【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年08月16日

良い『祖父母ー孫』関係、両者ともにメンタル利益

ボストン・カレッジの研究では、「おじいちゃんおばあちゃん−成人した孫」の関係が良ければよいほど、メンタルヘルスの健康度も高いということがわかりました。

老人ホーム・介護施設を探すならコチラ。無料で資料請求できます>>経験豊富な専門スタッフがご家族と一緒に老人ホームを探します。


実験の中心者、ボストン・カレッジ(Boston college)、社会学部サラ・モーマン(Sara Moorman)博士いわく「祖父母と成人孫が良い関係を築いていると、彼らは共にうつ病の症状も少ない。そして、彼らがお互いに感情的なサポートを受け合っているほど心理的な健康度も高い」と述べています。

またこの実験でおもしろかったのは有形サポート(何か物を与えたり、スーパーまで車で送るなど)は孫の心理健康に影響したものの、祖父母の心理健康には影響しなかったそうです。

うつ病症状が非常に強い祖父母は大抵、有形サポートをもらってはいるものの与えることはしていなかったそうです「受けるより与える方がよし」とは本当で、受けるだけの祖父母よりも与える祖父母は心理的に健康だそうです。

祖父母は孫に、たとえそれが自立した成人孫であっても、何かヘルプを提供することで、彼らに依存しているのではないと知ることができる。また、与え、そして受け取る、それら両方をしている祖父母は最もうつ病症状が少ないと判明しました。従って、実験者たちは祖父母と孫の間でこういった関係性を構築できれば、祖父母のうつ病は減る、と考えています。

実験ではアメリカの家庭、3、4つの世代に1985年から2004年にかけて協力してもらいました。376人の祖父母、340人の孫が参加し、祖父母の平均誕生年は1917年、孫は1963年、実験中間地点の1994年を基準にすると祖父母は平均77歳、孫は31歳。

モーマン博士は家族を改善するにあたって、核家庭や若い家族だけを見るのではなく祖父母にまで目を広げるべきだと述べています。

介護職は今後ますます需要の増える職です。まずは無料会員登録をして情報収集を>>介護求人サイト【介護求人の窓口】


参照
http://psychcentral.com/news/2013/08/14/close-grandparent-adult-grandchild-bond-brings-mental-health-benefits/58395.html
posted by ヤス at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

早死にする職業ランキング1位は大手広告代理店の営業


働きすぎに斃れて――過労死・過労自殺の語る労働史


ニュース記事を見ていたら

このランキングを見つけたので投稿しておきます。

【早死にする職業ベスト10】

1位 大手広告代理店の営業

2位 IT企業の下請けSE

3位 チェーン飲食店店長

4位 若手官僚

5位 病棟勤務の看護師

6位 タクシー運転手

7位 LCCの客室乗務員

8位 自衛官

9位 公立学校の教員

10位 トラック運転手


参照

http://nikkan-spa.jp/472254


過働社会ニッポン―長時間労働大国の実態に迫る (日経ビジネス人文庫)
posted by ヤス at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ女性の初婚年齢27歳、過去最高


ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト


最近、多くの女性が結婚をせずに

また結婚する女性も歳を重ねてから

結婚するという傾向が見られます。

アメリカの家族と結婚に関する研究センター
(the National Center for Family and Marriage Research, NCFMR)

の調べでは今のアメリカの結婚率は31.1と

今世紀最低を記録しているそうです。



NCFMRの研究中心者、スーザ・ブラウン博士(Susan Bworn)は

現代社会では結婚は必須ではないという理解が強まっていると述べています。

1970年から結婚率は60%も落ちています。


また女性の初婚年齢も過去最高で

27歳となっています。


これらの動きに伴って

当然離婚した女性の数も増えています。

1920年ではたった1%の女性が離婚女性だったのに対し

今日では15%がそれにあたるそうです。


ブラウンさんの調べでは

アメリカでは再婚率も過去最低だそうです。


結婚率の低下は全ての人種で見られるが

特にアフリカンアメリカンに多いそうです。


同じことは教育についても言えるようで

過去50年間を見ると

学士単位を持つ女性の結婚率はあまり変化がないものの

高校卒業していない女性においては大きな下降が見られるそうです。



この研究は

「アメリカ1867〜1967年における結婚と離婚の統計」
(100 Years of Marriage and Divorce Statistics United States 1867-1967)

からデータを抽出してなされたそうです。



参照

http://psychcentral.com/news/2013/07/19/u-s-marriage-rate-hits-new-low/57368.html



ゼクシィ決定版 イマドキ結婚の常識&マナー (ゼクシィBOOK)

posted by ヤス at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

アスリート長者番付男トップはウッズ、女トップはシャラポワ



アメリカの経済誌『フォーブス』が

6月6日に最近1年(6月1日まで)のスポーツ選手長者番付を発表しました。

ゴルフのタイガー・ウッズ(37)が7810万ドル(約77億2000万円)を

稼いで1位に返り咲いたそうです。

そして、女子トップはテニスのマリア・シャラポワ(26)の

2900万ドル(約28億7000万円)で、全体では22位だったそうです。

トップ10は以下です。

1.T・ウッズ アメリカ ゴルフ 7810万ドル

2.R・フェデラー スイス テニス 7150万ドル

3.K・ブライアント アメリカ NBA 6190万ドル

4.L・ジェームズ アメリカ NBA 5980万ドル

5.D・ブリーズ アメリカ NFL 5100万ドル

6.A・ロジャーズ アメリカ NFL 4900万ドル

7.P・ミケルソン アメリカ ゴルフ 4870万ドル

8.D・ベッカム イギリス サッカー 4720万ドル

9.C・ロナウド ポルトガル サッカー 4400万ドル

10.L・メッシ アルゼンチン サッカー 4130万ドル


アメリカのアスリートの収入の多さが目立ちます。

参照

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00000019-ykf-spo

posted by ヤス at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

ユニセフ調査、オランダの子供は最も幸せ


世界で一番幸せな子どもたち―オランダの保育


国連児童基金(ユニセフ)が発表した先進国の子供の幸福度ランキングで、

29か国中、トップはオランダ、最下位はルーマニアとなったそうです。


ランキングでは、子供の物質的豊かさ、

健康と安全、教育、日常生活のリスク、

住居と環境を評価したそうです。

データの大半は2010年時点のものだそうです。


オランダと上位5位を占めたのは、

ノルウェー、アイスランド、フィンランド、スウェーデンの北欧4カ国。

イギリスは16位、米国は26位だったそうです。

このランキングは欧米先進国を対象としており、日本は含まれていないそうです。


オランダでは、子どもの物質的豊かさが最も高かったほか、

家庭の豊かさが低いと回答した子どもの割合も低かった。

また、子どもによる主観的評価も高く、

全体の95%が自身の幸福度は高いと回答したそうです。



妻からもいろいろとオランダの教育システムについて話を聞きます。

本当に良い仕組みだと思います。


教育システムに影響するには社会の他の分野も変化にしないといけないですが、

日本の教育システムもちょっとは影響を受けてほしいです。



参照

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE93A00V20130411









幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)

posted by ヤス at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする