【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年05月04日

仕事に役立つマインドフルネス:体現、メタ認知、集中

スタンフォード大学の講師、リー・ウェイズが、マインドフルネスをいかに仕事で使うかについて述べ、3つのタイプのマインドフルネスを挙げています。

体現(Embodiment):これは体への気づきのことです。1日を過ごす中で、体はどう感じているかに焦点を当てます。近代社会は、体を無視する風潮が高まっています。思考に焦点が当たりすぎるあまり、自分が体の中にいることを忘れているのです。これは大事な情報源から離れることを意味します。直感や感情であたり、また、長期的な痛みの兆候も体にあります。ストレスが溜まると、それも体に現れます。しかし、体への感覚があると、そうしたものも早い段階で対処できます。


メタ認知(Metacognition):メタ認知とは経験していることを理解することです。自分の思考や行動を観察することです。メタ認知を鍛えることで、衝動的な感情が湧いても、それを衝動的だと認識することができ、それに従って行動しなくても良いと理解できます。そして、実際に起きていることと、私たちの解釈の違いを理解でき、労働生産性を下げるような勝手な想像から脱出させてくれます。

集中(Focus):これは注意を向けたい対象へと向けることです。技術が進歩した現代、集中力を散らすものを知ることが大事です。多くの人がマルチタスカーだと思っていますが、マルチタスキングなど存在しません。タスクをコロコロと変えるタスク・スイッチングはありますが、それによって生産性は大きくロスします。集中力を鍛えるには、集中力が散漫になったら、また、集中したいものへと戻ってくる、この練習を繰り返すことです。そして、集中力の散漫がどのように起こるかを理解することも大事です。良い方法として、20分間のモノタスキング、つまり、1つのことに集中する時間を持つと良いかもしれません。


マインドフルネスには様々なメリットがありますが、大事なものとして、自分の人生にとって大事なことにちゃんと目を向けているかどうかを知る方法としても、非常に有効だと言えます。これら3つのマインドフルネスは、特にあなたの仕事に役立つかもしれません。

参照
https://www.gsb.stanford.edu/insights/bringing-mindfulness-your-career
posted by ヤス at 21:51| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

年間15兆円の損失。イギリス労働者のメンタルヘルス問題

2017年にイギリスでは、労働者のメンタルヘルスの状況を見ようと大規模な調査が行われました。それがスティーブンとファーマーが書いた『Thriving at Work(職場で活躍するために)』というレポートにまとめられました。

イギリスの労働者間ではメンタルヘルスに関する悪い印象(stigma)はまだ強く、それがメンタルヘルスに関するオープンな会話を妨げています。


メンタルヘルス問題を抱える人は多くなっている一方で、長期的なメンタルヘルス問題によって仕事を失う人の数は毎年30万人にのぼります。これは体の問題を抱える人よりも多い割合。彼らの分析では、15%の労働者は何らかのメンタルヘルス問題に悩まされている

メンタルヘルス問題の、経営者にかかるコストは330〜420億ポンド(5〜6.3兆円)だとみられており、これらの半分は疾病就業、つまり、メンタルヘルス問題を抱えながら仕事をして、低い生産性を発揮することから来ています。

政府にかかるコストは240〜270億ポンド(3.6〜4兆円)で、これは福利厚生や税金の軽減、また、国民健康サービスの費用などです。

その他諸々を合わせて国の経済全体で見ると、年間740〜990億ポンド(11〜15兆円)が失われていると見積もられます。

現在、イギリス全体で労働者の生産性を高めようという動きが出ていますが、そのためにも経営者や政府は労働者のメンタルヘルス改善を優先させる必要があります。


また数々の研究で、労働者のメンタルヘルス改善に取り組むことが、生産性に良い影響を及ぼすと報告されています。例えば、デロイテのケーススタディでは、メンタルヘルス改善に投資した場合、それは生産性改善をもたらし大きなリターンとして返ってきました。こうした研究事例は多々あります。オーストラリアの消防局では、マネージャーに対してメンタルヘルスの研修をした所、メンタルヘルス問題のために欠勤する数が減り、研修費用の10倍の生産性向上に繋がりました。

非常に興味深い資料です。また他の部分も紹介したいと思います。
参照
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/658145/thriving-at-work-stevenson-farmer-review.pdf
posted by ヤス at 17:36| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

年間15兆円の損失。イギリス労働者のメンタルヘルス問題

2017年にイギリスでは、労働者のメンタルヘルスの状況を見ようと大規模な調査が行われました。それがスティーブンとファーマーが書いた『Thriving at Work(職場で活躍するために)』というレポートにまとめられました。

イギリスの労働者間ではメンタルヘルスに関する悪い印象(stigma)はまだ強く、それがメンタルヘルスに関するオープンな会話を妨げています。


メンタルヘルス問題を抱える人は多くなっている一方で、長期的なメンタルヘルス問題によって仕事を失う人の数は毎年30万人にのぼります。これは体の問題を抱える人よりも多い割合。彼らの分析では、15%の労働者は何らかのメンタルヘルス問題に悩まされている

メンタルヘルス問題の、経営者にかかるコストは330〜420億ポンド(5〜6.3兆円)だとみられており、これらの半分は疾病就業、つまり、メンタルヘルス問題を抱えながら仕事をして、低い生産性を発揮することから来ています。

政府にかかるコストは240〜270億ポンド(3.6〜4兆円)で、これは福利厚生や税金の軽減、また、国民健康サービスの費用などです。

その他諸々を合わせて国の経済全体で見ると、年間740〜990億ポンド(11〜15兆円)が失われていると見積もられます。

現在、イギリス全体で労働者の生産性を高めようという動きが出ていますが、そのためにも経営者や政府は労働者のメンタルヘルス改善を優先させる必要があります。


また数々の研究で、労働者のメンタルヘルス改善に取り組むことが、生産性に良い影響を及ぼすと報告されています。例えば、デロイテのケーススタディでは、メンタルヘルス改善に投資した場合、それは生産性改善をもたらし大きなリターンとして返ってきました。こうした研究事例は多々あります。オーストラリアの消防局では、マネージャーに対してメンタルヘルスの研修をした所、メンタルヘルス問題のために欠勤する数が減り、研修費用の10倍の生産性向上に繋がりました。

非常に興味深い資料です。また他の部分も紹介したいと思います。
参照
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/658145/thriving-at-work-stevenson-farmer-review.pdf
posted by ヤス at 17:36| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

お金はモチベーションに影響するのか?その2

内的モチベーションは、外的モチベーションと比べて、パフォーマンスにより強く関係し、パフォーマンスをより強く予測できます。外的な事柄に集中するほど、内的な楽しみから目を背ける傾向が高く、それらは高パフォーマンスに繋がっています(しかしながら、最近の研究では内的と外的が同時に高い事もあると報告されています)。


お金とモチベーションに関係する研究を見ていくと、お金でモチベーションを上げようとする事には、何らかのコストが伴いそうです。しかしこれは無償で働けというのではありません。生活を支えるだけの収入は必要です。しかし、必要だけの収入があり基本的なニーズが満たされると、それ以上のお金がどれだけ心のプラスをもたらすのかはまだ疑問です。カーネマンとディートンの有名な研究では、アメリカにおいて、給料が年間で7万5千ドルに上がるまでは、心の健康度も同じように上がるそうです。しかしそれ以上の給料があっても、心の健康度は横ばいとなります。

私たちがお金に対して持つ関係性は人それぞれと言えそうです。様々なものが個人化してきた現代で、お金が同じように作用すると考えるのも不思議だと言えます。

例えば、お金に対する不安度合いも人によってバラバラで、お金を大事にする理由も人によって異なります(例:力、自由、安全、愛情)。企業が従業員のモチベーションを高めたいなら、それぞれの従業員の価値観を理解する必要があります。研究で、それぞれの価値観はエンゲージメントと異なるように関連しています。例えば、権力やナルシズムを追求することで得られた収入は、家族の安定や休暇のために得られた収入よりは、報われた気持ちがしないでしょう。


最後に、新たな研究では従業員の性格が、給料よりもエンゲージメントを予測できると報告しています。2万5千人の参加者を扱ったメタ分析では、性格が仕事満足度の4割を決定することがわかりました。感情的に安定していて、外向的で、愛想良く、良心的な人ほど、仕事に満足している(給料に関係なく)。そして、組織において、エンゲージメントを下げる最も大きな要因は、無能なリーダーシップでした。

お金とモチベーション、非常に面白い分野だと思います。

参照
https://hbr.org/2013/04/does-money-really-affect-motiv
posted by ヤス at 07:42| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

お金はモチベーションに影響するのか?その1

人はいくら稼げば幸せになるのか。多ければ良いということでもないようです。また面白いことに、ある研究では、自分で給料を自由に決められるとしても、人々は自分の仕事をより楽しめるようにならないだろうと言われています。

つまり、お金は仕事をより楽しいものにしてくれるのか?または、高い給料がモチベーションを下げることがあるのか?これらについて考えたいと思います。

まずは、お金が仕事へののめり込み度合いを高めるか?120件の研究をまとめた論文によると、給料と仕事への満足との間の相関度数は非常に弱かった。r = .14、つまり、この2つが交じり合うのはたった2%ということ。そして仕事への満足ではなく、給料への満足と、給料との相関関係は約5%の関係性でした。つまり、人の給料とその給料への満足感はあまり関係がないと言うことです。


更に、異文化比較をすると、給料と仕事満足、給料と給料満足の関係性は、どの国や文化でもほぼ同じだと分かっています(例えば、アメリカ、インド、オーストラリア、イギリス、台湾では大きな違いはなかった)。同じような結果は、グループ間での分析でも見られました。トップ50%の給料を得ている人たちは、ボトム50%の給料を得ている人たちと同じような仕事満足度を示していました。ギャロップ社のエンゲージメント調査(34カ国、49産業、192組織、140万人が参加)でも同じような結果が出ました。

つまり、より深く仕事に関わるような社員が欲しければ、お金は答えではないということです。つまり、エンゲージメントはお金では買えないということです。では、お金はモチベーションを下げてしまうのか?一部の研究者はそうだと言います。つまり、給料という外的なモチベーション要因をもらうことで、内的モチベーションが「曇って」しまうと述べています。

心理学でこれを「過度の正当化理論」と言いますが、具体的にどれくらい給料が上がれば、モチベーションが下がるかなどは分かっていません。しかし、興味深い研究報告があります。


エドワード・デシらは、128の制御された実験をメタ分析しました。最も強く現れたのは、外的報酬がもたらすモチベーションへの悪影響です。この悪影響は、与えられた課題が興味深いものであるほど、大きくなりました。具体的には、報酬が標準偏差1つ分上がる旅に、内的モチベーションは25%下がりました。報酬が期待できて、その規模が分かっていれば、内的モチベーションは36%も下がりました。デシらは、外的な報酬に頼ることで、内的モチベーションをなくしてしまうリスクがあると述べています。

※ちなみに、つまらない課題に対しては、報酬がモチベーションを高めるそうです(参照)。

もう1つ注目したいのが、チョーとペリーのアメリカ20万人の公的機関に務める労働者を対象にした実験。従業員の内的モチベーションは、外的モチベーションの3倍もエンゲージメントに関連していて、更に、この2種類のモチベーションは互いに潰し合うということ。つまり、外的な報酬にあまり興味のない社員は、内的モチベーションが高く、また、エンゲージメントも高い。逆に、報酬に興味のある社員は、内的モチベーションが低く、仕事への関わりも低い。つまり、仕事そのものに集中していて、それが楽しいと思える社員は、仕事への関わりも高い。これは給料が低い社員の間でもみられました。

この結果を見て、例えば、今の仕事が嫌いな人は、給料くらいしか楽しみにするものがないから、こうした相関関係せ見つかったのでは、と問う人もいるかもしれません。それを実証するのは難しいですが、無きにしも非ずかもしれません。また、給料に注目する社員は、仕事を楽しむことを避けている可能性もあります。


その2へ続く

参照
https://hbr.org/2013/04/does-money-really-affect-motiv
posted by ヤス at 02:21| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする