2022年07月08日

自分に労りの心を向けること

「セルフコンパッション」、平たくいうと「自分に労りの心を向けること」は、健康や人間関係に役立ちます。自分への労りは、不安やうつのレベルを下げるなど、さまざまな健康に関する効果をもたらします。自分を労わることができる人は、自分が苦しんでいることを認識し、その時に自分に優しくすることで、不安や抑うつ状態を軽減します。自分への労りは鍛えることができます。


ハーバード大学の心理学者クリストファー・ガーマーは、著書『The Mindful Path to Self-Compassion』で、自分への労りを人生に取り入れるには、身体的、精神的、感情的、人間関係的、スピリチュアルな方法の5つがあると提案。そして、自分への労りを育むさまざまな方法を開発しています。以下に例を挙げます。

自分の体を労わる:健康的なものを食べる。寝転がって体を休める。自分の首や足、手をマッサージする。散歩をする。あなたが身体的によく感じることはすべて、自分への労りを発揮していることになります。

自分宛に手紙を書く:あなたが苦痛を感じる原因となった状況(恋人との別れ、失業、プレゼンの失敗)を思い出してみてください。誰のせいにもせず、その状況に対して、自分宛に手紙を書いてみましょう。自分の感情を認めましょう。

自分を励ます:何か悪いことや辛いことが自分に起こったとき、同じことが親友に起こったらどう言うかを考えます。そして、その思いやりのある反応を自分に向けてみましょう。

マインドフルネス:これは、自分自身の思考、感情、行動を、抑圧したり否定しようとせずに、偏見なく観察することです。鏡を見て、自分の姿が気に入らないとき、思いやりのある態度で、良いことと悪いことを受け入れることができます。


自分への労りは今、さまざまな研究や実践で注目されています。今後ますます開発が進められると思います。

参照
https://www.health.harvard.edu/healthbeat/the-power-of-self-compassion
posted by ヤス at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月13日

腸と脳の関係

腸内に生息するバクテリアなどの細菌が、脳の病気になるかどうかなど、脳に影響を与える。100年以上前に、私たちは細菌が腸内、口や鼻、皮膚に生息していることを発見しました。人類が誕生して以来、ずっとそうしてきた。そして、ごく少数の種類の細菌が腸の病気を引き起こすこともわかってきました。


特にこの15年の間に、腸内細菌は私たちの体の細胞に影響を与える物質を作り出すことができることが分かってきました。その物質の中には、私たち自身の細胞が作り出す物質と類似していたり、同じであったりするものがあるからです。

では、腸内細菌はどのように脳に影響を与えるのでしょうか?

食べ物の栄養素が腸から血液に移動するのと同じように、腸内細菌が作った物質が血液に入ることがあります。また、脳と腸をつなぐ神経がありますが、腸内細菌はその神経を通じて脳に信号を送ることができます。さらに、腸内細菌は腸の壁にある免疫系細胞を刺激し、免疫系細胞は神経を通して脳に信号を送ることができます。

過去10年の研究により、腸内細菌が私たちの感情や認知能力に影響を与える可能性があることが分かっています。例えば、ある細菌はオキシトシンを作ります。オキシトシンは私たち自身の体内で作られるホルモンで、社会的行動の増加を促します。また、ある細菌は、うつ病や不安神経症の原因となる物質をつくります。また、ストレス下で私たちを落ち着かせる物質を作る細菌もいます。

最後に、腸内細菌は、アルツハイマー病、パーキンソン病、自閉症など、特定の脳疾患に対する脆弱性にも影響を与えることが明らかになっています。例えば、パーキンソン病の人の脳に見られるシヌクレインという物質は、腸内細菌によって作られ、腸から神経を伝って脳に到達することができます。

まだまだ新たな発見が必要な分野ですが、非常に興味深いと感じました。

参照
https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/whats-the-connection-between-the-gut-and-brain-health?
posted by ヤス at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

リサーチからインパクトへ

インパクトとは、研究が社会や経済に与える貢献であり、個人、組織、国家に利益をもたらすものと定義されます。研究からインパクトを生み出すことは、状況に大きく依存し、時間がかかり、また偶然性も含みます。

「インパクト」は「知識の動員(Knowledge mobilisation)」だと表現されます。知識の動員は、変化を促進するために異なるコミュニティ間で知識を共有することです。これは、エンゲージメント、普及、共同設計、商業化などのプロセスや活動で構成されています。

研究ユーザーとの関わり
有意義な研究成果を生み出すには、研究を利用する可能性のある人々を巻き込む必要があります。この関わりは通常、研究プロジェクトの初期段階、つまり研究デザインを設定する前の段階から計画されます。

英国国立衛生・ケア研究所(NIHR)ではすべての申請者に、ユーザーが研究からどのような恩恵を受けるかを考慮し、研究プロセスのあらゆる段階でユーザーと関わり、参加する方法を前向きに(かつ現実的に)検討するよう促しています。研究ユーザーには、患者、介護者、一般市民だけでなく、研究委託者、ボランティア部門の専門家、管理職、様々な経歴の臨床医、その他、意図した変化が現場で実践されたり、政策に組み込まれたりするために必要な人が含まれるでしょう。

インパクトへの道筋を計画する
研究ユーザーと関わり、初期の段階からどのような影響があるかを考えることで、そのプロセスを計画することができます。計画には、達成したいインパクトの内容、つまり、「何が、誰 のために、どの程度、いつ変化するか」を検討することなどです。NIHRの研究プログラムに資金援助を申請する研究者は、申請書 に「関与と影響に関する計画」を含むことが求められています。この計画では、研究成果をもたらすために、研究ユーザーとどのように関わっていくかを説明する必要があります。また、NIHRから資金提供を受けた研究者は、Researchfishを通じてNIHRに研究の成果、影響、影響を報告することが期待されています。

エンゲージメント
研究ユーザーを知る。彼らの興味、視点、ニーズを理解し、何が彼らを動かしているのかを知ります。彼らがどのようなタイムスケールで仕事をしているかを理解します。人によってニーズが異なることを認識する。適切なネットワーク、知識、経験を持つ適切な人材に参画してもらい、できれば最低2名は共同申請者とします。

計画段階で研究ユーザーを巻き込み、プロジェクト期間中もそれ 以降も継続して参加させます。十分な時間と費用をかけ、申請書内で研究ユーザーの意見を適切に反映させる。

パートナーシップ
変化をもたらす必要がある組織内で、研究の「チャンピオン」と なる人を見つけ、育成します。

確立されたネットワークと連携し、研究の知名度を上げます。例えば、ボランティア団体などは、政策立案者、サービス利用者、介護者と強力なコネクションを持っていることが多いので、彼らと協力することも有益だったりします。

既存のフォーラム、グループ、会議、イベントなどを利用して、知識を交換し、意識を高め、研究の初期段階や研究の進捗に応じて研究に対するフィードバックを得るようにしましょう。

背景
研究の文化的、財政的、サービス的、政策的背景を理解します。変化を求め、研究に取り組むのに適切な人々や条件がある状況を特定し、開拓します。そのような背景の中で、自分の研究が目的に合っていることを確認する必要があります。

資料
管理者、患者や介護者、実務者、産業界、研究者、臨床医、一般市民向けに、適宜、様々なオーダーメイドのアウトプットを用意しましょう。文書による資料を作成する場合は、わかりやすい英語を使用します。従来の報告書、一般向け要約、学術論文の配布だけでなく、インタラクティブなアウトプットやアプローチを用います。ストーリー、ソーシャルメディア、イラストを使用することも検討しましょう。

アプローチ
ネットワーク、教育イベント、監査とフィードバック、ITシステムへの研究成果の組み込み、劇場などを通じて、対象者に到達し、影響を与える最善の方法を検討してください。

複数の方法を用いてください。

複数の対象者にアプローチする。

タイミング
エンゲージメントを維持し、最終結果を望ましいものにするために、研究終了前に共有できるものを検討します。インパクトにつながる機会は、しばしば予期しない、計画外のものであるため、偶然性も考慮しておきましょう。

参照
https://www.nihr.ac.uk/researchers/apply-for-funding/how-to-apply-for-project-funding/plan-for-impact.htm
posted by ヤス at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

リカバリーナラティブ:心の問題から回復した人の話に触れることで自らの心の問題の解決に役立てる

リカバリーナラティブとは、心の問題など、健康上の問題から回復した人の話に触れることで自らの心の問題の解決に役立てることを言い、近年、メンタルヘルスの改善のための手段として注目を浴びています。他人のリカバリーナラティブに触れることは、自分自身の心の問題に対処するのに役立つのです。従って、治療の一部に組み込まれることもあります。リカバリーナラティブの特徴としては、個人が逆境を克服し、成長する様子を語るものです。


現在、私が属する研究チームでは、リカバリーナラティブの臨床試験を行っています。リカバリーナラティブをウェブ上に集め、参加者はウェブのアルゴリズムを使い、自分に合ったナラティブにアクセスします。同じようなことに苦しむ人が回復していった様子を学ことによって、自分の心の健康に役立てます。また、自分の周りに話す人がいなかったり、他人に話すことを恥だと感じる人たちにとっては、このようなツールは孤独感から守ってくれます。

しかしながら、全ての話が万人に良いわけではありません。治療者は気をつけて使う必要があります。例えば、自傷行為に関する話(特に摂食障害に関連するもの)は、同様の問題に対処する人々のさらなるトラウマを誘発する可能性があります。また、話の内容や話し手に多様性が必要であることも挙げられています。例えば、話し手の人種が、自分とは異なる人種ばかりだと、疎外感を感じることもあります。より多様な話、話し手が必要です。

参照
https://www.medicalnewstoday.com/articles/325117
posted by ヤス at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月20日

健康に関する研究助成金を得る10のコツ

英国国立健康研究所(NIHR)のロンドン支部がまとめていました。

1. 下調べをする
資金源を調べ、ガイドラインをよく読み、疑問があればプログラム担当者に問い合わせる。応募資格はあるか?あなたの研究課題に対して、すでに答えが出されていたり、類似の研究に資金が提供されていたりしないか?

2. 十分な時間を用意する
企画書の作成、チームの結成、同僚やRDS(研究デザインサービス)のアドバイス、コストの計算、大学(または組織)内でのピアレビューなど、良い申請書を作るには数ヶ月の時間が必要です。本当の締め切りの数日前に、個人的な提出期限を設定すべき。

3. 「なぜか」を説明する
なぜこのプロジェクトなのか?なぜ今なのか?なぜあなたなのか?問題の大きさと重要性、そしてあなたの研究が何をもたらすのか?ほとんどの資金提供者は、このような質問を自分自身に投げかけている。優れた申請書は、適切なプロジェクトが、適切な時期に、適切な人々によって行われることを伝えている。

4. 適切なチームの結成
一匹狼は健康研究においては稀な存在。資金提供者は通常、異なる視点と多くの専門分野における十分な経験を持つチームを好む。専門家の意見が不足している場合、専門家の審査員にすぐにバレてしまう。

5. 患者・利用者の参画
これは、ほとんどの医療・社会福祉研究に必須の条件となっている。研究者と患者・公衆・サービス利用者との間の積極的なパートナーシップでなければならない。これは、研究の計画段階から始めることができ、またそうすべきである。

6. 目的に準じた研究方法
目的と目標は少なく、明確であるべき。そして、これらの目的を明確に満たす研究方法を考える。多くの提案書はこの段階で失敗する。研究方法は包括的であり、かつ関係することだけを述べる。成果測定がどのように目的を満たすかを説明する。

7. 達成可能なものにする
プロジェクトを管理するためのチーム、体制、スケジュールがあり、それがうまく機能するように、資金提供者に説得する。研究が失敗しがちなのは、参加者集めである。現実的でエビデンスのある募集計画を立てるべき。

8. 理解できるようにする
提案書は、他の分野の専門家にも審査される。忙しい査読者が、あなたの提案書が不可解であったり、つまらないという理由で、注意深く読むのをやめてしまうことは実際よくある。平易な英語のアブストラクトでは専門用語を避け、生き生きとした表現で書くべき。

9. インパクト
公的資金を受けた研究がどのように社会的または経済的な利益をもたらすかを明示するか、または研究内容と人々の健康増進との間の道筋を説明すること。NIHRは、あなたの研究が数年以内に患者や国民健康サービスに、どのように利益をもたらすか、そのエビデンスを提案書の中に探している。

10. 最初はうまくいかなくても
研究資金は、多くの場合、非常に競争の激しいものである。成功するためには、何度か失敗することもある。自分自身と自分のアイデアを信じることを止めずトライする。

参照
https://www.rds-london.nihr.ac.uk/wpcms/wp-content/uploads/2018/10/10-tips-funding-success-Feb-2018.pdf
posted by ヤス at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする