【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2019年01月12日

欧州でうつ病成人が多い国:アイスランド、アイルランド、ドイツ、トルコ。イギリスも上位

うつ病を抱える人口が国別に公表され、イギリス人のうつ病患者数は、ギリシャ、イタリア、ポーランド、スロバキア、チェコと比べて倍以上だということがわかりました。

経済協力開発機構の調査によると、ヨーロッパの29の国々の中で、イギリスの成人うつ病患者数は、他のいくつかの国と同率で7番目に多いようです。そして、女性の方が報告件数は多いようです。イギリスの25〜64歳の人口の中で10%がうつ病を抱えています。この率はスウェーデンとルクセンブルグと同じです(全体平均は8%)。最も多いのはアイスランドの14%で、次いで、アイルランド、ドイツ、トルコが12%。


イギリス人の中で、GCSE(General Certificate of Secondary Education)という大学入試試験に近い全国統一試験を受けた後に、学業をやめた人の間では15%が、大学卒業の人の間では7%がうつ病を抱えています。イギリス全体で、女性の発症率は11%、男性は8%。参加国全体で見ると、女性10%、男性6%でした。

うつ病患者(25〜64歳)が多い国トップ10

アイスランド(14%)
アイルランド、ドイツ、トルコ(12%)
フィンランド、ポルトガル(11%)
イギリス、スウェーデン、ルクセンブルグ(10%)
オランダ、ラトビア(9%)
オーストリア、デンマーク、ノルウェー、スロベニア(8%)
ベルギー、スペイン(7%)
フランス(6%)
エストニア(5%)
チェコ、ギリシャ、イタリア、ポーランド、スロバキア(4%)


参照
https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/british-people-depression-west-mental-health-uk-oecd-europe-scandinavia-women-more-men-a7945321.html
posted by ヤス at 18:23| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

孤独感には遺伝子が大きく影響しているのかも

孤独感と持って生まれた性格に関係があるかもしれないと新たな研究で報告されました。

各個人に特有の環境的要素が孤独感に大きな影響があるのは事実ですが、遺伝的なものも大きく孤独感に影響していたようです。


今回の研究者である、カナダ、西オンタリオ大学のジュリー・シャーマー教授は、社会がより孤独になっていることに注目しました。例えば、イギリスでは2018年に孤独問題担当国務大臣という役職が作られました。

シャーマー教授曰く「メディアの注目は高齢者に当てられていますが、SNSなどを使ってのふれあいというのは、直接会ってするふれあいには劣るものです。大学でも、多くの学生が授業前、よく自分のケータイを見て、周りと話をしません。彼らがふれあう機会を失っているので、心配になります。彼らは一人ではないですが、非常に孤独です。」

今回の実験ではオーストラリアにいる大人の双子、764組(一卵性と二卵性含む)が集められ、性格を調べる「ビッグ・ファイブ」と孤独感を調べる心理尺度が使われました。一卵性と二卵性を比べることで、遺伝的なものと環境的なものを区別しようというのが狙いです。

結果、孤独感の35%は遺伝的な影響であり、また、神経過敏(心配性)な人ほど、孤独感を感じる傾向があったそうです。また、驚いたことに孤独感と新たな経験に対してオープンであることの間に正の関係があったそうです。感じの良さ、良心的な性質、また、外交性は、孤独感と負の関係にありました。つまり、性格と孤独感というのは遺伝子の中に入っているかもしれないということです。


しかし今回の実験の弱さの一つは、一般的な「孤独感」だけが調べられた点です。孤独感にも色々あります。例えば、友達がいない孤独感だとか、家族に関する孤独感など。今後、それら様々な孤独感と性格がどう関係するかを調べる必要があります。

シャーマー教授は、孤独を感じている人の多さ、また孤独がもたらしえるネガティブな結果などの情報をより多くの人に知ってもらいたいと思っています。孤独感は老若男女に影響し、今後、もっと社会に孤独が増えていくのでは、と述べています。

参照
https://www.psypost.org/2019/01/genetic-factors-may-play-an-important-role-in-loneliness-52890/amp
posted by ヤス at 08:17| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

カフェイン摂取、一日推奨量は一般成人で400ミリグラム以下

カフェインはよく認知機能や気分をよくするために消費されます。朝、コーヒーを一杯飲まないとその日、頭がはっきりしないという人も多くいます。カフェインにはそのようなプラスの効果がありますが、あまり取りすぎるとマイナスの効果がもたらされます。

プラスの効果
単純にコーヒーの匂いや味が好きで、カフェインの効果はおまけだだという人もいるでしょうし、カフェインの脳にもたらす効果がメインで欲しくてコーヒーを飲む人もいると思います。カフェインは刺激物であり、少量であれば脳の機能を高めると研究で報告されています。また他の研究では、長期的にも思考力にプラスをもたらすと言われています。

過剰摂取によるマイナス効果
通常、一般成人であれば一日250ミリグラム以下の摂取であれば、マイナス効果はないと言われています。一日の推奨量の上限は400ミリグラムです。カフェインは血圧と心拍数を上昇させます。過剰摂取によると、ハイに近い状態がもたらされます。またその他、イライラした気分や、不眠、時には不安や下痢をももたらします。その他、頭痛、神経質、頻尿、自生の欠如、胃の不快感、心拍数の過上昇、筋肉の痙攣などをもたらすこともあります。

カフェインには利尿効果があると言われていましたが、科学的な実験では、カフェインが体の水の欲しさを増加させる結果は見られていないそうです。



正常な量とは?
最も大事なのはあなたの体がどう反応するかです。上記のマイナスな症状が出るようであれば、量を減らすべきでしょう。研究が報告するには、一日400ミリグラムが推奨の上限です。これは普通の大きさのカップにコーヒー4杯分となります。また、妊婦であれば200ミリグラム以下が良いとされます。

子供には飲ませないほうが良いでしょう。カフェインは中枢神経系に影響し、子供の脳に影響します。ADHDや睡眠障害などの確率が増えます。具体的なガイドラインは数少ないですが、例えば、アメリカの食品医薬品局(Food and Drug Administration, FDA)は4〜6才児は一日45ミリグラム(340ミリグラムのコーラ1缶ほど)が上限だと記しています。


参照
https://www.verywellfit.com/what-are-the-side-effects-of-too-much-caffeine-2506047?utm_campaign=todaysl&utm_medium=email&utm_source=cn_nl&utm_content=15599918&utm_term=
posted by ヤス at 02:07| Comment(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

自己中毒(Ontological Addiction):自分のことに執着してしまい、それが不健康をもたらす

最近、僕の同僚でよく一緒に研究をするウィリアム・ヴァンゴードンが、中毒的に自分のことを考えてしまう「自己中毒(Ontological Addiction)」を提唱し、かなり注目を浴びています。僕もこの論文の作成には共著者として協力させてもらいました。

現在、科学は2つのタイプの中毒に焦点を当てています。一つは薬物やアルコールといった化学物質。もう一つは、ギャンブルなどといった行動。しかしながら、新たなタイプとして、自分自身やその存在に対する中毒があるのかもしれない。もちろん、多少の自己への興味は健康であり、必要だが、それが度を超えてしまうと私たちに害となる、とこの論文で述べています。


ここでイギリスの大手タブロイド社、ザ・サンの編集者が書いたアンケートをご紹介しましょう。これは単にこの人の思いつきなので、妥当性のチェックなどはしていませんが、科学的にアンケートを作成することを、ウィリアムと僕で現在進めております。

以下の質問に0から3で答えてください(0は「全くない」、1は「時々」、2は「しばしば(よく)」、そして、3は「いつも」)。

1.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、自分の富や社会的地位がどうしたら上がるかを考えましたか?

富、物質、そして社会的地位は自己の感覚を高めるものです。これらが、自分は他人とは違うんだと感じさせることはよくあります。これらにあまりに執われてしまうと、他の人よりもよりビッグなもの、よりたくさんのお金、より高い地位が欲しいという衝動が、私たちを惨めにし兼ねません。


2.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、何か親切なことをして後悔をしましたか?

他人に親切をするのは自分にとっても良いことです。しかし、自分を後に回す事に対して後悔の気持ちがあると、要注意です。そのような気持ちは、あなたが他の人を手助けする事が無駄だと思っていることを示しているのかもしれないからです。自分のケアは大事ですが、それだけをしていても、あなたのメンタルヘルスは蝕まれます。


3.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、他人からの特定の事柄に執着するなというアドバイスを無視しましたか?

執着を手放すことは、中毒者にとって非常に難しいことです。自己中毒者にとって些細なことでも執着を手放すことは難しく感じられます。ある人と小さなことで揉め事を起こしたことはないですか?このような揉め事は、それがネガティブでもフィードバックとなります。


4.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、自分が正しいと感じ、些細なことで傷つきましたか?

傷つくことは時々あることですが、いつでも傷ついていては、心の均衡が保てません。自己中毒の人は、強い意見を持ち、自分がいつも正しいと思い、自分と違う意見を唱える人を耐えることができません。彼らは同意が得られないと、侮辱されていると感じます。


5.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、周りの人があなたをどう見ているか、評価されているかを考えましたか?

他人からどう見られているかを考えるのは自然で必要なことです。これは自分というアイデンティティーや、限界や境界線を築き上げる基礎になります。しかし、これに執着して、まるで全世界があなたの見ているかのように、他人の評価を気にすると悪影響です。孤独感を感じるかもしれません。


6.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、他人と比べて劣等感や優越感を感じましたか?

劣等感を感じることは謙遜だと感じるかもしれませんが、それでも焦点はまだ自分にあります。つまり、他人と比べて良い、悪いに関わらず、こうした考え方では、まだ自分が中心にある事になります。他人のことを考える心のスペースが必要です。


7.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、一人で過ごす時間を作らないように忙しくしていましたか?

自己中毒の人は、自分には、周りの人とは切り離した、個別の強いアイデンティティーがあると信じています。しかし、私たちは周りの人との関係性にのみ存在しています。このような概念は私たちのアイデンティティーについて考えさせます。そして、一人で時間を過ごす時に、心を悩ませることさえあります。


8.過去1ヶ月を振り返ってどれだけ頻繁に、世間体をよくしようとして無理に頑張って、疲れやストレスを感じたり、病気になりましたか?

こういう風に見られたいという欲求があなたを病気にしていませんか?自己中毒者は他人からよく思われたいという衝動が強いです。自分が病気になるほどそれが強いと、用心が必要です。


以上、8つの質問に0から3で答え、合計が24点中、何点になるかを計算します。

0〜8:自己興味
良いバランスです。他人に対して興味を持つスペースがあり、また、自分への関心もあります。


9〜16:自己愛
少し健康な範囲を超えるレベルの自己興味です。少し見方を変えてみる必要があります。


17〜24:自己中毒
自己中毒であるリスクが高いです。健康や人間関係が壊れる前に、一度、自分の感情や行動を見直してみましょう。


以上が自己中毒の簡単なアンケートです。統計学的なチェックも何もしていないので、妥当性はわかりませんが、面白い程度にできるものかもしれません。今後、僕たちはこのアンケートを科学的、統計学的に作成していこうと思っております。

参照
https://www.thesun.co.uk/fabulous/7870293/take-our-quiz-to-see-addicted-to-yourself/
posted by ヤス at 06:05| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

参加者募集・ポジティブ心理学に関する実験(クリスマス・お正月編)日曜日まで

■参加者募集・ポジティブ心理学に関する実験(クリスマス・お正月編)

今日はポジティブ心理学に関する実験の参加者募集に関する投稿をさせていただきます。

クリスマスやお正月と色々とイベントがあるこの期間に

ポジティブ心理学の介入が、私たちの「楽観性(メンタルヘルスを含む)」

どのような効果があるのかを調べてみたいと思います。


現在、私が勤めるダービー大学の同僚(アン・カークマン、デイヴィッド・シェフィールド、フランセス・マラトス)と共に、

ポジティブ心理学を使った介入の実験をしております。



この実験では、ネット上で心理学に関する3つのアンケートに回答してもらうこと(全部で4回)と

毎日最短2分ほどでできるポジティブ心理学のスキルを3週間に渡って実践をしていただきます

(一部の参加者には介入なしで普段どおりに過ごしてもらいます:制御グループ)。

制御グループと介入グループのグループ分けはこちらでランダムに行います。

アンケートの回答は、クリスマス前、1週間後、3週間後、そして、

その1ヶ月後(クリスマスからおよそ7週間後)です。


今回は労働者の心理学を知りたいので、参加条件として普段、週に24時間以上働いている

そして18歳以上であることが条件となります。


もし参加に興味があれば、12月23日(日)23:59までに、以下のリンクから登録してください。

https://derby.qualtrics.com/jfe/form/SV_eIJNWDxMOnZOQgR



参加者には匿名で参加をしていただきます。

実験終了後、2週間以内に連絡をいただけますと、入力いただいたデータを消すことができます。

皆様のご参加、お待ちしております。
posted by ヤス at 05:19| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする