【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年09月16日

教育進路選択は、親の経歴に影響を受ける

デンマークの研究では

子供たちは様々な教育進路の選択肢があるにも関わらず

彼らが下す選択は社会階層に影響されている


という結果が出ました。


コペンハーゲン大学とオールボルグ大学(Aalborg University)

の研究者によると、

労働者階級の学生は明確な職種でかつ高収入の仕事

関連する勉強に力を入れ、

親が大学を卒業している家庭の学生は、

名声のある学校や分野へ進める学問
に力を入れる、

という結果となったそうです。

この研究には60回の面接が行われ、

医学、建築学、社会学、経済学、薬学、として経営学の

6つの分野の大学生を対象としました。

医学、建築学、経済学、社会学を選ぶ学生は、

親が大学を卒業しているというケースが多く、

経営学や薬学を選ぶ学生は、

親が労働者階級にいるという

ケースが多かったそうです。


実験の中心者、

ジェンス・ピーター・トムセン博士(Jens Peter Thomsen)

によると

たとえ、ある学生が全ての教科でAを取り、

様々な選択肢があったとしても、

自分の家庭の社会階層や親の教育経歴が

その学生にもたらす影響は非常に大きい。


親が高い教育を受けている家庭では、

子供は自分の仕事から来るアイデンティティ

重きを置くようにかる傾向が強い。

彼らは高い教育に価値を置き、

食事中もディスカッションをするなど、

子供が自然と高い教育に行くような文化がある

傾向が強い、と述べています。

また、労働者階級の家庭に育った学生は

職業アイデンティティにはあまり関心がなく、

それよりも9時-5時で終わる職業を探したり、

在学中からどういった職に就きたいかという

明確な職に対する目標があるケースが多い、と言います。


研究者の見解では、

少なくともデンマークにおいては

経済的なことは選択には含まれないそうです。


これは、学生は授業料を払う必要が無く、

国からの助成金も充実しているからだそうです。


トムセン博士は

親の経歴に影響されて選択を下す学生がこれほどにも多いと、

高学歴を目指そうと思う学生は、

高学歴親の子供だけになってしまい、

社会観が狭くなる可能性がある
、と懸念しています。


デンマークの高等教育機関では

高等教育により多様な学生が参加することを

推奨しているそうです。


参照

http://news.ku.dk/all_news/2013/2013.9/young-people-choose-education-based-on-parents-background/

http://psychcentral.com/news/2013/09/15/education-choices-impacted-by-parents-background/59532.html

↓無料資料請求・無料体験実施中!


posted by ヤス at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

音楽を作ることで、子供の協調性を高める

新たな研究によると

幼稚園児は音楽を作ることで

より友達を助けるようになり(協調性とする)

また、問題解決スキルが向上する
ことがわかりました。



実験では音楽を作るグループの子供たちは

そうでないグループの子供たちの30倍の協調性を示しました。



過去の研究では、子供たちは音楽を作ることで

社交性を高めることができることがわかっていました。

今回の研究では、歌ったり、楽器を弾くことが

子供たちの社交性と問題解決に影響するのか、

また男女差はあるのか、
が調べられました。


24人の女子児童と24人の男子児童の

社交性、協調性、そして問題解決スキル

について西ロンドン大学(University of West London)

の心理学部

学部生、リエ・デイヴィーズ、マディー・オール博士、

そしてアンネ・マニュアンデ博士らが
(Rie Davies, Dr. Maddie Ohl, Dr. Anne Manyande)

調査をしました。

4歳の子供がランダムに2つのグループに分けられます。

音楽グループと非音楽グループ。

音楽グループの子供は、打楽器をうちながら歌を歌います。

非音楽グループの子供は、物語の話を聴きます。

その後、子供たちは2つのゲームに参加します。

「協力」ゲームと「お助け」ゲーム。

子供たちの問題解決スキルは

「お助け」ゲーム中に観察します。



結果を診断すると

音楽グループの子供たちの協調性は

非音楽グループの子供たちの30倍以上を記録
していました。

また、女の子は男の子よりも

20倍、友達を助ける可能性が高い、
ということもわかりました。


音楽を作ることが協調性を向上させるという結果も

音楽グループの全ての子供から出て、

それは非音楽グループの子供の6倍にもなりました。

ここでも女の子は男の子よりも

友達を助ける可能性が高い、と出ました。

音楽グループの男の子は、非音楽グループの男の子よりも

4倍の問題解決スキル
を示しました。


研究の中心者、デイヴィーズは

子供の教育において音楽が

どれほど子供の社交性と協調性に有効か

それを示せる結果になった。

また学習が困難な子供は

みんなと一緒に歌う事で

疎外感を感じなくてよくなる、と述べています。


参照

http://psychcentral.com/news/2013/09/08/helpfulness-improves-dramatically-among-music-making-preschoolers/59333.html

↓無料体験実施中!



posted by ヤス at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

マインドフルネスが教師のストレス、バーンアウトを減らす

ウィスコンシン大学マジソン校(University of Wisconsin-Madison)の新たな研究で教師がマインドフルネスを練習するとストレス軽減、バーンアウトの予防につながることがわかりました。

マインドフルネスとは仏教の瞑想から派生したもので、現代では注意力の向上、同情する心やその他の社会的に有効な感情を促進するものとして多くの人が実施しています。マインドフルネスの実践によってその人が自分の思考や外的刺激、体の感覚(呼吸を含む)などに気付くことができるようになります。

教師という立場は児童の教育に重要な役割を占めるものの教師のストレスをどうマネージするか、という課題はないがしろにされています。教師のストレスやバーンアウトは教育の質に影響したり、新たな教師を採用するコストがかかったりと国が抱える大きな問題です。

研究の中心者、リサ・フルック博士(Lisa Flook)いわく、マインドフルネスをすることで、教師たちは教育現場で感じる不安や懸念事項を表現することができるそうです。

この研究では18人の教師が集められ、マインドフルネス・ストレス軽減のコース(Mindfullness-Based Stress Reduction, MBSR)を受けます。このコースはマインドフルネスの中でも特に有効なストレス軽減コースだとされています。

この実験は、教育現場において児童ではなく、初めて教師のストレスについて取り組んだ実験となりました。

参加した18人の教師は自宅で毎日最低15分間の瞑想をし、教室内で起こるストレス源に対しても様々なマインドフルネスのスキルを使ってストレス予防をし、特に発達障害のある児童に対してマインドフルネスのスキルであるいたわりの実践を実施しました。

そして実験結果がまとめられました。マインドフルネスのコースを受け、実践した教師はストレスの軽減、教室内でより安定した引率力、そして自己同情心に向上が見られました。それに対してコースを受けなかった教師はストレス増加とバーンアウト傾向が見られました。マインドフルネスがストレスやバーンアウトに有効だと示す結果となりました。

フルック教授は、中でもこの結果の違いが非常にはっきりしていることが重要だと述べています。実験に参加した教師の1人、ミラー先生は、マインドフルネスの練習は瞑想にあるような、ただ座って自分の考えに気付くといったものではなく、自分の好きな時間、場所ででき、比較的簡単に取り組める。そして、自分の思考や感情に気付くことができる分、児童の気持ちや考えにも気付くことができ、長期的に見て、このトレーニングは大きな便益をもたらすと述べています。

研究のもう一人の中心者、リチャード・デヴィッドソン博士(Richard J. Davidson)はこのマインドフルネスをいかにしてもっと広いレベルで教育現場に導入して行くか、今後考えたい、と述べています。

マインドフルネスの感覚を磨くにはヨガがオススメです。
★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★



参照
http://psychcentral.com/news/2013/08/29/mindfulness-training-can-lessen-teacher-stress-burnout/59001.html
posted by ヤス at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

良い『祖父母ー孫』関係、両者ともにメンタル利益

ボストン・カレッジの研究では、「おじいちゃんおばあちゃん−成人した孫」の関係が良ければよいほど、メンタルヘルスの健康度も高いということがわかりました。

老人ホーム・介護施設を探すならコチラ。無料で資料請求できます>>経験豊富な専門スタッフがご家族と一緒に老人ホームを探します。


実験の中心者、ボストン・カレッジ(Boston college)、社会学部サラ・モーマン(Sara Moorman)博士いわく「祖父母と成人孫が良い関係を築いていると、彼らは共にうつ病の症状も少ない。そして、彼らがお互いに感情的なサポートを受け合っているほど心理的な健康度も高い」と述べています。

またこの実験でおもしろかったのは有形サポート(何か物を与えたり、スーパーまで車で送るなど)は孫の心理健康に影響したものの、祖父母の心理健康には影響しなかったそうです。

うつ病症状が非常に強い祖父母は大抵、有形サポートをもらってはいるものの与えることはしていなかったそうです「受けるより与える方がよし」とは本当で、受けるだけの祖父母よりも与える祖父母は心理的に健康だそうです。

祖父母は孫に、たとえそれが自立した成人孫であっても、何かヘルプを提供することで、彼らに依存しているのではないと知ることができる。また、与え、そして受け取る、それら両方をしている祖父母は最もうつ病症状が少ないと判明しました。従って、実験者たちは祖父母と孫の間でこういった関係性を構築できれば、祖父母のうつ病は減る、と考えています。

実験ではアメリカの家庭、3、4つの世代に1985年から2004年にかけて協力してもらいました。376人の祖父母、340人の孫が参加し、祖父母の平均誕生年は1917年、孫は1963年、実験中間地点の1994年を基準にすると祖父母は平均77歳、孫は31歳。

モーマン博士は家族を改善するにあたって、核家庭や若い家族だけを見るのではなく祖父母にまで目を広げるべきだと述べています。

介護職は今後ますます需要の増える職です。まずは無料会員登録をして情報収集を>>介護求人サイト【介護求人の窓口】


参照
http://psychcentral.com/news/2013/08/14/close-grandparent-adult-grandchild-bond-brings-mental-health-benefits/58395.html
posted by ヤス at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

早死にする職業ランキング1位は大手広告代理店の営業


働きすぎに斃れて――過労死・過労自殺の語る労働史


ニュース記事を見ていたら

このランキングを見つけたので投稿しておきます。

【早死にする職業ベスト10】

1位 大手広告代理店の営業

2位 IT企業の下請けSE

3位 チェーン飲食店店長

4位 若手官僚

5位 病棟勤務の看護師

6位 タクシー運転手

7位 LCCの客室乗務員

8位 自衛官

9位 公立学校の教員

10位 トラック運転手


参照

http://nikkan-spa.jp/472254


過働社会ニッポン―長時間労働大国の実態に迫る (日経ビジネス人文庫)
posted by ヤス at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする