【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年05月03日

職場でのメンタルヘルス。積極的なケアがコストダウンになる

メンタルヘルスに関する問題は多くの労働者に影響しています。しかしそれらは外に現れにくいので、見逃されがちです。アメリカの大規模なメンタルヘルスの調査(15〜54歳を対象)では、労働者の約2割が前の月に何らかのメンタルヘルス障害の症状を経験したと答えています。


しかしメンタルヘルスの治療などのケアを受けようとすると恥や格好悪いと思う傾向があり、それらが問題を悪化させています。マネージャーも部下のメンタルヘルスをケアしようと思うものの、手段がわからないというのが多くの場合、現状です。そして、臨床に携わるプロも、この分野は比較的新しく、どのように接するかに困っています。

こうしたことが、労働者、個人のメンタルヘルスとキャリアに悪影響をし、また、会社レベルでは、会社の生産性を下げています。しかし反対に、正しい対処をすれば労働者の症状は改善し、会社の生産性も高められます。その実現にはメンタルヘルスに対する態度を変えること、また、正しい知識が必要です。


メンタルヘルスは外から判断しにくいですが、その経済的損失は目を見張るものです。こういった研究はいくつかなされていますが、例えばWHOの「健康と労働パフォーマンス・アンケート(Health and Work Performance Questionnaire)」はよく使われるツールです。このアンケートは、メンタルヘするが原因で欠勤した日数をたずねるだけではなく、出勤した日にどれだけ生産的かもたずねます。そして、全体的にどれだけ生産性が失われているかを考えさせてくれます。

ある研究では肉体的に、または、精神的に症状を持つ34,622人の労働者を10社から集め、会社が医療や治療薬に使う費用と、労働者が上記のアンケートをして、どれだけ欠勤しているか、また、生産性が失われているかを抽出しました。

研究者が最も費用のかかる症状を計算していくと、それは肉体的な症状ではなく、うつ病でした。不安症は5位にランクしました(2位が肥満、3位関節炎、4位が腰痛、首痛)。


これらの研究が訴えるのは、メンタルヘルス問題に関わる間接的なコスト(例えば、生産性のダウンによる損失)は、直接的なコスト(健康保険料や薬代)を上回るということです。メンタルヘルスのサポートを受ける人が少ないことを考えると、企業はもっとメンタルヘルスの予防やそれに関するスタッフを強めることが勧められます。

メンタルヘルスのケアを利用しやすくするためにハーバード大学の研究者が、電話による心理セラピーを施す実験をしました。対象は業種の異なる16の大企業でした。

心理的なケアの必要な参加者を300人ずつ、電話セラピーグループと対面セラピーグループに分けました。結果を見ると、電話グループの気分は上昇していて、対面グループと比べると、現在の仕事に留まりたいという度合いが、大きく向上しました。電話グループの生産性は週2.6時間分、上昇していて、これは約1800ドルに相当します(電話セラピーのコストは100〜400ドル)

メンタルヘルスへの取り組みは積極的にケアをしていくことで、結果的にコストダウンに繋がると言えそうです。


参照
https://www.hcp.med.harvard.edu/hpq/info.php
posted by ヤス at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

アンソニー・ロビンズで英語を学ぶ 復習ノート 170402

題材:5 steps to take control of your life now

「人生のコントロールを得る5ステップ パート2」についてアンソニー・ロビンズが話しています。話し言葉を文字にしているので、文法的におかしい所があります。



●話している英語

5:09
So it goes from just a list to ‘when am I gonna what?’ When am I gonna work on it? When am I gonna do it?

5:14
Block times can move. Schedule times can’t unless you renegotiate. What’s the difference between a block time and scheduled time? Scheduled, you made a commitment to another person, so can’t be moved without negotiation. You gotta call or gotta work out.

5:30
Block time, you could move if you need to. So it has more flexibility. Makes sense?

5:35
And you do this, in an integrated way, we do this on the computer, that is fine, but actually I’ve done on paper for years.

5:40
Ok so we got capture. Pretty easy just to get out of your head to one location. We got create the plan, three questions, and three action items you are gonna do that. Maybe you got an RPM plan.

Number 3, we commit and schedule. Number 4, what do you wanna do? Complete and achieve. Complete is the most important item, achieve what you are after. Is that simple?

6:03
And finally the most important one of all to me, celebrate.


●キーワード

・block 確保する

I blocked 1 hour to work on this project.

私はこのプロジェクトに取り組むために1時間、確保しました。


・schedule 計画する

I would like to schedule a meeting with you next week.

来週、あなたとミーティングを計画したいです。



・after 求める

Tell me what you are after.

あなたが求めていることを教えてください。




●話している英語の訳

5:09
だから、単なるリストから、「いつ何をやるか?」というリストに変わるんだ。

5:14
ブロック時間は動かすことができる。スケジュール時間は、関係者に相談しないと動かせない。ブロック時間とスケジュール時間の違いは何か?スケジュール時間は誰か他人との約束。だから変更するには相談しないといけない。電話をしたり、調整をしたり。

5:30
ブロック時間は必要があれば動かすことができる。もっと柔軟性がある。わかるかな?

5:35
これを統合した方法ですることができる。コンピュータを使ったり、紙を使ったり。私は長年、紙に書いてやってきた。

5:40
私たちは「書き出す」ということを学んだ。簡単なことだ。頭から出してどこか一つの場所に置いておくんだ。そして、「計画を立てる」。そして、3つの質問と3つの行動項目。RPMプランを持つ人もいるだろう。

3つ目がコミットと計画。4つ目が完了と達成。完了とは最も大事な項目であり、達成はあなたが欲しい結果を達成するということ。シンプルでしょ?

6:03
そして最後に私にとって最も大事なこと。祝福をする。



アンソニー・ロビンズに興味がある方は以下がオススメです。
Awaken the Giant Within: How to Take Immediate Control of Your Mental, Emotional, Physical and Financial(訳本『アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本)』)
Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement(訳本『一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える』)
Unleash the Power Within: Personal Coaching from Anthony Robbins That Will Transform Your Life!
MONEY Master the Game: 7 Simple Steps to Financial Freedom
【まさにTOEICの裏ワザ】僕もお世話になったSapiens Sapiensさんから待望のTOEIC教材が出ました!非常にオススメです。
TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ 【Eigo Buffet】

posted by ヤス at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スカイプ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場におけるメンタルヘルスの問題。米2割が過去1ヶ月に経験

メンタルヘルスの問題は多くの労働者に影響を与えているが、目に見えにくい症状のため見過ごされています。アメリカの調査(the U.S. National Comorbidity Survey)によると、15〜54歳のアメリカ人労働者のうち18%が、過去1ヶ月の間にメンタルヘルスの問題を経験したと報告しています。


しかし、そうしたメンタルヘルスの問題を持つという事が恥だと思う傾向が強いため、治療を受ける人は多くありません。特に近年のアメリカではそうした事が知られると職を失うかもしれないと思う労働者は多いようです。同時に、管理職はそうした状況に助けをしたいと思いつつも、具体的な方法はわからないようです。さらにメンタルヘルスの治療者にとっても、患者のケアをしながら、職場で症状をどう対処するかアドバイスをするのは、難しい事だそうです。

こうしたこともあって、メンタルヘルスの問題は認識されず、治療されずに進行しているようです。そしてこれは、個人の健康・キャリアと企業の生産性に大きなダメージとなります。しかし、正しい治療をすれば、労働者の症状は改善し、仕事でのパフォーマンスは向上します。それをするには職場でメンタルヘルスに取り組む姿勢を変えなければいけません。

職場でのメンタルヘルスを考える際に以下がキーポイントとなります。

・職場でのメンタルヘルス問題は、他の状況とは違うことがある。
・これらの症状は病欠につながることもあるが、最も大きなインパクトは生産性の低下である。
・研究では治療をすることが仕事のパフォーマンスを高めが、すぐに治るものでもないと報告している。


参照
http://www.health.harvard.edu/newsletter_article/mental-health-problems-in-the-workplace
posted by ヤス at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

長時間労働者は心臓発作の可能性高い

ハーバード大学の研究グループがアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの計17件の実験、計53万人、7年間に渡る労働時間と健康に関するデータを分析しました。彼らが実験に参加すると同意した時、この中に心臓病を持つ人はいませんでした。

社会経済的な状況、喫煙するかどうか、定期的な運動、高血圧などの要素を統計的に調整すると、一週間に55時間以上働く人は、一般的なフルタイムの35〜40時間働く人と比べて33%も発作を起こしやすいと出ました。

長時間働く人は、長時間座っていて、睡眠時間が短く、ストレスも高い。これらは全て心臓発作につながります。長時間働く人は、健康な食生活と十分な休養を摂るように薦めています。

参照
http://www.health.harvard.edu/stroke/research-were-watching-longer-work-hours-may-boost-stroke-risk
posted by ヤス at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

リンクトイン、思いやりのあるマネジメント

リンクトインのCEO、ジェフ・ウェイナーの講演の一部をご紹介します。リンクトインはウェイナーが2008年にCEOに就任してから社員数が338人から1万人以上に、収益は7800万ドルから30億ドルへと大きな成長を遂げました。



彼のマネジメントに対する姿勢は、思いやりのあるマネジメントです。彼はダライ・ラマに大きな影響を受けこれを提唱しました。思いやりのあるマネジメントで大事なことは、相手の立場から物事を見ることだと述べています。


つまり、マネージャーが自分の方法や能力を部下に照らし合わせてマネジメントをしても、部下のベストパフォーマンスは出ない、ということです。

非常に興味深いコメントだと思いました。

参照
https://www.gsb.stanford.edu/insights/jeff-weiner-manage-compassionately-prepare-next-worker-revolution続きを読む
posted by ヤス at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする