり、また、ポジティブ心理学の父としても知られています。彼の唱えた学習性無力感や悲観的態度は、楽観主義についての興味を集めました。彼はクリストファー・ピーターソンとともにDSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)にポジティブな面を追加しました:知恵/知識、勇気、超越体験、正義、人間性、節度。

彼は1998年にアメリカ心理学会の会長となりポジティブ心理学をテーマに挙げました。そして、心理学について、それは単に病気に関することだけではなく、幸せや充実感といったことに目を向けるといった新たなページを開きました。


ミハイ・チクセントミハイ

チクセントミハイは1934年にハンガリーに生まれ、当時の多くの心理学者のように第二次世界大戦に大きな影響を受けました。彼は幼い頃に家族や友達と別れさせられ、イタリアの拘置所で過ごしました。そこでフローや最高の経験といったことを思いつきます。

彼はまた絵を描くのが好きで、何かを創造するという行為が非常に大事であり、この時に体験するフロー経験について研究をしていきます。フローとは、人が何かの行動に完全に没頭していて、強度の集中力とクリエイティブな関わりを持つことを言います。彼は人がいかにフローを体験できるのか、その研究に力を注ぎます。

彼は幸せ度を測るために有名な「サンプリング・ボディ経験」という実験をします。ティーネイジャーが集められ、彼らは1日のうちにランダムになる発信音を聞いたら、その時の思考や気分を記入していきます。ティーネイジャーの焦点がクリエイティビティを要する難しい課題に当たっている時、彼らはポジティブな気分を感じていました。こういった実験が注目を集め、チクセントミハイはポジティブ心理学の創造者の1人だと考えられています。



クリストファー・ピーターソン

ピーターソンはミシガン大学の教授であり、臨床心理学の学部長でもありました。セリグマンとともにDSMにポジティブな側面を追加し、その他、楽観主義、希望、性格、十全さといった研究でも注目を集めました。


その他、重要人物

キャロル・ドウィック…成長の概念と固定された概念を比較した実験で有名。

エド・ディーナー…幸せ博士とも知られるディーナーは「主観的な十全」といって、幸せを科学的に測る方法でも知られています。幸せについて、遺伝的要素や文化的な事柄など幅広く調べ、彼の出版物はおよそ10万回も引用されました。

アルバート・バンデュラ…バンデュラの自己効力理論は社会・認知論から来ています。人が特定の目的に到達する力や、それができるという信念についてのものです。この理論はよくポジティブ心理学で使われています。


ドナルド・クリフトン…クリフトンは強みベースの心理学を開発しました。彼は成功している人たちを調べ、彼らが何をして高いパフォーマンスを生むのかを調べました。彼の研究は、人が最適なキャリアを選び潜在能力を開発することに役立ちました。その影響もあり彼は「ポジティブ心理学の祖父」と呼ばれています。



参照
https://positivepsychologyprogram.com/founding-fathers/
posted by ヤス at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする